ユース・スタディーズ専攻

ユース・スタディーズ専攻は、聖書的な「ユース・ミニストリー」(若者に仕える働き)の概念から展開される専攻です。ユース(思春期の若者)の心理的・社会的特徴に着目しつつ、彼らの全人格的な成長に関与することについて学びます。またゼミやインターンシップ等を通して経験を積み上げ、リーダーとなるための実践的スキルを身につけていきます。

3つの特長

  1. 「ミニストリー」の概念に基づき、ユースの文化、および心理的・社会的発達の過程や課題を把握・理解する。

  2. 聖書の言葉をユースの実践的問題解決につなげるための「神学する力」を養う。

  3. ユースに受け入れられ、信頼されるリーダーシップを、多様なインターン経験を通して身につける。

 

トピック

豊富な実習機会

ユースを対象として各地で行われているクリスチャンキャンプで実習を行います。高校生聖書伝道協会(hi-b.a.)と協定を締結しており、平日の定期集会でも実習を行います。

 

卒業後の進路

ユースに特化した伝道団体での働き

チャーチスクール等教育機関、教育支援団体や児童養護施設等

教会のユースグループでの働き

【+キリスト教福祉副専攻】障がいを持つユースへの働き

【+グローバル・スタディーズ副専攻】サードカルチャーキッズへのミニストリー