夏期伝道報告会

こんにちは!

最近涼しい日が続いてるなぁと思っていたら、暑くなったり、蝉の鳴き声が聞こえたり…
もう少し残暑が続きそうな千葉県です。

暑いといえば、今年の夏休みには、多くの学生が参加した夏期伝道がありました!!結構前のことのように感じますが、毎年この時期に夏期伝報告会が行われています。この報告会は、夏期伝に参加できた人もできなかった人も、夏期伝を通して受けた神様からの恵みを分かち合う感謝な時です。

先日、夏期伝報告会と報告チャペルが2日に渡って行われましたので、今日はそのリポートです!

夏期伝報告会では、各チームがそれぞれの夏期伝での様子や活動を5分程度の動画やパワーポイントにまとめて、プレゼンのように報告しました。どのような奉仕をしたのか、各集会や子供会の様子、教会員や地域の方々との交わり、先生方との楽しいひと時などなど。どのチームも本当に沢山の経験をさせていただいたようで、写真や動画に映る学生はとてもいい笑顔でした!

kakidenreport02

夏期伝報告チャペルでは、参加者の方が証をしてくださいました。夏期伝を通して、受けた恵み。考えさせられたこと。みことばを通して語りかけられたことなどを、まっすぐに、素直に分かち合ってくださいました。私たちも共に聞き、神様がなさってくださったことに共に思いを馳せた感謝と慰めに溢れたチャペルでした。

kakidenreport01

夏期伝という限られた時間の中で、また、足りない私たちが何か大きなことをしたのかといえば、そうとは言えないかもしれません。ですが、今回のテーマ聖句(1コリント9:23)「私はすべてのことを、福音のためにしています。それは、私も福音の恵みをともに受ける者となるためなのです。」とあるように、ともに福音の恵みを受ける者となるために一人一人が取り組んだ夏期伝でした。この夏、福音の恵みを少しでもみなさんと共にすることができたなら、こんなに嬉しいことはありません。

この報告会をもって、今年度の夏期伝道の働きは終わりました。ですが、今回の夏期伝を通して与えられた関係は、終わることがありません!私たちもお世話になった教会の方々にまたお会いしたいと思っていますし、ぜひTCUにも遊びに来ていただけたらと思っています!

今年度の夏期伝のために、多くの方々の様々なご支援を心から感謝いたします。

これから学園はシオン祭モードです!
シオン祭まで、あと2週間。ぜひみなさんも遊びに来てください!

次回のブログもお楽しみに♪
広報スタッフ
4年曽川

秋学期新入生証会&男子寮新入生歓迎会

みなさんこんにちは!
9月に入り、暖かい日もあれば涼しい日もあり、夜には寒ささえもおぼえる季節となりました。気温差の激しいなか、体調崩してしまう人もいるかもしれません。
私自身早くも風邪をひいてしまい体調面で言えば悪い滑り出しとなりましたが、これからこの秋学期も神様から頂ける多くの恵みに期待していきたいと思っています!

さて、今回は9月5日と7日に行われた、秋学期に新しく仲間となった留学生の方々の証会と、同じく9月7日に男子寮で行われた歓迎会のご紹介をしたいと思います!
今年も多くの留学生や短期留学生が入学してくださいました。今回の証会は茶菓なども用意され、休憩時間や証会前後での交わりももてる、明るい雰囲気での証会でした。新入生証会

留学生の証を聞いて、ほとんど知らない国、知らない文化の中で、友達をつくるところから始めていくのは多くの不安があったことだと思っていましたが、それぞれの献身の確かな想いが、TCUで学ぶことに導かれたのだということがはっきりわかり、むしろ期待の方が大きいのだなということがわかりました。私は他の国に向かっていく想いは今のところ起こされていないですし、行く勇気もないので単純にすごいなーと感心させられました。
また、それぞれ厳しい試練の中で信仰が守られ、救いに導かれてきたのだということもわかりました。日本とはまた違ったクリスチャンとしての困難な環境があり、その様々な環境が、一人一人を強くし神様が信仰へとつないでくださったのだなと思いました。短い時間の中で少ししか証しすることができなかったと思いますが、証してくださった1人1人に感謝したいと思います。入学してくださった1人1人がTCUでより強められ、学びが祝福されたものとなるように祈っていきたいです!

新入生証会2

男子寮の新入生歓迎会では、男子寮テーマである「雄々しくあれ」を賛美し、ゲームをし、茶菓を囲んで交わりの時がもたれました。終始明るく楽しい雰囲気の中で、少しでも入学生のことを知ることができました。男子寮歓迎会1

ゲームでは、チームに分かれそれぞれ新入生に質問をし、それをもとにどれだけ新入生の情報を聞き出せたかがカギとなるクイズをしました。10分という短い時間の中で、少ししかその人を知ることができませんでしたが、みんな必死に質問して情報を聞き出していました。楽しく新入生を知ることができました。また、その後茶菓を囲んでの交わりの時間があり、ゆるく楽しいひと時となりました。まだまだ日本人と新入生の間には壁があると思いますが、このようなところでの交わりが用いられこれから少しでも多く交わりを持っていきたいと思いました。男子寮歓迎会2

また個人的にはそのあと私が行っているバレーボールサークルに、男子寮の新入生が何名か来てともにバレーボールをすることができたことも感謝でした。言葉の壁が大きくあまり自分から交わりに行っていなかったので、この歓迎会やスポーツを通して交わりを持てたのはすごく感謝なことです。言葉や文化の違いで少し引きがちでしたが、留学生の方々が勇気を出してこの日本に来られたように、私自身も勇気をもって交わりに行くことを心掛けていけたらいいなと思います!

 

教会教職3年 大平宙武

HELLO!オーストラリア留学リポート #1

みなさんこんにちは!

日本はだんだんと秋に近づいてきた頃でしょうか(^^)鈴虫の鳴く声がなんだか懐かしいこの頃です。

私は今TCUの地を離れ、3ヶ月間の「オーストラリア語学研修」真っ最中です!日本の約20倍の広さを持つオーストラリアの南部に位置する都市「アデレード」で、その名の通り英語を学んでいます。

(ここです、ここここ、赤い場所!)AUmap

アデレードは見ての通り海に面しており、「世界で最も住みやすい都市」や「学園都市」とも呼ばれているみたいです。そんな恵まれた環境で3ヶ月間英語を学ぶ海外語学研修(English Intensive Study Abroad)、通称「EISA」。これは国際キリスト教学専攻(国キ)2年生の必須科目でもあり、今年は国キ8人+神学科1人の9人が参加しています。

成田空港で出発前に9人で撮った写真です。さて、どんな毎日が始まるのでしょうか。わくわく、ドキドキ。大きな荷物と大きな期待、そして少しの緊張を抱えていざ出発!

EISA_departures

私たちは3ヶ月の間、オーストラリアのクリスチャン家庭にホームステイをします。通う語学学校は同じでも住む家はそれぞれ違い、学校から徒歩で通える人もいれば、離れた場所に住む人など環境は様々です。オーストラリアに到着してすぐホストファミリーとの面会が待っていました。私たちみんな緊張MAX。一人一人名前が呼ばれ、ファミリーと共にそれぞれの家へ向かいました。新たな生活がスタートです!

私はホストマザーのChristiに一人娘のEden、フランス人ベビーシッターのOlivia、この4人で一緒に暮らしています。Christiは小学校の先生をしており、子育てに仕事にと一生懸命なパワフル母さんです。(怒ると怖いで〜)もうすぐ4歳になる愛娘Edenはわがままっぷり全開のおしゃべり大好き娘です。(子供の英語は聞き取るのがほんまに難しい、、、。)ベビーシッターOliviaは私と歳も近くしっかり者で、いろんなフランス語を教えてくれます。(でも覚えていませんが、、、。)愛に溢れる彼女たちとの生活はとても楽しいです。もちろん会話は全て英語なので、実用的な英語を学ぶと共に日々訓練の繰り返しです。私がきちんと英語を聞き取り理解できるようにと、丁寧に話してくれることもホストファミリーの優しさ。みんないつもありがとう!

AUfamily

ホストファミリーは、私たちの希望とファミリー側の希望を照らし合わせて決められます。なので事前にある程度、自分のホストファミリーについて知ることができます。私も出発前から連絡を取り合っていたので会うのがとても楽しみでした。私がオーストラリアに到着した日にさっそく、近くの海へ連れて行ってくれました。どこのビーチもとにかく広く、ここでしか見れない景色にただただ感動です。

週末になると外へ連れ出してくれたり、買い物へ連れて行ってくれたり。家で一緒にフットボールを見たり、一緒にハイキングをしたり。始まってまだ3週間目ですが、すでに思い出がいっぱいです。

EISA_beach

また、食事も楽しみの一つです。私の家ではよくクスクスが出ますが、初めて食べました。それにフィッシュ&チップスが本当に美味しいんです。毎日学校にはお弁当を持って行きますが、それぞれの家庭によって全く違います。毎回サンドイッチを作ってくれるファミリーや、自分で好きなものを選んで持ってくる人も。なので、毎日みんなのお弁当が楽しみです。

何年もホストファミリーとして留学生を受け入れている家庭もあれば、今回初めてホストファミリーをする家庭もあります。それぞれ与えられた新しい家族と生活することで、他では経験することのできない日常を送ることができるのも、ホームステイならでは。一緒に暮らしていれば、不満が出てくるのも当たり前。そこをどうやって潜り抜けていくのか、日々成長させられます。今だけのこの貴重な時間、思いっきり楽しみたいです!

今回はホストファミリーについて書きました。次回もお楽しみに!

Have a nice day from Adelaide! And see you soon!!!

国キ2年 H.M