キリスト教福祉専攻

基礎的な聖書・神学の理解を土台に、キリスト教福祉の考え方と実践力を養う専攻です。特定の領域に縛られずに人々と共に生きる福祉のあり方、教会と福祉などのテーマを、介護、ソーシャルワーク双方から広く学び、将来のクリスチャン福祉ワーカーとしての働きに資するスピリット・知識と技術を培います。

3つの特長

  1. 献身的愛

    イエスのように献身的に仕え、神の愛を分かち合う。

  2. 問題解決能力

    痛み苦しむ人たちの生活課題を分析し、さまざまな角度からの働きかけによる問題解決力を養う。

  3. リーダーシップ

    人とコミュニティに仕えるサーバントリーダーを育成。

 

トピックス

介護福祉士受験資格について

新しい課程では、正課授業とは別に「介護福祉士実務者研修」(TCUで開講)+「3年以上の実務経験」を経て、介護福祉士受験資格を得ることができます。

「3年以上の実務経験」には、在学中のアルバイトも含めることができます。

 

卒業後の進路

福祉行政機関、福祉施設、事業のスタッフ、公務員

教会の福祉領域を担うスタッフ、福祉主事など

【+現場経験】介護支援専門員・相談支援専門員、介護福祉士養成施設の教員

【+グローバル・スタディーズ副専攻】高齢化する諸外国での介護を通じた宣教

【+ユース・スタディーズ副専攻】社会的養護が必要な青少年をサポートする働き