HELLO!オーストラリア留学レポート #2

みなさん、こんにちは!オーストラリアから失礼します!

日本の秋、楽しんでいるでしょうか?(^O^)私は暖かい味噌汁と納豆が恋しいこの頃です、、、。

オーストラリアではここ最近、30度を超える暑い日が続いています!日差しがとても強く、日中外に出ていると簡単に体が真っ黒になってしまうほど。留学中のTCU生もだんだんと日焼けが目立つようになり、これから夏が本格的に始まります!!

さて、今回のブログでは私たちの学校生活について紹介したいと思います!留学生活をどのように送っているのか、その全貌が明らかに!!

まず、私たちが通っている学校はIELI(Intensive English Language Institute)と呼ばれる語学学校で、Flinders Universityの広大なキャンパスの中に位置しています。毎日朝9時から授業が始まり、13時までの4時間みっちり英語を学びます。

私たちの3ヶ月間は、「セッション①(5週)+ボランティア(2週)+セッション②(5週)」というふうにプログラムが組まれており、つい最近セッション②が始まりました。先生もクラスのメンバーも少し変わり、また新たな気持ちで英語を学び始めます!

AU02-1

クラスは英語のレベル別に分かれており、もちろん国籍も様々です。(でもやはり、日本人が圧倒的に多い!)生まれ育った環境や言葉も違う仲間との勉強はとても面白く、いろんな国の友達ができます。先生もユニークな人が多く、英語だけでなく様々なことを教えてくれます( ^ω^ )

3つの授業があり、すべてクラスメンバーも先生もバラバラです。13時まで授業が続くので、途中でお菓子やパンを食べて空腹をしのぎます。中には、ご飯を食べながら教えてくれるかわった先生もいます(笑)

AU02-2

コミュニケーションの授業では、このように前に座ってアクティビティをすることも!先生に順番に名前が呼ばれ、一人ずつ出されたトピックについて話します。またグループに分かれて自分たちのオススメのレストランを紹介する発表も行いました。私のグループは韓国料理のお店に行き、そこについて発表しました!あっという間にセッション①が終わってしまい、早くも寂しさを感じている人がちらほらと、、、。

学校の楽しみといえば、お昼ご飯!!ここは、私たちが大好きなカフェテリアです!

AU02-3

ご飯が買えるお店もあり、お昼には学生たちの行列ができます。人気のメニューはなんといっても出来立てホヤホヤのポテト!!たまりません。

また語学学校の学生だけでなく、フリンダース大学の学生もいるのでお昼は学生で賑わいます。ピアノが置いてあり、突然誰かが素敵な曲を弾いてくれることもしばしば。そしてビリヤード台もあり、最近のみんなのお気に入りです(^O^)

AU02-4

IELIは学校生活の一環として生徒にボランティアをすることをオススメしています。

私たちがボランティアをしに外へ行った場所は全部で4つあります。リサイクルショップのようなお店や、おじいちゃんおばあちゃんに届けるお弁当作りと配達、老人ホームに教会のガーデン。そして今回のセッション中にも小学校へ日本語を教えに行くボランティアをします!

AU02-5

やはり実際に現地の人と話し、その人のお手伝いをすることでとても良い経験になりました。ボランティアとして毎日働いている多くの方に出会いましたが、心から尊敬の気持ちです。私たちと関わってくださった方の素敵な笑顔、忘れません!!

サマータイムも始まり、日本との時差が1時間半となりました。毎日あっという間に過ぎてゆくオーストラリアの生活も、残り約1ヶ月です。いつも支えてくださる多くの方々に感謝を込めて、残りの日々も大切に過ごせたらなと思っています。

AU02-6

HELLO!オーストラリア留学リポート #1

みなさんこんにちは!

日本はだんだんと秋に近づいてきた頃でしょうか(^^)鈴虫の鳴く声がなんだか懐かしいこの頃です。

私は今TCUの地を離れ、3ヶ月間の「オーストラリア語学研修」真っ最中です!日本の約20倍の広さを持つオーストラリアの南部に位置する都市「アデレード」で、その名の通り英語を学んでいます。

(ここです、ここここ、赤い場所!)AUmap

アデレードは見ての通り海に面しており、「世界で最も住みやすい都市」や「学園都市」とも呼ばれているみたいです。そんな恵まれた環境で3ヶ月間英語を学ぶ海外語学研修(English Intensive Study Abroad)、通称「EISA」。これは国際キリスト教学専攻(国キ)2年生の必須科目でもあり、今年は国キ8人+神学科1人の9人が参加しています。

成田空港で出発前に9人で撮った写真です。さて、どんな毎日が始まるのでしょうか。わくわく、ドキドキ。大きな荷物と大きな期待、そして少しの緊張を抱えていざ出発!

EISA_departures

私たちは3ヶ月の間、オーストラリアのクリスチャン家庭にホームステイをします。通う語学学校は同じでも住む家はそれぞれ違い、学校から徒歩で通える人もいれば、離れた場所に住む人など環境は様々です。オーストラリアに到着してすぐホストファミリーとの面会が待っていました。私たちみんな緊張MAX。一人一人名前が呼ばれ、ファミリーと共にそれぞれの家へ向かいました。新たな生活がスタートです!

私はホストマザーのChristiに一人娘のEden、フランス人ベビーシッターのOlivia、この4人で一緒に暮らしています。Christiは小学校の先生をしており、子育てに仕事にと一生懸命なパワフル母さんです。(怒ると怖いで〜)もうすぐ4歳になる愛娘Edenはわがままっぷり全開のおしゃべり大好き娘です。(子供の英語は聞き取るのがほんまに難しい、、、。)ベビーシッターOliviaは私と歳も近くしっかり者で、いろんなフランス語を教えてくれます。(でも覚えていませんが、、、。)愛に溢れる彼女たちとの生活はとても楽しいです。もちろん会話は全て英語なので、実用的な英語を学ぶと共に日々訓練の繰り返しです。私がきちんと英語を聞き取り理解できるようにと、丁寧に話してくれることもホストファミリーの優しさ。みんないつもありがとう!

AUfamily

ホストファミリーは、私たちの希望とファミリー側の希望を照らし合わせて決められます。なので事前にある程度、自分のホストファミリーについて知ることができます。私も出発前から連絡を取り合っていたので会うのがとても楽しみでした。私がオーストラリアに到着した日にさっそく、近くの海へ連れて行ってくれました。どこのビーチもとにかく広く、ここでしか見れない景色にただただ感動です。

週末になると外へ連れ出してくれたり、買い物へ連れて行ってくれたり。家で一緒にフットボールを見たり、一緒にハイキングをしたり。始まってまだ3週間目ですが、すでに思い出がいっぱいです。

EISA_beach

また、食事も楽しみの一つです。私の家ではよくクスクスが出ますが、初めて食べました。それにフィッシュ&チップスが本当に美味しいんです。毎日学校にはお弁当を持って行きますが、それぞれの家庭によって全く違います。毎回サンドイッチを作ってくれるファミリーや、自分で好きなものを選んで持ってくる人も。なので、毎日みんなのお弁当が楽しみです。

何年もホストファミリーとして留学生を受け入れている家庭もあれば、今回初めてホストファミリーをする家庭もあります。それぞれ与えられた新しい家族と生活することで、他では経験することのできない日常を送ることができるのも、ホームステイならでは。一緒に暮らしていれば、不満が出てくるのも当たり前。そこをどうやって潜り抜けていくのか、日々成長させられます。今だけのこの貴重な時間、思いっきり楽しみたいです!

今回はホストファミリーについて書きました。次回もお楽しみに!

Have a nice day from Adelaide! And see you soon!!!

国キ2年 H.M