教会音楽副専攻

教会音楽副専攻では、音楽理論の学びと実技レッスンによって、教会における音楽奉仕の基礎を学びます。既存の音楽関係科目に加え、副専攻生用に開講される講義や演習など、20単位の必修科目を履修します。 継続的な学びとして、卒業後に一年間の専攻科(教会音楽専攻)へ進学することもできます。卒業時に「教会音楽副専攻修了証書」を取得できます。

必修科目

教会音楽必修科目

礼拝学、音楽概論、教会音楽概論、クワイア、ソルフェージュ、和声学I、和声学II、レッスン(ピアノ・オルガン・声楽・ギターのいずれか2年間受講)