フィリップ・フォックスウェル名誉教授召天

先月末、東京基督神学校名誉教授フィリップ R. フォックスウェル先生が召天されました。あと数週間で99歳だったそうです。
先生は、ホイートン大学時代に伝道者ビリーグラハム師、TCU前身校ジャパン・クリスチャンカレッヂ創設者のダン・E・ホーク師とともにホイートンの三銃士と呼ばれていました。また、一流のマジシャンで授業中もよく手品をしてくださったそうです。そんな先生の授業は「奇跡論」「証拠論」で、「私の手品にはタネもシカケもある。しかし、聖書の奇跡にはタネもシカケもない」と言われて、学生は大いに理解したとのことです。(『東京キリスト教学園のあゆみ』より)
天国での再会の希望が約束されている恵みに感謝しつつ、ご家族の慰めのためにお祈りください。

写真は2003年11月1日TCU創立記念日に当時の吉持章理事長(名誉理事長)とともに。

DSC00129.JPG