AO入試

AO入学者選抜

本学のAO入学者選抜は、一人一人の能力や個性と真の学力を適切に評価し、かつ学力試験では評価できない多様な能力、大きな可能性を秘めている学生を全国から積極的に迎え入れようとする選抜方式です。学力のみを重視するものでもなく、一芸一能だけに着目するものでもありません。学習意欲や将来的な可能性までをも含めて総合的に評価します。
また、AO入学者選抜は受験資格を満たしていれば、自分の意志で出願できる一般公募型の入試です。筆記による学力検査は行わず、面接試験と課題提出によって受験生を多面的・総合的に審査します。

出願資格

一般入学者選抜の出願資格を持ち、本学への入学が第一志望で、学びの目標を持ち、それを第三者に説明できる者。

選考方法

書類審査

書類審査は、出願書類を総合的に評価し、受験資格の有無等を審査すると共に面接試験の資料とします。

課題(両学科共通)

書類審査を経た受験生には、英語と小論文に関する課題を課します。本学の指定する期限までに提出しなければなりません。なお、次の1~4のいずれか1つに該当する場合で、有効期限2年以内(面接試験日から起算)の証明書が出願時に提出されれば、英語課題を免除します。

  1. 英語検定2級以上
  2. TOEIC550点以上
  3. TOEFL PBT470点以上・CBT150点以上・iBT52点以上
  4. GTEC CBT 1,000点以上 または GTEC for STUDENTS 675点以上 ※GTEC for STUDENTSはオフィシャルスコアのみ。

面接試験

1人60分間。聖書基礎知識、提出された課題に関する口頭試問及びアドミッション・ポリシーに適合しているかを審査します。

※面接試験で課題の内容が不十分と判断された場合、合格発表時に保留扱いになり再度課題に取組んでもらうこともあります。

評価方法・評価比重

本学アドミッション・ポリシーにおける聖書の基礎知識は面接口頭試問(100点満点)、基礎的教養に基づいて自分で考え表現する力は小論文課題(100点満点)、基礎的な英語力は英語課題(100点満点)で評価し、これらをまとめて評価比重50%とします。なお英語資格またはスコアで英語課題免除になる者は基礎的英語力をみなし満点(100点)で評価します。また面接において、キリストへの献身、将来教会と社会に仕える志、本学の建学の精神と信仰基準に同意するかどうか、主体性を持って他者とコミュニケーションをとれる力があるかどうかを評価し、これらをまとめて評価比重50%とします。

日程

出願期間 試験日 合格発表 入学手続締切日
第1回 2016年8月1日(月)~8月8日(月)必着 2016年9月3日(土) 2016年9月8日(木) 2016年9月23日(金)必着
第2回 2016年10月5日(水)~10月19日(水)必着 2016年11月24日(木) 2016年12月1日(木) 2016年12月15日(木)必着

検定料

検定料35,000円は、出願書類を提出する以前に、募集要項に添付された振込依頼書で銀行にて振り込むこと(郵便振替等では受け付けない)。振込が確認できない場合は受験を許可しない場合がある。

※AO入学者選抜において不合格になった場合、一般入学者選抜または推薦入学者選抜を再受験することができます。その場合の検定料は20,000円になります。

出願書類等詳細な内容は本学学生募集要項をご参照下さい。

なお、身体に障がいがあり特別の配慮を必要とする方は、受験方法等についてなるべく早く教務課入試担当までご相談下さい。

資料請求する