新型コロナウイルスに関する本学の対応(2021.1.19更新 2021年度に向けて)

緊急事態宣言(2021年1月8日~)への対応については、こちらをご覧ください。

2021年度に向けて 2021/1/19更新

2020年度は新型コロナウイルスへの緊急対応でしたが、2021年度は「ポストコロナの大学生活」に移行します。以下、2021年度(2021年4月以降)の方針です。
(以下はいずれも2021年1月15日時点の方針であり、今後の状況によって見直します。)

1.2021年度の授業形態について

  • 春学期は、科目の特性や受講生数を考慮し、2020年度冬学期よりも対面授業とハイブリッド授業を増やします。一部の科目はオンライン授業を継続します。
  • 秋学期以降は、対面授業をメインとし、ハイブリッドに適した科目をハイブリッド授業で提供します。
  • 在寮生は、受講科目が教室で提供される場合(ハイブリッド含む)、原則として対面授業を受講することとします。

2.2021年度の寮教育について

  • 寮教育を重視し、十分な感染予防対策を取りつつ、寮生活を戻していきます。ただし、新型コロナウイルス対応のため、2021年4月1日から当面の間、全学生の入寮を選択制とします。
  • 総合神学科開始に伴って、2021年度から40歳以上の学生は通学可となります。2年次以上の40歳以上の学生も対象です。(この方針は新型コロナウイルス対応ではなく、今後も継続します。)
  • 独身寮については、春学期は全員一人部屋とし、教会実習は原則としてオンラインとなります。入寮者は、学生の希望を調査した上で学生部が選考し決定します。秋学期からは希望者全員が入寮できることを目指しますが、ワクチン普及や医療体制の状況によって最終的に判断します。

3.2021年度の行事、海外プログラム等について

  • スプリングリトリート(例年は2泊3日で学外に宿泊)をはじめ、各種行事は新型コロナウイルスの感染状況に応じて実施の方法等を変更します。
  • 海外派遣プログラムは、原則として海外では行わず、国内での代替プログラムとします。

 

緊急事態宣言(2021年1月8日~)への対応について 2021/1/8更新

千葉県に緊急事態宣言が出されることに伴って、TCUでは学生等の学習機会を確保することを大切にしつつ、感染防止策を一段階強化します。
*この方針は1月8日現在のものであり、今後の状況の変化により変更される場合があります。

2020年度冬学期授業について

原則として現在の授業形態を継続します。受講学生及び担当教員に再確認した上で、対面受講希望者が一定数以下となる授業は、完全オンライン授業に移行します。

寮について

2021年1月5日時点で在寮している寮生は継続して在寮できます。ただし、寮生活における感染防止策を一層強化します。

食堂について

食堂からの食事提供(朝食はパン等を配布、昼食は食堂または弁当、夕食は弁当)は継続しますが、食堂内の感染防止策を強化します。

学生の施設利用について

以下の施設は利用可能です。感染防止に関するルールを守って利用してください。

  • 図書館
  • 大学院生研究室
  • 食堂 (食事時間外の個人学習スペースとして利用可能ですが、感染防止策を強化します。)
入試について

在学証明書について

在学証明書の発行を希望する方は、大学Webサイトから申し込みが可能です。

http://www.tci.ac.jp/contact/certificate

奨学金について

新年度開始時期が遅れたことに伴い、日本学生支援機構(JASSO)の奨学金(給付・貸与)の申請に関して下記のように取り扱いますので、ご確認ください。日本学生支援機構奨学金が何かについてはこちらをご参照ください。

高校在学時等に予約採用となった方

【進学先提出用】の通知を本学教務課入試担当宛まで郵送ください。本学で確認後、その後に行うべき手続きをお知らせいたします。

在学採用希望の方

希望者には本学から申込書類等を郵送いたします。申請希望者は下記問い合わせ先までご連絡ください。

新型コロナウイルスにより家計急変した場合

新型コロナウイルス感染症の影響により家計が急変した場合、日本学生支援機構奨学金の給付奨学金や貸与奨学金の受給対象になる可能性があります。

もし新型コロナウイルスにより家計が急変し奨学金が必要な場合には、下記問い合わせ先までご相談ください。

【問い合わせ先】
JASSO奨学金担当
電話:0476-46-1131
Mail:nyushika@tci.ac.jp

キャンパスへの入構について

学外の方のキャンパス利用については、感染予防の観点から制限を設けています。学外の方(学生・科目等履修生・聴講生、教職員以外の方)で、来学をお考えの場合は、必ず事前に、該当担当者・担当部署へご連絡・ご確認ください。

関連情報