国キ卒業生歓送会☆

皆さんこんにちは!いかがお過ごしですか?

暖かい日が続くようになり、TCUの梅の木も花がだんだんと咲き始めました。ますます春が楽しみなこの頃ですね♫

さてそんな中、TCUの専攻の一つである「国際キリスト教学専攻」(略して「国キ」)をこの3月に卒業する学生の歓送会が行われました。その様子を写真とともにお分かちしたいと思います!

IMG_3121

3年生が中心となってこの歓送会を企画してくれました。まず国キテーマソングを歌って始まりました。曲は私たちの先輩でもあるTCU卒業生LYREの「用いてください」です。国キにテーマソングがあったなんて意外と知らない人が多いと思いますが、新入生歓迎会や卒業生歓送会の時にいつも歌うんですよ〜!

IMG_3139

続いてゲームの時間。ここでも毎回おなじみの「名前ビンゴ」ゲームを行いました。一人一人と挨拶をして枠に名前を書いてもらい、ビンゴをします!卒業生素敵な笑顔ですね〜♫

IMG_3130

名前が埋まったかな?ひとそれぞれ、名前の書き方にも個性が出ますね〜 先生や職員の方も楽しそうにゲームをしていました。

その後、卒業生に質問コーナーを行い様々な質問を投げかけました。ある卒業生に「卒業前にTCUに言っておきたいことは?」と質問をすると、「先生たち優しすぎます!もっと厳しく!」と答えが返ってきました。在校生たちからは「え〜!」と叫び声も上がったり(笑)

IMG_3144

その後、懐かしの思い出ムービータイムです。入学したばかりの時の写真やオーストラリアに語学留学していた時の写真、今はTCUを去ってしまった先生との写真など、「懐かしい〜」と言いながらみんなが夢中になっていました。教職員の方からのメッセージもあり、中には涙ぐむ場面も。一つ一つの写真が、言葉が、素敵な思い出ですね。

IMG_3153

そして最後は交わりタイム。ジュースを片手にお菓子を囲んで、楽しい時間を過ごしました。卒業生も在校生もみんなとっても仲良し〜素敵な写真が撮れました♫ いたるところから笑い声が聞こえます。国キならではの会話もあり、先輩たちに聞いておきたいことや、今までの思い出も語り合いました。

4年生はもうすぐ卒業です。別れはとても寂しいですが、こうして一緒に笑い合い、卒業生のために祈る時間を持てたこと、全てに感謝な時間でした。

IMG_3161

最後にみんなで国キポーズ!地球をまたにかけ、一人一人が遣わされます。4年生の皆さん、お疲れ様でした!卒業生たちの大きな背中、心から誇りに思います!

以上、国キ卒業生歓送会の様子でした!次回のブログもお楽しみに〜

国キ2年 M.H

 

 

卒業記念コンサートが行われました!

こんにちは!

雪もすっかり溶けてしまって、陽気な日も増えてきました。春がもうすぐそこまで来てるいるなぁと感じる今日この頃です。

とはいえ、まだまだ寒い日もあり、もう一踏ん張りする必要がありそうです。

そんな三寒四温などと呼ばれる季節ですが、先週の金曜日に、ほっこり温まるような卒業記念コンサートが行われました。

 

東京基督教大学(以下、TCU)には、教会音楽専攻科だけではなく、神学、国際、福祉の学びをしながら、教会音楽の学びを副専攻として学ぶプログラムがあります。今回行われました「卒業記念コンサート」は、専攻に加えて、音楽の学びを受けた学生たちによるものです。

 

音楽といっても、ギターやピアノ、オルガン、声楽などの様々な分野があります。教えてくださる先生方も、それぞれの分野でご活躍されている方々で、個人レッスンを年間を通して受けられるというのはとても貴重な経験であるように思います。

SONY DSC

コンサートでは、ひとときの間、音楽に耳を傾け、心安らぐ時間を楽しみました。ギターを片手に味わい深く賛美する人、ピアノでおしとやかに賛美歌を奏でる人、オルガンで古典的な賛美歌を荘厳な音で響かせる人。それぞれがこれまでに学んできたことや練習してきたことを存分に発揮し、様々な音楽を通して、神様の栄光が現されていました。一つにこだわらずに、神様がそれぞれに与えてくださった賜物を通して、共に主の栄光を賛美することができるのはTCUの良さの一つだと思います。

 

SONY DSC

SONY DSC

コンサートの最後には、TCUのクワイアが賛美をしました。その気迫あふれる姿に、見ているこちらも圧倒されました。チャペル全体に響き渡る歌声を聴きながら、そこにいた人たちみんなが、心一つに主を見上げる時間はとても感慨深いものでした。

SONY DSC

卒業コンサートということで、4月からはもう彼ら、彼女らの音楽を聴けないと思うと、寂しい気持ちもありますが、それぞれが遣わされる新しい地でも、その賜物を存分に発揮してもらいたいと思います。

 

そんな寒い冬の終わりに、心温まる卒業記念コンサートについての報告でした!TCUの音楽教育に少しでも興味を持っていただけたなら、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか??TCUでは、学生だけではなく、教会音楽に興味をお持ちの方々にも様々なプログラムを提供しています。

 

今回のブログは以上です!
期末試験の足音がどんどん大きくなってきました…

次回もお楽しみに♪

 

広報スタッフ4年 曽川

 

今年もスポーツシーズンがやってきました!

みなさんこんにちは!

「2月は逃げる」なんて言われますが、気づけば2月ももう中盤ですね。

 

ということで、今年も恒例のスポーツシーズンがやってまいりました!

※スポーツシーズンとは※
TCUにある3つのスポーツサークル(バスケ、バレー、フットサル)主催の「○○杯」(○○にはTCUの先生の名前が入ります)が開催される時期のこと。毎年2月頃。

今年は2月8日にバスケの「森田杯」、そして2月13日にバレーの「杉谷杯」が行われました!(フットサルの「井上杯」は3月2日の予定)

 

まずは森田杯(バスケ)の様子から。

4チームに別れて総当たり戦をした後、決勝戦と3位決定戦を行いました。

IMG_5103

華麗なゴールが決まる度に観客席から「おー!」や「キャー!」などの歓声があがっていました。

 

そしてお次は杉谷杯(バレー)。

こちらは5チームに分かれて総当たり戦をした後、決勝戦で1位を決めました。

IMG_5207

観客の様子はこちら。

IMG_5210

TCUの体育館はとても寒いのですが、みなさんこたつに入りながら応援してくださいました。

やはり応援があると試合の緊張感もプレーヤーのやる気も高まりますね!

 

どちらの大会も、みんなで一つになって汗を流すとても楽しい時となりました。

勉強の合間にこんな楽しいイベントがあるのもTCUのいいところの一つですね。

3月2日の井上杯(フットサル)も楽しみです!

 

学生広報スタッフ K.Saito

 

第2回スペシャルメドーグラス

2月8日に第二回スペシャルメドーグラスが行われました。

27655451_1563016263775059_4131046020600696908_n (1)
毎週木曜日に行われている「メドーグラス」(学内のカフェ)。

今回は飲み物・ケーキ全品無料のスペシャルメドーグラス!

教職員と学生の良き交わりの場として多くの方が訪れました。
27994294_2071230156235093_1183970630_n
27847973_2071230269568415_680212733_n

職員・教員の奥様方による美味しいケーキと飲み物をお供に、普段なかなか話すことのない教職員の方との交わり、また学生同士の交わりで大いに盛り上がりました。

国際キリスト教学専攻3年 Toyama

祈祷日

こんにちは!
雪が降ったり降らなかったりと寒さが続いていますが、それと同時に体調を崩すこともあるのではないでしょうか?
僕も最近調子が悪く、しっかり寝て予防してインフルには気を付けたいところです。

さて、1月30日(火)はTCUで年に二度ある祈祷日でした。
この日は授業がなく(補講は例外ですが…)一日学園の学生、教職員が祈りの時間を過ごす特別な日です。
朝の早天祈祷から始まり、個人祈祷、チャペル、小グループ祈祷、学年祈祷と一日を通して様々な人と祈りをする。まさに学園が一つとなって祈る。そのような日となっています。

祈祷日では、外部からチャペルスピーカーをお招きしてチャペルの中で説教をしていただきます。今回は、山本陽一郎先生による「いのりびと」の題で説教をしていただきました。

先生の体験談や証を通して、祈る生活について励ましていただきました。
僕も日々の祈りの時間を大切にしていきたいと思っていた時なので、しっかり時間を取って祈ることもそうですし、ことあるごとに祈る大切さを確認することができました。
何もできないけど祈ることができる。「いのりびと」としてしっかり歩んでいきたいと思わされました。

小グループでの祈りは、とくに学園内にあるサークルや委員会、寮や教職員のことをおぼえて祈る時間となりました。

午後からは学年祈祷の時間です。それぞれの学年で集まって、賛美や祈りの時間を過ごす。共に学び、共に励ましあう同じ学年の仲間たちと祈る時間は大きな励みとなります。そして、学年によってはその後に親睦会なども行われます。僕たちの学年も体育館にて親睦会が行われました。

2018.1.30 くらす祈祷会_180202_0012 2018.1.30 くらす祈祷会_180202_0024

僕たちの学年では、スポーツやゲームを通して楽しい時間を過ごしました。
上の写真はブラインドサッカーというものらしいです。目隠しでのサッカーはする側は何がなんだかわからないですが、見ている方は非常に面白いものでした。
中々学年が集まってこのような時間を持つことができるのは少ないので、これも祈祷日の醍醐味だと思います!

この祈祷日の準備は祈祷委員が準備してくださっているので、本当に感謝だなと思います。

祈祷日だけではなく、日々の祈りももっと大切にしていきたいと思います!

教会教職3年 大平宙武

冬のわわわゲーム大会!

こんにちは!

先週は日本各地でたくさん雪が降ったみたいですが、千葉県もなかなか積もりました!今ではほとんど溶けてしまいましたが、身を切るような寒さが続いています。
wawawa01(学園の様子)

 

そんな冬真っ只中のTCUですが、この土曜日に「わわわゲーム大会」が行われ、元気一杯の子供たちで賑わいました。今回は、わわわゲーム大会の様子をみなさんにお伝えできたらと思います!!

 

TCUには「わわわクラブ」という地域の子供たちを対象にした公園伝道サークルがあります。毎週土曜日に近隣にあるいくつかの公園に行き、子供たちとゲームをしたり、聖書のお話をしたりしています。この活動は、学生が主体となって取り組んでいる伝統的な働きです。

 

余談ですが、僕のアルバイト先の友達が、子供の頃、わわわクラブによく行っていたということを聞いたことがあり、感慨深いものがありました。

 

普段は公園での活動がメインなのですが、年に2回、夏と冬に「わわわゲーム大会」というものをしています。そして、今回行われたのが、冬のわわわゲーム大会です!いつも公園に来るお友達だけでなく、ゲーム大会ということもあり初めての子も、たくさんTCUに来てくれました。僕自身は、毎週土曜日の活動に参加しているわけではないのですが、ゲーム大会ということで、お手伝いさせてもらいました。他にも、多くのTCU生が参加しました!

wawawa02

(ゲーム大会の看板!)

 

毎週、わわわクラブは「こんにちは〜!わわわクラブが始まるよ〜!」の掛け声で始まります。今回は「わわわゲーム大会が始まるよ〜!」と子供たちの元気な声で始まりました!

 

みんなでわわわソングを歌い、自己紹介や簡単なゲームをして、初めて来た子供たちもすぐに溶け込むことができました。そのあとは、学年別に分かれ、それぞれのチームにTCU生も加わり、TCU生が普段授業を受けている建物全体を使って、各教室で準備されているゲームをみんなで回りました。学生も子供になったみたいにみんなはしゃいで、子供たちと一緒に過ごす時間を楽しみました。

 

ゲーム大会が終わると、聖書のお話です。普段わわわクラブに参加する子たち以外は、ほとんど教会に行ったことも聖書のお話も聞いたことのない子供たちです。そんな子供たちでも、みことばがよくわかるように、それでいて大胆にみことばが語られました。子供たちは真剣に聞いていました。

 

わわわゲーム大会の目的は、もちろん子供伝道ですが、子供たちの保護者の方々も来てくださるという点で、大人の方々に対しても良い伝道の時となっています。僕も子供達だけではなく、保護者の方々ともお話しできて、とても良い時間を過ごせました。

wawawa03

(わわわサークルのお揃いのパーカー!)

 

わわわサークルのみんなからは、こんな説明じゃ物足りないっと言われてしまうかもしれませんが…とにかく子供たちと楽しい時間を過ごすことができました!

 

今回子供たちに撒かれたみことばの種が、神様によって成長させられることを期待しています。

 

みなさんもぜひTCUに来て、子供になった気持ちで参加してみてください。シオン祭がチャンスです!(今年もわわわサークルの出店あるはず)

 

 

今回のブログは以上です!

 

そろそろ期末テストの足音が…

 

次回もお楽しみに♪

広報スタッフ

曽川

 

 

アンニョンハセヨ!〜韓国異文化実習リポート〜

皆さんこんにちは!
私は今、異文化実習という国キ学プログラムとして、去年の11月末から韓国・ソウルに滞在しています。
1

異文化実習というのは、短期間の楽しく充実した「訪問-visit」にとどまらず、一定の予備知識と準備を踏まえた一定期間の「滞在-stay」による深みのある異文化体験の場で、神・世界・教会・国・社会・自分(たち)について深い視点を知り、養い、成熟した人格形成が大きな狙いです。
ですから、事前にその異文化に対する様々な知識を養うことはもちろん、教室内だけでの学びで終わるのではなく、実際にその異文化へ飛び込むことまでできる大胆でスペシャルなプログラムです!

そんな異文化実習として韓国を選択し、訪問者としてではなく、滞在者として来た私ですが、どのような日々を過ごしているのか、少しだけシェアしたいと思います!

まず韓国異文化実習のプログラムの一環として、延世大学韓国語学堂へ週5日通っています。
2

語学堂には1級から6級までのレベルがあり、各級18〜20クラスほどあります。
ものすごい生徒の数に合わせて、先生方も200人を超えるそうです!多い!笑

つい先日には、同じ級の全生徒たちの前で行った大きな発表がありました!
3
発表終わりにクラスメイトたちと(^◯^)
韓国社会に関する新聞記事の発表と討論、それらをベースに一つのニュース番組をクラスごとに作るという発表内容でした。
とても楽しかったです!

放課後は、クラスの友達、現地の友人たちとご飯を食べに行ったり、地下鉄やバスに乗って少し遠出してみたり、木曜礼拝に参加したりなど、何気ないようで異文化に触れまくりな時間を過ごしつつ、韓国での時間を堪能しています。
4
先日は、引越しをした友人がいたので、語学堂で出会った友人たちと引っ越しパーティーをしに行ったりもしました!
それぞれ様々な国・文化背景を持っていますが、もちろん共通言語は韓国語。
みんな韓国語ペラペラです。学び合い笑い合える国籍を越えた最高の友たちとの出会いも、異文化実習ならではの宝です。

そして、どこで暮らしているのかというと…
学生街の新村(シンチョン)という地区で下宿生活を送っています。韓国には上京してきた若者や留学生のための下宿先がたくさんあります。
5a
部屋は一人部屋で、トイレやシャワールームは他の住人たちと共有し、朝夕ご飯だけ下宿先のおばさんが作ってくれます。
この少し田舎臭い感じも、ソウルでの下宿先でしか味わえません。
下宿生活でしか触れられない異文化体験も、盛りだくさんです!

主日には教会へ行き、韓国語で礼拝を捧げます。
6a
私は毎週様々な教会を転々とし、韓国教会の文化や特徴を見ることができています。
母国語ではない韓国語で捧げる礼拝には、いつどんな場においても神様を礼拝する大切さと、国は違えど同じ神様を信じ慕い求めることの不思議さと主の恵み深さを教えられます。
礼拝後には教会の青年たちとボーリングをしに行ったり、ご飯を食べたり、信仰の話をしたり…韓国の地においても信仰の友たちが与えられていることに感謝です。

7a

ざっとでしたが、韓国での生活はとても濃く、私にとって必要な時間を過ごすことができています。
韓国での異文化実習も1ヶ月を切りました。
最後まで、韓国という国、文化、社会の中で滞在者として、また信仰者として学び、神様と人と自分を知り深めていきたいと思います。
それでは、안녕(アンニョン)!

国キ3年・A

♪1・2年生合同賛美祈祷会♪

皆さんこんにちは!

寒い日が続いていますが、いかがお過ごしですか?TCUでも雪が積もり、学園も一面真っ白な雪景色となりました。中庭には大きな雪だるまが3つも作ってありましたよ〜

私はオーストラリアから帰国して、早2ヶ月がすぎました。冬学期が始まり、新しい年を迎え、また新たな気持ちでTCU生活がスタートです!そんな中、1・2年生合同の賛美祈祷会の時がもたれ、主を共に賛美する喜びを味わいました。その様子を写真と共にお分かちしたいと思います!

4

今言ったように今回は学部の1・2年生合同で行われ、祈祷委員の学生を中心に準備が始められていました。皆で心を一つに賛美をし、大きな歌声が部屋中に響き渡っていました。「詩篇100篇」の賛美から祈祷会の始まりです!

 

1

また今回はスペシャル版だったので、2人が証を分かち合ってくれました。同級生の口から語られる神様の証だからこそ、私たちに届く思いがあったと思います。普段はなかなかゆっくり聴くことのない友達の証。一人一人が集中して聞いていました。

 

7

2年生の証「2年間のTCU生活を通して」。外では雪が吹雪いていましたが、暖かい証に心が温まるそんな時間です。

DSC_1057

そして1年生の証「バイトを通して神様を経験したこと」。時にはクスッと笑ってしまうような場面も。証をしてくれた二人に感謝です!!

その後賛美と証が終わると、交わりタイムに入りました。ジュースを片手に、グループごとに近況やそれぞれの祈祷課題、真面目な話から、くだらない話まで。あちらこちらから笑い声が聞こえてきましたよ〜

2

学年なんて関係ない!と言わんばかりに、1年生も2年生も交わりの時間を楽しみました。中には普段なかなか話すことのない人とのおしゃべりも。日々の忙しさから少し離れ、ゆったりとした時間を共有できることもこの賛美祈祷会の良いところです〜!

3

 

そして最後は祈りで締めくくり。お互いのことを覚えて、お互いのために祈り合います。この時の、このメンバーで祈れる、この交わりに感謝をして。

5

友人と励ましあい、祈り合い、賛美しつつ、学び合えるこの環境は何と言ってもTCU生活の素晴らしいところです!みんなの賛美する表情や交わりの時間の様子を見ていると微笑ましい気持ちになり、こちらも自然と笑顔になります。素敵な仲間たちが与えられていることが改めて嬉しくなりました。

この賛美祈祷会を企画してくれた祈祷委員の一人一人、賛美をリードしてくれた賛美チーム、撮影に協力してくれた一人一人、そして何よりもこの時間を最初から最後まで導いてくれた神様に感謝を込めて。

 

以上、1・2年生合同賛美祈祷会の様子でした! 次回のブログもお楽しみに〜

国キ2年 H.M

 

 

 

 

秋の一コマ♪

こんにちは!

嵐の前の静けさ…?!

最近めっきり寒くなってきましたね。このところ太陽の光を浴びていません。オーストラリアに留学しているみんなが羨ましい限りです!笑

学園ではシオン祭も終わり、ひと段落といったところですが、早いもので、秋学期も折り返し地点です。つまり…期末試験が…。

そんな嵐の前の静けさを感じる今日この頃ですが、今回のブログではTCUライフの秋の一コマをお伝えしたいと思います!

TCUの秋学期といえば?

そう!「留学生」です!!

毎年この時期になると、世界中から留学生(短期も長期も)がたくさん入学します。もちろん、例に漏れずみんな寮生活ですので、寮での生活も今までとは一味違ったものになります。

我ら北3共同体

僕が住んでいるフロアは、北側の3階なので「北3(共同体)」と呼ばれています。北3には留学生が4人も来ました!各フロアごとの共同体は、文字通り「ご近所さん」であり、関わる機会がたくさんあります。例えば、毎朝掃除がありますが、各フロアごとに役割分担が決まっており、みんなで起こし合って(大事です!笑)楽しく掃除をしています。そんな北3ですが、一年間を通して生活していくわけですから、良好な関係が欠かせません。普段の挨拶や掃除だけでは、相手のことを知ることはできません…

ということで、北3ではメンバー同士の関係を深めるために「ラーメンを食べて、ピクニックに行こう!」会を行いました!

ピクニックにはもってこい

TCUの周りには、公園がたくさんあります。公園といっても、端から端まで見渡せる…というような公園ではありません。もう端がどこなのかわからないくらい広い公園がいくつかあります!一番近いものだと、男子寮から徒歩30秒です!緑の芝生が広がっていて、ピクニックにはもってこいです。

今回は、みんなでラーメンを食べて、公園でピクニックをしました!普段みんなで遊ぶということはなかなかないので、とても新鮮です。ちょうど天気も秋晴れに恵まれ、気持ちの良い1日でした。

22386622_10213980205316569_1627634834_n

毎週でもやりたい!?

参加した留学生の中には、毎週でもこんな企画があればいいなという意見がありました!確かに、慣れない土地で、心細いこともたくさんあるかもしれませんが、一緒にスポーツをしたり遊んだりする機会があれば、すぐに仲良くなれると思います。僕も、言葉が通じない留学生とスポーツを通して同じ時間を楽めたことが何度もありました。

22450741_1510386969030368_1575763471_o

人生を変えるような出会い

先ほども触れましたが、秋学期も残すところ、あと半分です。つまり、短期留学生にとっては、日本での生活もあと少しということです。せっかく日本に来てくれたのだから、楽しい思い出をたくさん持ち帰ってもらいたい!そんな気持ちでいっぱいです。約3ヶ月という短い時間ではありますが、そんなことは関係ありません。どんなに短くても、人生を変えるような出会いはあります。僕もちょうど4年前のこの時期に、後になって自分の人生を変えた人に出会いました。一緒に過ごすことができたのは、3ヶ月にも満たなかったのですが、その時以来、関係はどんどん深まっていきました。今では、僕にとって信仰の友であり、場所は違っても、共に世界で宣教の働きに携わる同労者です。

留学生のみんなと過ごすことができる時間は残りわずかですが、最後まで全力で関わって、一人一人が思い残すことがないような生活を共に送りたいと思います。TCU生活の醍醐味の一つは、やはり学生同士の友情関係だと思います。この関係は、ここだけで終わるものではありません。

そんなある晴れた日の秋の一コマでした!

みなさんもぜひ人生を変えるような出会いを、TCUで。

 

 

次回のブログもお楽しみに♪

広報スタッフ4年、曽川

 

HELLO!オーストラリア留学レポート #2

みなさん、こんにちは!オーストラリアから失礼します!

日本の秋、楽しんでいるでしょうか?(^O^)私は暖かい味噌汁と納豆が恋しいこの頃です、、、。

オーストラリアではここ最近、30度を超える暑い日が続いています!日差しがとても強く、日中外に出ていると簡単に体が真っ黒になってしまうほど。留学中のTCU生もだんだんと日焼けが目立つようになり、これから夏が本格的に始まります!!

さて、今回のブログでは私たちの学校生活について紹介したいと思います!留学生活をどのように送っているのか、その全貌が明らかに!!

まず、私たちが通っている学校はIELI(Intensive English Language Institute)と呼ばれる語学学校で、Flinders Universityの広大なキャンパスの中に位置しています。毎日朝9時から授業が始まり、13時までの4時間みっちり英語を学びます。

私たちの3ヶ月間は、「セッション①(5週)+ボランティア(2週)+セッション②(5週)」というふうにプログラムが組まれており、つい最近セッション②が始まりました。先生もクラスのメンバーも少し変わり、また新たな気持ちで英語を学び始めます!

AU02-1

クラスは英語のレベル別に分かれており、もちろん国籍も様々です。(でもやはり、日本人が圧倒的に多い!)生まれ育った環境や言葉も違う仲間との勉強はとても面白く、いろんな国の友達ができます。先生もユニークな人が多く、英語だけでなく様々なことを教えてくれます( ^ω^ )

3つの授業があり、すべてクラスメンバーも先生もバラバラです。13時まで授業が続くので、途中でお菓子やパンを食べて空腹をしのぎます。中には、ご飯を食べながら教えてくれるかわった先生もいます(笑)

AU02-2

コミュニケーションの授業では、このように前に座ってアクティビティをすることも!先生に順番に名前が呼ばれ、一人ずつ出されたトピックについて話します。またグループに分かれて自分たちのオススメのレストランを紹介する発表も行いました。私のグループは韓国料理のお店に行き、そこについて発表しました!あっという間にセッション①が終わってしまい、早くも寂しさを感じている人がちらほらと、、、。

学校の楽しみといえば、お昼ご飯!!ここは、私たちが大好きなカフェテリアです!

AU02-3

ご飯が買えるお店もあり、お昼には学生たちの行列ができます。人気のメニューはなんといっても出来立てホヤホヤのポテト!!たまりません。

また語学学校の学生だけでなく、フリンダース大学の学生もいるのでお昼は学生で賑わいます。ピアノが置いてあり、突然誰かが素敵な曲を弾いてくれることもしばしば。そしてビリヤード台もあり、最近のみんなのお気に入りです(^O^)

AU02-4

IELIは学校生活の一環として生徒にボランティアをすることをオススメしています。

私たちがボランティアをしに外へ行った場所は全部で4つあります。リサイクルショップのようなお店や、おじいちゃんおばあちゃんに届けるお弁当作りと配達、老人ホームに教会のガーデン。そして今回のセッション中にも小学校へ日本語を教えに行くボランティアをします!

AU02-5

やはり実際に現地の人と話し、その人のお手伝いをすることでとても良い経験になりました。ボランティアとして毎日働いている多くの方に出会いましたが、心から尊敬の気持ちです。私たちと関わってくださった方の素敵な笑顔、忘れません!!

サマータイムも始まり、日本との時差が1時間半となりました。毎日あっという間に過ぎてゆくオーストラリアの生活も、残り約1ヶ月です。いつも支えてくださる多くの方々に感謝を込めて、残りの日々も大切に過ごせたらなと思っています。

AU02-6