図書館プロフィール

図書館 標語 ヨハネの福音書8章32節
東京基督教大学図書館は、1990年の大学設置と共に、母体の東京基督教短期大学図書館・東京基督神学校図書館・共立基督教研究所図書館の3図書館が合同されて出来上がった東京キリスト教学園の共同利用図書館です。
図書館の理念
建学の理念に沿い、神学部単科の大学図書館としてキリスト教及び宗教学関係の資料を主に収集、所蔵しています。キャンパス内の学生教職員へのサービスのみならず、福音派キリスト教界の知的シンボル、学術情報の受信・発信を目指しています。
沿革(源流)
● 共立基督教研究所図書館 (偕成伝道女学校創立1881年→共立女子神学校1907年→共立女子聖書学院→共立基督教研究所1980年-現在)
● 東京基督神学校図書館(神学校創立1949年-1990年)
● 東京基督教短期大学図書館 (日本同盟聖書学院創立1950年→日本クリスチャン・カレッジ1955年→東京キリスト教短期大学1966年→東京基督教短期大学1990年まで)
● 三校図書館合同 1990年→東京基督教大学図書館
図書館の概要
・図書館館長 木内伸嘉教授(2012年4月就任) ・所蔵図書:約8万冊,雑誌:約700種 ・専任職員:1名+パート・アルバイト数名
組織・財政
図書委員会 3名 私立大学図書館協会、日本図書館協会、千葉県大学図書館協議会参加 年間図書費 約500万円 年間雑誌費 約150万円
建物と設備(形態)
1989年竣工 鉄筋地上2階    図書収容能力 10万冊 閲覧席数 58席 グループスタディー室:1室 、キャレルブース:2室、貴重資料室:1室、 休憩室:1室 ビデオ:3台 CD・テープデッキ:1台 OPAC用パソコン:1台 フリー・パソコン(win)3台
おもなコレクション
宗教改革期資料 ・カルヴァン「キリスト教綱要」(最終版)1568年発行 明治期キリスト教資料 ・ 排耶文書(「耶蘇教の無道理」、「新撰斥耶蘇」ほか) ・ 伝道文書(「天道遡源」、「真の道を知る近路」ほか) ・ 聖書(「ヘボン・ブラウン訳聖書」「ブリッジマン・カルバートソン訳漢訳聖書」、「翻訳委員社中訳聖書」ほか) 聖書関係資料 ・ 死海写本(レプリカ) ・グーテンベルク聖書(レプリカ)