キリスト教と福祉 研究会

座長:井上貴詞  

 

[開催主旨]

本学は、福音主義神学に立つキリスト教大学として、聖書と福祉を学べるユニークなキリスト教福祉学専攻を2008年に開設しました。聖書の学びを土台としながら、福祉・介護のプロフェッショナルを養成する教育に邁進し、現場で活躍する卒業生を社会に送り出してきました。

そして、教育・研究と共に教会が包括的な宣教を担う主体となることをサポートするケアチャーチセミナーも毎年開催して参りました。また、2016年の日本伝道会議の継続的プロジェクト「日本社会と教会」にも参与し、その取り組みは『社会に開かれた教会‐地域の福音となる新たな一歩』(いのちのことば社、2019年10月刊行)の出版へと実を結びました。

さらに専門領域の垣根を払い、「キリスト教福祉とは何か」の根源的な問いを深める共同研究作業が必要と考え、2019年7月より「キリスト教と福祉 研究会」を立ち上げました。今後、福祉に取り組む教会、取り組もうとしている教会のネットワーク化も視野に入れつつ、神学的な学際面と実践的福祉学の両面から総合的な理解の促進と教会・社会への発信力を高めていきたいと願っています。これらは、「公共政策の領域において、真にキリスト教的な応答と実践的行動を促進しなければならない」と表明した第3回世界宣教会議の要請とも符合しています(日本ローザンヌ委員会訳『ケープタウン決意表明』いのちのことば社、2012年、50頁)。

この研究会は、東京基督教大学付属共立キリスト教研究所のもとに開催されますが、福音主義神学に基づくこの種の研究会が希少であることに鑑み、オープンに広く参加を受け入れていきます。諸教会の教職者・信徒、福祉の実践者もしくは関心のある方、福祉を学ぶ学生さんに至るまでの参加を歓迎いたします。このジャンルの扉を開く実践知が結集し、皆様と共に実践神学としてのキリスト教福祉学が開花していくことを願っています。

[井上貴詞|本学国際キリスト教福祉学科福祉学専攻]

 

第1回7月4日(木) 15:40~18:10 国際宣教センター  セミナー室1    

発題:教会と地域を結ぶ新たな宣教:教会の福祉ミニストリーの事例を通して
井上貴詞

➡当日資料

 

[次回以降の予定]   
 * 参加ご希望の方は、公共福祉研究センター事務局
 kci@tci.ac.jp までお申し込みください。

第2回10月11日(金) 15:40~18:10  

テーマ:伝道と社会奉仕は切り離さない! コミュニティ・ミッションから学ぶ

教会が地域社会にあって、助けを必要とする人々にどのように届いていけば良いのか。福音伝道と社会奉仕はどのように統合されるか。ソーシャル・ミニストリーとエバンジェリズムを統合したコミュニティ・ミッションを実践している東京バプテスト教会のミニストリー担当牧師である渡辺聡師より、その意義、目標、理念、方法論、実践事例などを学び、ディスカッションを通してこのテーマへの理解を深めていきます。

講師:渡辺聡(東京バプテスト教会牧師・青山学院大学講師) 

第3回11月27日(水) 13:00-15:30

テーマ:日本社会の現実と教会・宣教のデザイン

JEA社会と教会プロジェクトチーム共同出版の『社会に開かれた教会-地域の福音となる新たな一歩』(西岡義行・井上貴詞編著、10月に発刊)の第1章を中心に、第1回、第2回での学びの振り返りながら、ディスカッションに多くの時間を割いて学びあう機会とします。秋休み中ですが、学生・院生の皆さんの参加も期待しています。

第4回2020年2月10日(月) 13:00-15:30

テーマ:子どもの人権と聖書・教会

講師:村田紋子(本学非常勤講師)

第5回2020年3月5日(木) 13:00-15:30変更の可能性があります

テーマ:新約学から見た教会、宣教、福祉のつながり

講師:岩上敬人(本学非常勤講師、日本福音同盟総主事/新約学)

本研究会は2019年度東京基督教大学研究助成を受け、公共福祉研究センターの共催で開催しています。