N・T・ライトと「キリスト教の公共性」研究会

座長:山口希生
協賛:N・T・ライト読書会

 

[開催主旨]

近年、宗教がもつ公共的側面への関心が高まっています。戦後日本では政教分離が強調され、宗教的信仰は私的領域に属する事柄と考えられてきました。欧米の歴史でも宗教の私事化は啓蒙主義以降の顕著な特徴でした。日本の場合、これとは別の理由として戦前の“国家神道”に対する反動という側面もありました。しかし、東日本大震災以降にみられる宗教へのある種の期待も、単に私的領域だけではなく、公共圏における役割の自覚を促しているようです。同様なことは、現在の超高齢化社会での「看取り」の場面においても問われるようになっています。またこのテーマは、改憲問題と「信教の自由」という次元にも関係しています。
今回の研究会は、キリスト教、特に聖書学の領域の近年の発展(主として N・T・ライトのアプローチ)との接点でこのテーマを探究することを目的といたします。

第1回 2016年6月6日
発題:山口希生 紀元一世紀とローマ皇帝崇拝
応答:稲垣久和

第2回 2016年9月5日
発題:山口希生 キリスト教徒の迫害とローマ帝国

第3回 2016年11月28日
発題:山口希生 ユダヤ黙示思想と神の国

第4回 2017年2月13日
発題:山口希生 ユダヤ黙示思想と新約聖書の救済論

第5回 2017年5月22日
発題:山口希生 ローマ人への手紙5-8章 (1)

第6回 2017年9月25日
発題:山口希生 ローマ人への手紙5-8章 (2)

 

会場:日本同盟基督教団 中野教会

資料|メンバー専用