年間聖句と祈祷課題

2021年度年間聖句と祈祷課題

<年間聖句>

「見よ。わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたとともにいます。」(マタイ28章20節)

<年間テーマ>

Stand in the Gap 破れ口にキリストの平和を  ~全世界に出て行って~

<祈祷課題>

1.Stand in the Gap 破れ口にキリストの平和を (大学改革のコンセプト)

a.総合神学科の1年次教育、「どこでもTCU」(オンライン・ラーニング・プログラム)、新旧カリキュラムが順調に実施できるように。
b.コロナウイルス感染予防とポストコロナの学生生活、女子寮・男子寮・家族寮、各寮運と自宅生のために。
c.教員と職員による教職協働の伸展、第二次「神の国に仕えるプロジェクト」の結実のために。
d.日本と世界における「信教の自由」のために。中国(香港)・北朝鮮の教会のために。

2.キリストがすべてであり、すべてのうちにおられる。福音を肌で感じさせるキリスト者 (TCUのモットーと養成すべき人間像)

a.学生が「召命」を知って学び、それぞれの働きに導かれるように。キャリア支援のために。
b.異文化理解とポストコロナの霊的共同体形成のために、留学生、短期留学生のために。
c.教会音楽副専攻・教会音楽専攻科において、日本の教会音楽文化が育てられるように。

3.キリストを知り、キリストを知らしめるために (前身校の東京基督教短期大学のモットー)

a.ポストコロナのチャペル、教会実習、祈祷会、寮生活により、人格が成熟し霊性が深められるように。
b.学部と大学院がアジアにおける神学教育と研究の拠点となり、教会教職者と信徒リーダーを育成できるように。
c.ポストコロナの学生会、スプリト・夏期伝・シオン祭委員会とサークル活動、ボランティアセンターの働きのために。
d.包括的に福音を理解し「神の国」に生きる教会教職者と信徒となることができるように。

4.仕えられるためにではなく、仕えるために (前身校の共立女子聖書学院のモットー)

a.学生募集の目標(学部1年次33名、神学科3年次編入14名、修士18名、博士2名、専攻科5名)が満たされるように。
b.学園支援団体(カンバーランド長老、聖協団、聖書教会連盟、聖書キリスト、アッセンブリーズ、聖約、日本長老、同盟、バプテスト教会連合、JECA、福音自由、フリーメソジスト、メノナイト教会会議、福音交友会、保守バプ)と諸教会の祝福のために。
c.昨年度の寄付7,615万円に感謝!今年度の募金目標9,000万円が満たされるように。
d.教会音楽アカデミー、共立基督教研究所、国際宣教センター、図書館の諸活動のために。

5.神のことばとイエスのあかしとのゆえに (前身校の東京基督神学校のモットー)

a.昨年度の奨学金支給実績38,501,324円に感謝! 新たな「冠付き奨学金」提供者が与えられるように。
b.担任制やコイノニア、オフィスアワー、健康相談室、学生相談室、祈祷日が祝福されるように。
c.世界の貧困・抑圧・搾取・差別をなくす「積極的平和」(positive peace)とSDGs(持続可能な開発目標)のために。
d.理事会、評議員会、常任理事会、監事、大学運営会議、学務会議、研究科委員会、教授会、スタッフ会の充実のために。