第8回~TCU生の証し

TCUニュースレター(教会教職)をブログ形式で公開しています。皆さんがキリスト者として将来を考える上で、少しでもお役に立てれば幸いです。


皆さん、こんにちは。

今年もどうぞよろしくお願いします。

今年も昨年に引き続き、学生の証しをお届けします。

新年最初の証し者は韓国からの留学生、教会教職専攻3年次の申民和(シン・ミンハ)さんです。


証し【学びの機会に感謝】

神学科教会教職専攻3年次 申民和(シン・ミンハ)

申民和さん

宣教団体のスタッフとして働き続けて来ました。隣人を愛する方法は、必要なものを与えることも大事ですが、何よりもその人が聖書的な価値観に変えられ、人生を神様の目で見ることが一番大切なのだと思わされました。

神の導きによって韓国の10年間の働きを終えて、2013年に日本に来て教会に仕えるようになりました。日本での5年目の働きの時、自分の足りなさを深く感じ、神学的にちゃんと学びたいと思わされました。牧師先生がTCU出身で「神学を学ぶならTCUで良い学びが出来ます」と勧められて入学しました。

日本にいるクリスチャンは「宝物」だと思います。いつかは神様の召命に従って各地に遣わされると思いますが、その前に、こうして寮で一緒に暮らし、共に信仰の共同体を経験できることは素晴らしいことだと思います。この中で自分の使命を確認し、また良い同労者を得ることができ、そして共同生活を通して神様に多様な面が訓練されます。恐ろしいことに自分も知らなかった自分に出会う機会を通して、自分の色んな面に向き合うことができて面白いです。

入学して感動を受けたのは先生方の情熱です。学生に少しでも学んでほしいという気持ちが伝わってきて、先生方の真面目な教え方や心構えを見ることで、神様の前で働き人としての心構えを学んでいくことが出来ると思います。学ぶ機会を与えてくださった神様に感謝です。


【ちょこっとインタビュー】

インタビュー

質問1. 入学する前に不安はありましたか?

「日本語の授業に対してちゃんと聞き取れるかなという不安と、久しぶりに学生になるので勉強についていけるかなという不安がありました。しかし、先生方の配慮と仲間の支えがあって、少しずつ日本語の授業に馴染んでいってると思います。特に3年次編入の唯一の女子同期生はお姉ちゃんのように優しく面倒をみてくれました。寮生活の中で良い交わりができ、仲間ができて、力になっています。良い人たちのお陰で、最初の不安は乗り越えることができたと思います。」

質問2. 寮生活の必需品は?

「個人的には寮で一番よく使うのは電気ケトルです。朝おきて机の上でコーヒーを飲みながら、ぼうっとしているのが一番幸せな時です。お腹が空いたときはカップラーメンに直行するので一番大事な必需品だと思います。」

質問3. おすすめの授業は?

「菊池先生の「旧約聖書概論」の授業は知識の膨大さにビックリしました。宿題が多くて、泣きながら終えたんですが、旧約の凄さが見える楽しい時間でした。また、幅広く思考するように手伝ってくれる稲垣先生の「キリスト教哲学」もおすすめです。」

質問4. あなただけが知っているTCU最新情報は?

「最新情報は一番苦手ですが、駐車場の後ろにある空間でバーベキューが出来るということを聞いてビックリしました。春になったら寒い時期をよく耐えたというご褒美で小さなバーベキューピクニックをしたいです。」


留学生の方へ

TCUには留学生の方が学ぶコースとして、日本語で学ぶコースと英語で学ぶコース(ACTS-ES)があります。日本語で学ぶコースの入試についてはこちらをご覧ください。http://www.tci.ac.jp/future_student/foreign

英語で学ぶコース(ACTS-ES)はこちらhttp://www.tci.ac.jp/english/admissions/acts