障がい学生支援

東京キリスト教学園には、障がいを持った学生も、安心して修学できるように、障がい学生を支援するシステムがあります。

支援対象

視覚障害、聴覚障害、肢体不自由等の障害があるため授業又は学生生活に相当の制限を受ける者で、本人が支援を受けることを希望し、かつ、その必要性が認められたもの。サポートを希望する学生は、障がい学生支援窓口に連絡をし、どのようなサポートが必要なのか相談してください。窓口は学生部となります。

これまでのサポート事例

共通
入学前相談
履修・事務手続きの情報保障
語学・演習・実習科目における配慮
授業担当教員への配慮事項の相談・伝達
設備整備
聴覚障害にかかわるサポート
通訳者のコーディネート(手話、ノートテイク・パソコンテイク)
肢体障害にかかわるサポート
教室配置の調整
専用ロッカーの設置
スロープの設置
自動扉への改修
定期試験時の配慮
時間延長、別室受験、点字受験などの配慮を行います。