振り返り~コラム

TCUニュースレターをブログ形式で公開しています。皆さんがキリスト者として将来を考える上で、少しでもお役に立てれば幸いです。


 上半期も終わり2019年も残り半年余りとなりました。

 皆さん、どんな半年を過ごしましたか?


 今回のテーマは「振り返り」です。

「振り返り」を辞書で引くと「物事を思い出すこと、過去を顧みること、振り返り良く考

えること」とあります。今回は「振り返り」のお勧めです。

1.振り返ることを通して、神の御心を知り自分自身を知る

 振り返りは、神の御心を知るだけではなく、自分を知る一つの方法です。あなたが歩ん

だ道、経験、すべてが神の御心です。振り返りはパズルのピースを集め、完成させていく

ような作業です。発見した小さなピースは、その1ピースだけでは何かよく分かりませ

ん。いくつも集めることで、その全体像、一貫性やテーマがあることに気付くでしょう。

 そして、振り返った期間のテーマや一貫性を言葉で表してみてはいかがでしょうか?一

文でまとめることによって、なんとなく知るのではなく、明確に理解することの助けにな

ると思います。

例「今シーズンは〇〇の出来事を通して、休息を学んだ期間」

 「ひたすら神の御心を求めた期間」

 「愛されていることを感じた期間」

ニュースレター7月号

「わがたましいよ 主をほめたたえよ。私のうちにあるすべてのものよ 聖なる御名をほめたたえよ。わがたましいよ 主をほめたたえよ。主が良くしてくださったことを何一つ忘れるな。」詩篇103篇1節~2節

2.振り返ることを通して神に感謝を捧げる

 振り返りを通して、神の恵みを思い巡らす中で、自分がこの恩恵に値しないことに気づ

かされます。その結果、相応しくないものに与えられた恵みのゆえに神をほめたたえ、感

謝をささげるのです。

 振り返りの作業は、良い経験だけを振り返るのではありません。悲しみ、苦しみ、不

安、怒りなどの経験も思い巡らします。その経験や感情を神の御前にそのまま持っていく

ことが大切です。「神様、私はこの時、この理由で悲しかったです」あるいは「こういう

理由で怒りでいっぱいでした」。そして神にこう聞いてください。「これらのことを通し

て私に何を語られ、何を求めておられますか?」と。マイナスのように思える出来事を通

して、それでもなお神が変わらず愛し、生かしてくださっていることを思うとき詩篇の著

者のようにその恵みゆえ、神をほめたたえるのです。

3.次のシーズンを神に聞きながら過ごす

 私たちは過去の出来事を振り返る時、神のみこころを知ります。振り返って、みこころ

を知って終わりにせず、次のシーズンを神に聞くことをおすすめします。

ニュースレター7月号 ②

「わたし自身、あなたがたのために立てている計画をよく知っているー主のことばー。それはわざわいではなく平安を与える計画であり、あなたがたに将来と希望を与えるためのものだ。」エレミヤ29章11節

 私たちは、人生に起こることを予測できたとしても、実際に何が起こるかわかりませ

ん。しかし、神は私たちの歩む道をすべてご存じです。ですから、このお方に聞き従い、

日々導きを仰ぎます。どんなことがあったとしても振り返れば、そこに主のご計画とみこ

こがあったことに気づくでしょう。さらに、神ご自身が、私たち一人一人に持っておられ

る計画はわざわいではなく平安を与え、将来と希望を与えると約束してくださっていま

す。ですので、次のシーズンもこのお方に聞きながら歩みましょう。


 皆さん、どうでしたか?

 是非、振り返りの時間を持ってみてください。主のしてくださったことを数え、下半期

も神に感謝しつつ委ねてまいりましょう。皆さんの上に主の祝福と導きがあることをお祈

りしています。

JCFN・TCUスタッフ 古屋詩織

 

 

 

院生の夏休み

みなさん、こんにちは!

連日雨模様ですが、いかがお過ごしでしょうか。

学園では、つい最近まで、杏子の木が大豊作でした。

IMG_4225

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ようやく期末期間が終わり、来週から夏休みに入ります!

 

夏休みといえば、夏期伝道やバイブルキャンプ、教会インターン、久々の帰省など楽しいことがたくさんあります。

 

聞こえてくる学生の会話もどこか息が弾んでいます。

 

 

 

と、そんな楽しい夏休みが近づいているにもかかわらず、夏休みとは無縁(?)の学生もいます。それは、修士論文に取り組んでいる大学院2年生です。論文執筆は卒業するために必ず通過しなければならない道であり、抜け道はありません。

 

 

 

そんな大学院生は朝から晩まで勉強しているわけですが、今回は学内の大学院生が勉強している部屋を大公開したいと思います!

 

学生が勉強する場所は基本的に3パターンあります。

①寮の自室

②図書館

③学外のカフェ

(この他にも、寮のスタディルーム、ラウンジ、バルナバカフェなどいろいろありますが)

 

 

一人で勉強するのもよし、みんなで教え合うのもよし、自分にあったスタイルで、好みの場所で勉強することができます。

 

 

 

そんな中、TCUの秘密の部屋とも思われている場所が、大学院棟(大学院生が授業を受ける教室がある棟)にあります。

 

ここでは、連日連夜、煌々と光がついていて、「ペンを走らせる音」ならぬ、「キーボードを叩く音」が鳴り響いています(少し誇張しています)。

 

IMG_4222

 

 

 

 

 

 

 

同じ部屋で特に会話をするわけでもありませんが、同じ目標に向かって労苦している仲間の存在はとても大きな励みになります。

 

 

 

部屋には、いろいろな注解書もあり、中には図書館にもない貴重な資料もあります。外には、一息つける通称「オアシス」と呼ばれるお菓子コーナーもあり、長時間勉強するには欠かせません。

 

IMG_4224

 

 

 

 

 

 

 

 

また、この学習室の良さは、普段の生活空間と勉強の場を分けられることです。いつも自室で勉強していると、寝ても覚めてもそわそわしてしまいそうです。ですが、こうやって区分することで、メリハリがついて、勉強のペースもはかどります。毎朝、学習室に向かう院生は、通勤しているビジネスマンさながらです。

 

 

 

とはいえ、勉強の効率を上げるためには息抜きも必要です。大学院2年生にとっては学生生活最後の夏休みなので、今しかできないことをやりつつ、有意義な夏休みを送られるようにと願っています。

 

 

 

この夏休み、全国各地にTCU生がいろいろな形でお邪魔すると思いますので、ぜひTCUの話を聞いてみてください!

 

今回のブログは以上です!

 

みなさんも良い夏をお過ごしください!

 

次回もお楽しみに♪

 

広報スタッフ 曽川

 

TCU生の夏休みってどんな感じ?

みなさんこんにちは!

TCUでは無事に期末期間も終わり、みんな一息ほっとついているところです。

そしてついに…夏です!TCUは今週の土曜日から夏休みに入ります!

ということで、今回は5人のTCU生に夏休みの予定を聞いてきました!


まず一人目は、神学科1年生の一重めぐみさんです!
fullsizeoutput_3040

Q. 夏の予定を教えてください!

まずは夏期伝(*TCUの夏期伝道旅行のこと)に行って、帰ってきてから岡山の友達の一家がやっている、福島の子どもたちを招く保養キャンプのボランティアをします。それが終わったら松原湖のキャンプに行って(初!)、それからボランティアセンターのキャンプで仙台に行きます。そのあとは家に帰って、2週間くらいゆっくりする予定です。

Q. ボランティアづくしですね。

そうですね、子どもづくしですね(笑)。子どもはTCUにきてから好きになりました。わわわ(*TCUの公園伝道サークル)に行き始めたのが大きいですね。

Q. 最後に夏に向けた意気込みを一言!

本気で遊んで疲れ切る夏休みにしたいです!

 

TCU1年目にして盛りだくさんな夏休みですね!

写真のポーズからも夏に向けた意気込み(?)が感じられます!(笑)


次はキリスト教福祉学専攻4年生の中村実くんです!

fullsizeoutput_3042Q. 夏の予定を教えてください!

夏休みに入る前からなんですけど、介護実習が明日(*インタビュー時点から)から始まります。終わるのは8月上旬なので、約1ヶ月間ですね。それが終わったら5日間、教会のイベントで韓国に行ってホームステイすることになっています。帰ってきてからはしばらく家でゆっくり休めるかなと思いますね。ただ就活も進めなきゃいけないので、それもやりつつですけど…。

Q. 介護実習というのはどういうものですか?

実習なので、授業で学んだことを現場で活かすみたいな感じですね。実際に施設に行って、利用者さんと関わったり、支援をしたりすることを通して、現場の経験を通して学んでいくという感じです。

Q. 楽しみですか?

いや、正直不安の方が大きいですね。今までは2週間だったんですけど、今回は1ヶ月なので、体調が守られるかどうかが心配です。夏の暑い時期なので。

Q. そんな夏に向けた最後に意気込みを一言お願いします!

この前の寮のテイクフリーでもらった1kgのパスタで夏休みの実習を乗り越えようと思っています!これがあれば大丈夫なはず!

 

なるほど、福祉専攻の学生は介護実習があるんですね。

1ヶ月とはなかなか大変そうです。

果たしてたった1kgのパスタで乗り越えられるものなのでしょうか…。(笑)


さて、次は国際キリスト教学専攻3年生の伊藤実結さんです!

fullsizeoutput_3041

Q. 夏の予定を教えてください!

7月の初めから8月の初めまでフィリピンに異文化実習に行ってきます!次の週は家族と過ごして、その次の週は教団のキャンプ、その次の週は水曜から金曜まで実習先の教会で子ども会があるので、そのお手伝いをするついでに教会に泊まります。それが終わったら寮に戻ることになりますね。家にいるのは1週間だけです(笑)。

Q. 異文化実習はどんなことをするんですか?

異文化実習は国際飢餓対策機構のフィリピンのスタッフの働きを見学したり、その働きに協力させてもらったりします。最初と最後はマニラに滞在して、真ん中の三分の二くらいの期間はビコールという場所に行きます。

Q. それは楽しみですね。それではそんな夏に向けた意気込みを一言!

国キ生としての夏を楽しみます!(*国キ:国際キリスト教学専攻の略称)

 

これは国キ生ならではの夏休みになりますね!

全体的な傾向として、みなさんあまり家には帰らないのでしょうか?(笑)


 

最後は大学院1年生の佐藤宣愛くんです!fullsizeoutput_3044

Q. 夏の予定を教えてください!

まず夏期伝道で9日間横須賀に行きます。それが終わったら11日間インターンシップに行ってきます。インターンが終わった次の日からは、静岡県の浜名湖バイブルキャンプの低学年キャンプに行きます。それが終わった次の日からは所属教会のCSキャンプがあります。その次の日から今度は浜名湖の中高生キャンプに行きます。その後の1週間は予定を入れようかどうしようか迷ってますね…。で、最後にまた浜名湖の小学高学年キャンプに行って、僕の夏休みは終わります(笑)。

Q. 盛りだくさんですね…。インターンシップとはなんですか?

インターンシップというのは、大学院の1年生の人たちが教会や教会関連の施設で数週間の実習を住み込みですることです。僕はNPOなどの活動を活発にしている教会で、特に平日の働きを中心に学びとってきたいと思っています。

Q. そんな忙しい夏に向けて意気込みを一言!

空いている時間で修論を頑張ります!(笑)

 

大学院1年生はインターンシップがあるんですね!

しかしなんと恐ろしいスケジュールでしょうか…。

最後の「僕の夏休みは終わります」が違う意味に聞こえてきますね…(笑)


以上、TCU生の夏休み事情をお届けしました!

みなさん充実した(し過ぎている?笑)夏休みの計画を立てているようですね。

ただし、TCU生みんながみんなこんなに忙しいという訳ではないのでご安心を!(笑)

 

みなさんも充実したよい夏休みをお過ごしください (^^)

 

学生広報スタッフ K. Saito