新型コロナウイルスに関する本学の対応(2020.06.10更新 春学期の授業と秋学期以降の方針について)

学長メッセージ

将来と希望に向かって エレミヤ書29章4~14節

東京基督教大学 学長 山口陽一

 春学期をすべてオンラインで行うことになりました。学生の皆さんにとって残念なことは多いでしょうが、私たちはこのオンライン授業によって、コロナ禍の時代を前向きに生き、これを克服してゆきたいと思います。第一に、集まらないことによって、第二に、学び続けることによって、第三に、新しい挑戦によってです。
 集まらずに学び続けましょう。やるからには「仕方なく」ではなく、最高の遠隔授業をめざします。学生のITスタッフ5名、授業サポートスタッフ16名の活躍に期待していています。これまでになかったレベルで、教員、職員、学生が一丸となって授業に取り組み、失敗を恐れず、力を合わせて、すばらしい春学期にしてゆきましょう。
 新型コロナウイルスの感染蔓延により社会が急激に大きく変わったことを皆さんは実感しておられると思います。この変化は必ずこれからの時代の変容につながって行きます。それは皆さんが生きて行く時代です。今学期の学びは、必ずそのための備えとなるでしょう。一人の時間を大切にし、同時にTCUの仲間がいることを励みとしてください。
 旧約聖書エレミヤ書29章4節~14節に主から、ことばを聞きましょう。
4~7節「イスラエルの神、万軍の主はこう言われる。『エルサレムからバビロンへわたしが引いて行かせたすべての捕囚の民に。家を建てて住み、果樹園を造って、その実を食べよ。妻を迎えて、息子、娘を生み、あなた方の息子には妻を迎え、娘を嫁がせて、息子、娘を生ませ、そこで増えよ。減ってはならない。わたしがあなたがたを引いて行かせた、その町の平安を求め、その町のために主に祈れ。その町の平安によって、あなたがたは平安を得ることになるのだから。』」
 バビロン捕囚はユダヤ民族存亡の危機であり、神の懲らしめでもありました。新型コロナウイルスのパンデミックは、この世界全体の危機であり、自分たちのあり方を見直す機会でもあります。新型コロナウイルスと闘う世界の平安を祈りつつ、嘆いてばかりいないで、落胆しないで、腰を据えて、この時代を生きて行きましょう。 
 10~11節「まことに主はこう言われる。『バビロンに七十年が満ちるころ、わたしはあなたがたを顧み、あなたがたにいつくしみの約束を果たして、あなたがたをこの場所に帰らせる。わたし自身、あなたがたのために立てている計画をよく知っている―主のことば―。それはわざわいではなく平安を与える計画であり、あなたがたに将来と希望を与えるためのものだ。』」
 神の計画のすべてを私たちは知りません。しかし、それは災いではなく平安です。滅びではなく回復、絶望ではなく希望です。この禍の中で、「将来と希望」を与えたもう神を見上げましょう。
 12~13節「あなたがたがわたしに呼びかけ、来て、わたしに祈るなら、わたしはあなたがたに耳を傾ける。あなたがたがわたしを探し求めるとき、心を尽くしてわたしを求めるなら、わたしを見つける。わたしはあなたがたに見出される。―主のことば―。わたしは、あなたがたを元どおりにする。あなたがたを追い散らした先のあらゆる国々とあらゆる場所から、あなたがたを集める―主のことば―。わたしはあなたがたを、引いて行った先から元の場所へ帰らせる。」
 主を呼び、主を探し求める時を大切にしてください。再び集まることを許されて、顔と顔を合わせて喜びあえる日を待ち望みつつ励みましょう。

(4月30日TCU Kick-off 2020@zoom 学長メッセージの要約)

春学期の授業と秋学期以降の方針について

千葉県に緊急事態宣言が出されたことを含めた新型コロナウイルス感染拡大状況に鑑み、春学期は独身寮を閉寮し、全ての授業について5月4日からオンラインで行っています。5月25日に千葉県に出されていた緊急事態宣言は解除されましたが、春学期は学期末までオンラインでの授業を継続いたします。
秋学期以降の方針は7月上旬に決定する予定です。感染状況を確認しつつ、十分な感染予防策を検討するとともに、オンライン授業の継続、寮を再開して教室で対面授業等、様々な可能性を慎重に検討しています。学生の皆さんの健康を第一に、そして、皆さんの学習機会と教育の質が損なわれないよう注意しつつ準備を進めていますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

※今後の状況の変化により変更となる可能性があります。今後も本学ウェブサイト(在学生にはTCUポータル)でお知らせしますので、適宜チェックしてください。

新たな学年暦(春学期) 5/18更新

  • 4月28日(火)~5月1日(金):オリエンテーション(オンラインで行います。入学礼拝<入学式>は、プログラムとしては実施いたしません。)
  • 5月4日(月):オンラインで授業開始(ゴールデンウィーク中も授業を行います。)
  • 7月10日(金):授業終了
  • 7月13日(月)~17日(金): 補講・試験・レポート作成期間
  • 7月29日(水):夏期卒業礼拝(※大学報でご案内の日程から変更となりました)

学納金について

春学期の閉寮期間分の寮費と食費は秋学期以降の学生納付金に充当します。

  • 年額納入済みの場合:秋学期以降に学生の千葉興銀の口座へ返金もしくは2021年度の学生納付金に充当します。
  • 春学期のみ納入の場合:秋学期もしくは冬学期の学生納付金に充当します。

春学期の閉寮期間は今後変更になる可能性がありますので、在学生の方で春学期の学納金をまだ納めていない方は、3月に総務課よりお知らせしている「2020年度 学生納付金について」にしたがって、通常通りお支払いください。

現在、家族寮に住んでいる家族寮生は退寮の必要はありません。寮費は通常通りです。

在学証明書について

在学証明書の発行を希望する方は、大学Webサイトから申し込みが可能です。

http://www.tci.ac.jp/contact/certificate

奨学金について

新年度開始時期が遅れたことに伴い、日本学生支援機構(JASSO)の奨学金(給付・貸与)の申請に関して下記のように取り扱いますので、ご確認ください。日本学生支援機構奨学金が何かについてはこちらをご参照ください。

高校在学時等に予約採用となった方

【進学先提出用】の通知を本学教務課入試担当宛まで郵送ください。本学で確認後、その後に行うべき手続きをお知らせいたします。

在学採用希望の方

電話にて希望者の確認をしましたので、希望者には本学から申込書類等を郵送いたします。電話では希望しなかったが、やはり希望したいという方は下記問い合わせ先までご連絡ください。

新型コロナウイルスにより家計急変した場合

新型コロナウイルス感染症の影響により家計が急変した場合、日本学生支援機構奨学金の給付奨学金や貸与奨学金の受給対象になる可能性があります。

もし新型コロナウイルスにより家計が急変し奨学金が必要な場合には、下記問い合わせ先までご相談ください。

【問い合わせ先】
教務課入試担当
電話:0476-46-1131
Mail:nyushika@tci.ac.jp

AO入試、推薦入試に合格された方へ

AO入試、推薦入試で合格した方におかれては、入学前教育を2020年4月10日(金)までに提出することとなっていましたが、郵送していただく必要はなく入寮後に提出で構いません。

施設貸出等

施設貸出しや学外者のキャンパス利用については制限させていただくことがあります。詳細は担当までお問い合わせください。

関連情報