セルフケア~コラム

 TCUニュースレターをブログ形式で公開しています。皆さんがキリスト者として将来を考える上で、少しでもお役に立てれば幸いです。


この春、TCUの大学院を卒業し、JCFN(帰国者ミニストリーの宣教団体)とTCUでスタッフをしている古屋詩織です。読んでくださる皆様の信仰生活の励ましに用いて頂けましたら幸いです。どうぞ、よろしくお願いいたします。

梅雨入りしましたね。雨音を聞きながら、青々としたTCUの中庭を横目にコラムを執筆しております。皆さんいかがお過ごしでしょうか?

雨の日が続くと…..「通学・通勤は大変」「外出もできない」「洗濯物がたまる」「気分が下がる」….それに加え学生さんは期末テストに向けて頑張っているところでしょうか。TCU生も学期末試験を控え勉強中。また、同時に夏期伝道、インターンの準備、福祉学専攻は介護実習、国際キリスト教学専攻2年生は秋学期のオーストラリア留学の準備と忙しい時期を迎えています。

憂鬱な気分に加え忙しい日々だからこそ、雨音と共に御言葉を味わう時間をいつもよりじっくり、ゆっくり持ちたいものです。

ー今回はTCUにおけるセルフケアについてー

「クリスチャンだからストレスとは無縁」という人は一人もいません。むしろ神様が創造した自分自身をよく知り管理することが大切です。今回はセルフケアの方法についてご紹介します。

 

1.適度な運動

TCUには様々なスポーツサークルがあります。バスケットボール、バレーボール、フットサル、ソフトボールなど仲間と楽しく身体を動かしながらセルフケアができます。ここで重要なのは「楽しむ」ことです。ノルマをつけてしまうとかえってストレスになります。

☟東京基督教大学ブログ「バレーボールサークル」画像をクリック

IMG_2618

2.趣味を持つ

自分の好きなことをする時間を確保する。趣味に没頭することにより、仕事や学業への意欲も高まります。また、趣味を通して神様から教えられることもあるでしょう。

私の趣味の一つは植物を育てること。一口に植物といってもその育て方は様々。季節や植物によって水や肥料をあげる頻度も異なります。植物を育てることを通して、神様が一人一人を大切に思い、その人に適した成長の方法を持っておられることを知り、神様の愛の深さを実感しました。Ⅰコリント3:6 パウロが植えアポロが水を注いだ。しかし成長させて下さるのは神様であるという御言葉を思いめぐらしながら土いじりをしています。趣味を通して語られる神様をみなさんも是非体験してみてください。

また、趣味が欲しいという方は以下のサークルをお勧めします!茶道サークル、ウクレレサークル、人形劇、わわわクラブ(子供伝道サークル)など。趣味を通して広がる輪、新たに賜物を発見する機会にもなりますよ。

セルフケア

3.親しい交流

人と交わることを通して、悩みや不安の解決策をみつけることが出来るかもしれません。気の許せる友だちとの時間は大切です。たわいもないことで笑い。クリスチャンだからこそ、互いに祈り合い、み言葉をもって励ましあうことも、共に主を賛美することもできます。
寮生活は常に自分以外の誰かがいる環境です。交わりを持とうと思えば、いつでも持つことができます。1人の時間も仲間との時間もバランスよく取りましょう。

 

☟東京基督教大学ブログ「女子寮、春のopen-room-イベント!」画像をクリック

IMG_5356

4.快適な睡眠時間を確保する

睡眠は疲れたから取るのではなく、次に働くために取るものです。人は休むことで働くことが出来るのです。(創世記2:2ー3)神様は6日目に人を造られ、7日目は働かずに、休みました。

快適な睡眠を得るためには寝る前の時間が大切です。寝る前のルーティンがあると身体が落ち着き睡眠へと向かうようです。例えば、お風呂(湯舟にしっかりと浸かる)→ストレッチ→アロマを焚く→本を読むなど。間接照明で過ごすことも快適な睡眠へと導きます。快適な睡眠が取れれば、すっきりとした目覚めを得ることができ、1日を気持ちよく始めることができます。

 

ミルキーウェイ

※注意点
セルフケアをする際に心がけることは「適度」「やりすぎない」です。ストレス解消、リラクゼーションを目的とするため頑張りすぎたり、重荷になってしまうと本末転倒です。セルフケアをしながら忙しい日々も、主と共に歩んでまいりましょう。

 

JCFN・TCUスタッフ 古屋詩織

早天祈祷会

TCUの一日の始まりは、毎朝6:30~7:10に行われる学生による祈祷会からはじまります。

 

早天2

 

 

 

 

 

 

今日はこの「早天祈祷会」について少しご紹介したいと思います。

 

「6時半なんて早すぎる」と思われるかもしれませんが、朝一に信仰の友と一緒に神さまからの言葉に耳を傾け、祈祷課題を分かち合い、お互いのために祈り合う時間は何にも代えがたい恵みであると実感します。

 

早天祈祷会は、以下のように、曜日によってそれぞれ形が異なります。

月曜日 家族寮生祈祷会

火曜日 全校祈祷会(教員の先生や大学院生の奨励から御言葉に聴きます)

水曜日 グループ祈祷会(男女、学年問わず縦割りで小グループに分かれます)

木曜日 学年別祈祷会(学年ごとに分かれます)

金曜日 各独身寮生祈祷会

 

今回は特に6月13日(木)に行われた、学部2年生の早天祈祷会の様子を皆様にシェアしたいと思います♪

早天3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日は青空の下、美しい自然を感じながら、中庭で「いまぜんぶ」を賛美し、詩篇23編の御言葉を開きました。

「主は私の羊飼い。私は乏しいことがありません。

主は私を緑の牧場に伏させ いこいのみぎわに伴われます。

主は私のたましいを生き返らせ 御名のゆえに 私を義の道に導かれます。

たとえ 死の陰の谷を歩むとしても

私はわざわいを恐れません。あなたが ともにおられますから。

あなたのむちとあなたの杖 それが私の慰めです。

私の敵をよそに あなたは私の前に食卓を整え 頭に香油を注いでくださいます。

私の杯はあふれています。

まことに 私のいのちの日の限り いつくしみと恵みが 私を追って来るでしょう。

私はいつまでも 主の家に住まいます。」

 

聖書を読んだ後、黙想し、2,3人に分かれて分かち合い、お互いの祈祷課題を覚えて祈ります。

 

同じ箇所を読んでいても、それぞれの心に留まった恵みは異なります。それを分かち合う時、自分では気づかなかったような新しい発見もあります。これは、一人のディボーションとは一味違う祈祷会の良さだと思います。

授業や寮生活において、共に励まし合える友が与えられている恵みを分かち合いを通して思い起こし、学びのために一緒に祈り合える時間は特別に思います。

また、かわいい発見もありました♡

早天

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうして外で祈ることができるのも、自然豊かなTCUの良さの一つだと思いました!

広報スタッフ

A.N

 

TCUチャレンジチャペル!

こんにちは!

 

梅雨に入って連日雨模様ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

 

学園はといえば、スプリングリトリートが終わり、今は迫り来る期末試験に向けて備えています。新入生にとっては初めての期末なので、ドキドキワクワク(?!)していることだと思います。

 

ということで、期末前の学生に意気込みをインタビューしたいところですが、先日一味違ったチャペルが行われましたので、今回はそのことを皆さんにお伝えできればと思います!!

 

これまでも何度か、このブログで「チャレンジチャペル」について紹介してきました。改めて言いますと、チャレンジチャペルではいつものチャペルの時間に、普段とは少し違ったスタイルを取り入れて礼拝を捧げています。例えば、これまでは留学生のリードによって、様々な国の礼拝スタイル(踊ったり、何ヶ国語かで歌ったり)を取り入れたりもしてきました。

チャレンジチャペルの良いところの一つは、普段はあまり馴染みがないことを取り入れることで、視野が広くなり、様々な礼拝のスタイルを体験できることではないでしょうか。

 

そして今回行われたチャレンジチャペルは、障がいを持った方もそうでない方も、ともにささげる礼拝、というテーマで行われました。

 

冒頭でアイマスクが配られ、約半数の人が目の見えない状態でチャペルに参加しました。賛美歌の歌詞は、賛美リードの方がわかりやすく歌詞を読み上げてくれたので、歌詞が見えなくても、声を合わせて歌うことができました。メッセンジャーの先生も目が見えないという設定で、その視点からみことばが語られました。チャペル後には、このようなチャペルを経験してみての分かち合いの時間も持たれました。

F45C4E6D-8844-4082-B418-472EC3A75A8A

私もアイマスクをしていましたが、このような体験は初めてのことでした。終わってみての第一印象は、聖書の文字が見ない分、一層意識してメッセージに耳を傾けることができた、ということです。普段見えているものが全く見えていない状態には戸惑いましたが、周りの方のサポートもあり、不自由なくみことばに聞くことができました。

 

IMG_4021

今回のチャレンジチャペルを通して、多くのことをチャレンジされたように思っています。まず何よりも、そのようなことをどれだけ想定したことがあったか、ということです。このような機会を通して、また体験する中で、何に苦労し、具体的にどのような配慮があると助かるのかを考えさせられました。また、このようにみことばに対して、素直に、より敏感に耳を傾けることができたということも感動的なものがありました。普段の礼拝のことを思い返しながら、私自身の礼拝に対する姿勢がどのようなものであるべきかも考えさせられる時間になりました。

 

ともに礼拝をささげることは私たちが日々考えていくべきテーマでもあります。たとえ、言葉が違っても、同じものが見えなくても、様々な違いがあったとしても、ともに礼拝をささげることができる、ということを身をもって体験できるのがチャレンジチャペルです。

 

今はまだ「チャレンジ」と呼んでいますが、これが「チャレンジ」ではなくなる日が来ることを期待しています。私たちが、チャレンジチャペルを通して私たちの足りないところに気づかされ、変えられていく。そのような体験ができるこの環境は、自分が成長させられていることを実感できる場所です。

 

ぜひみなさんもTCUのチャペルに来てみてください!そこにはきっと、今まで気づかなかったようなチャレンジが溢れています。

 

今回のブログは以上です!

次回もお楽しみに♪

 

広報スタッフ 曽川