スプリングリトリート 2018

5月23日から25日までの3日間、大学三大行事の一つであるスプリングリトリートが行われました。
今年は山梨県にあるエバーグリーン富士を会場に、学生・教職員総勢約190名が参加し、日々の忙しさから解放された3日間を過ごしました。
野外でのBBQに始まり、富士急ハイランドや温泉等各自が行き先を選択し楽しむオプショナルの時間や、学生による漫才やバンド、ダンスなどが披露されるLIVE INの時間など、盛り沢山な内容でした。

sr201802 sr201801

また、今回のテーマ「コイノニア(日本語では交わり)〜共に交わり、共に味わう〜」のもと、グレースシティーチャーチ東京で牧会をされている福田真理先生をお迎えしてメッセージを取り次いでいただきました。
先生のメッセージを通して、それぞれがTCUでのコイノニアまた、教会やアルバイト先でのコイノニアについて改めて考え、分かち合う時を持ちました。

sr201804 sr201803

3日間を通して新たな交わりの場が持たれ、互いに励まし祈り合えたこと、何よりもこのスプリングリトリートの時を神様が用い祝福してくださったことを感じることができました。
この学びと祝福を忘れず、更に多くの方とのコイノニアが広がっていくことを祈りつつ期待しています。

sr201805

国キ4年:Toyama

スプリングリトリート!!!

こんにちは!

早いもので5月も終わろうとしています。TCUのある千葉県では、梅雨を前にしてすでに夏が到来しているような暑い日々が続いています。

新学期が始まって多くの学生が、新しい生活に慣れ始めてきた頃だと思います。と同時に、多くの変化や新しいことに疲れを覚え始める時期でもあると思います。春学期もそろそろ後半に突入しますが、ここで一度立ち止まって、忙しい生活から飛び出し、改めてTCUで学んでいることの意味を再確認することが必要です。そんなTCU生のために、毎年この時期に、「スプリングリトリート(春季修養会)」を行なっています。今年は5月24〜26日にかけて茨城県に行って来ました。2泊3日間、大自然の中で、日々のタスクから解放された時間を過ごしました。

スプリト3

今回のテーマは『静まりのすゝめ』。講師に太田和功一先生をお招きし、「静まり」について教えていただきました。この3日間は、ひとまず机上の学びから離れて、学生ひとりひとりが思い思いに静まる時を持ちました。それぞれが様々なことを考えさせられたことだと思います。僕自身も、日々の生活から離れて、神様と向き合う時間を持つことができ、感謝な時間でした。離れてみて思わされたことは、自分はいかにいろいろな「もの」で、「こと」で、また「思い」で囲まれていたのかということでした。そういったものを一旦横に置いてみると、どれほど神様の前に静まることが自分にとって必要であったのかを考えさせられました。たとえ、忙しい生活であったとしても、神様の前に静まる時間を選びとっていきたいと思わされています。

スプリト4

実は、スプリングリトリートの良さはこれだけではありません!一つあげるとすれば、普段あまり関わることのない方々とも、濃い交わりの時間を持つことができることだと思います。メッセージ後の分かち合いでのスモールグループ、学年や年齢を超えた部屋割り、食事時の先生方との交わり。普段関わることが少ない人とも共に時間を過ごし、お互いに知り合うことができました。2泊3日という短い間ではありましたが、内容はとっても濃いものでした。

スプリト6

2日目のお昼からは選択形式で、様々なプログラムが行われました!筑波山ハイキング、アスレチック、体育館で運動、太田和先生の静まりのセミナー、お煎餅焼き体験などなど、充実した時間を過ごしました。どれも楽しそうなものばかりで迷ってしまう人もたくさんいました。僕は体育館で運動してきました!なんとある先生も来てくださって、TCUでは考えられない!?時間を過ごすことができました!先生と一緒にバレーボールやバスケットボールをしたことは良い思い出です。

スプリト2

夜には、恒例となっているLive inが行われました。学生が、それぞれに与えられている賜物を存分に生かして、賛美、ダンス、漫才、ウクレレ、マジックなど、様々なことをしました!共に笑い、共に感動し、時間を共有でき、とても良い時間でした。「こんなことできたの!?」と思うようなこともあり、今まで知らなかった面をたくさん知ることができました。普段寮生活をしてはいますが、ここにきてまだこんなに発見があるのか!と驚きの連続でした。

sスプリト写真1

毎回スプリングリトリートの時間はあっという間に過ぎてしまいます。すでに日常に戻って、学びが再開されました。ですが、この3日間を通して得られたものをこれからの生活の中で何度も思い返したいと思います。誰もが「静まる」ということに向き合った時間であったと思います。もちろん、「静まり」を一言で説明することはできないですし、それぞれが思わされたことも全く同じではないと思います。 ですが、ここで語られた御言葉は変わることがなく、これからもひとりひとりの内にとどまり、「静まり」について教え続けてくれると思います。

「やめよ。わたしこそ神であることを知れ。(詩篇46編10節)」

TCUの次のイベントは…期末試験!?
次回もお楽しみに♪

広報スタッフ 曽川