シオン祭①の様子

皆さんこんにちは!いかがお過ごしですか?

すっかり秋になり、急に寒くなってしまいましたね。

秋学期のTCUといえば、シオン祭の季節です!台風が関東に近付く中、シオン祭①が行われ、台風が過ぎた後には少し雨が降っていましたがシオン祭②を予定通り行うことができました。多くの方が足を運んでくださったこと、本当に感謝です。ここでは学内向けのシオン祭①の様子を少しシェアしたいと思います!♫(ほとんど体育館での写真ですが、ご了承ください・・・笑)

 

IMG_6912

シオン祭①は学内向けの学園祭です。朝から体育館に集まり、ゲーム大会が行われました。チーム対抗なこともあり、みんな熱気に燃えていましたよ〜IMG_6913

チームの代表選手が縄跳びをして誰が一番長く飛び続けられるか、という競争もありました(笑)。午前中は体育館でゲーム大会が行われ、終了です。

午後は男女がお互いの寮に入ることができるオープン寮です!残念ながら写真がないのですが、皆さんのご想像にお任せします。男子寮ではお母さんの作ったクッキーを出す部屋や、御言葉カードを作ってくれる部屋、モグラ叩きならぬチキン叩きの部屋、えのきの唐揚げを出してくれた部屋など・・・(笑)ユーモアあふれる男子寮でした。

女子寮ではタピオカにワッフルに、ティラミスに、TCU生の幼少期写真館に、お悩み解決部屋など、こちらも気合が入ったオープン寮の時となりました。

IMG_6919

オープン寮の後、再び体育館に戻りお楽しみの時間です。男子学生による早食い対決が行われていました。この後の彼らの顔はとても苦しそうでした。

IMG_6920

ライブインの時間は漫才やダンス、歌、ウクレレなどなどの披露のとき。みんなでワイワイ楽しく時間を過ごしました。ダンスを披露してくれた学生たちみんな、とっても上手でびっくりしました♫普段なかなか見れない姿を見れる事も、この時間の魅力ですね!

IMG_6922

晩御飯の後はチャペルに移動しナイトチャペルの時間です。講師の先生をお招きして、礼拝の時がもたれました。普段のチャペルは昼間なので明るいのですが、夜のチャペルはステンドグラスが光ったりと、普段とは少し違う様子に特別感があったりします。講師の先生の全力なメッセージに励まされたTCU生でした!

IMG_6270

シオン祭①が終わると、次は学外向けのシオン祭②のために最終準備が行われます。台風が近づく中、台風を忘れるほどみんなで楽しく交わる一時が与えられたこと感謝でした。私は今回で最後のシオン祭だったのですが、とても良い思い出が増えたこと嬉しかったです。

以上、シオン祭①の様子でした。次回のブログもお楽しみに〜!

国キ4年 M.H

院生の夏休み

みなさん、こんにちは!

連日雨模様ですが、いかがお過ごしでしょうか。

学園では、つい最近まで、杏子の木が大豊作でした。

IMG_4225

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ようやく期末期間が終わり、来週から夏休みに入ります!

 

夏休みといえば、夏期伝道やバイブルキャンプ、教会インターン、久々の帰省など楽しいことがたくさんあります。

 

聞こえてくる学生の会話もどこか息が弾んでいます。

 

 

 

と、そんな楽しい夏休みが近づいているにもかかわらず、夏休みとは無縁(?)の学生もいます。それは、修士論文に取り組んでいる大学院2年生です。論文執筆は卒業するために必ず通過しなければならない道であり、抜け道はありません。

 

 

 

そんな大学院生は朝から晩まで勉強しているわけですが、今回は学内の大学院生が勉強している部屋を大公開したいと思います!

 

学生が勉強する場所は基本的に3パターンあります。

①寮の自室

②図書館

③学外のカフェ

(この他にも、寮のスタディルーム、ラウンジ、バルナバカフェなどいろいろありますが)

 

 

一人で勉強するのもよし、みんなで教え合うのもよし、自分にあったスタイルで、好みの場所で勉強することができます。

 

 

 

そんな中、TCUの秘密の部屋とも思われている場所が、大学院棟(大学院生が授業を受ける教室がある棟)にあります。

 

ここでは、連日連夜、煌々と光がついていて、「ペンを走らせる音」ならぬ、「キーボードを叩く音」が鳴り響いています(少し誇張しています)。

 

IMG_4222

 

 

 

 

 

 

 

同じ部屋で特に会話をするわけでもありませんが、同じ目標に向かって労苦している仲間の存在はとても大きな励みになります。

 

 

 

部屋には、いろいろな注解書もあり、中には図書館にもない貴重な資料もあります。外には、一息つける通称「オアシス」と呼ばれるお菓子コーナーもあり、長時間勉強するには欠かせません。

 

IMG_4224

 

 

 

 

 

 

 

 

また、この学習室の良さは、普段の生活空間と勉強の場を分けられることです。いつも自室で勉強していると、寝ても覚めてもそわそわしてしまいそうです。ですが、こうやって区分することで、メリハリがついて、勉強のペースもはかどります。毎朝、学習室に向かう院生は、通勤しているビジネスマンさながらです。

 

 

 

とはいえ、勉強の効率を上げるためには息抜きも必要です。大学院2年生にとっては学生生活最後の夏休みなので、今しかできないことをやりつつ、有意義な夏休みを送られるようにと願っています。

 

 

 

この夏休み、全国各地にTCU生がいろいろな形でお邪魔すると思いますので、ぜひTCUの話を聞いてみてください!

 

今回のブログは以上です!

 

みなさんも良い夏をお過ごしください!

 

次回もお楽しみに♪

 

広報スタッフ 曽川

 

TCU生の夏休みってどんな感じ?

みなさんこんにちは!

TCUでは無事に期末期間も終わり、みんな一息ほっとついているところです。

そしてついに…夏です!TCUは今週の土曜日から夏休みに入ります!

ということで、今回は5人のTCU生に夏休みの予定を聞いてきました!


まず一人目は、神学科1年生の一重めぐみさんです!
fullsizeoutput_3040

Q. 夏の予定を教えてください!

まずは夏期伝(*TCUの夏期伝道旅行のこと)に行って、帰ってきてから岡山の友達の一家がやっている、福島の子どもたちを招く保養キャンプのボランティアをします。それが終わったら松原湖のキャンプに行って(初!)、それからボランティアセンターのキャンプで仙台に行きます。そのあとは家に帰って、2週間くらいゆっくりする予定です。

Q. ボランティアづくしですね。

そうですね、子どもづくしですね(笑)。子どもはTCUにきてから好きになりました。わわわ(*TCUの公園伝道サークル)に行き始めたのが大きいですね。

Q. 最後に夏に向けた意気込みを一言!

本気で遊んで疲れ切る夏休みにしたいです!

 

TCU1年目にして盛りだくさんな夏休みですね!

写真のポーズからも夏に向けた意気込み(?)が感じられます!(笑)


次はキリスト教福祉学専攻4年生の中村実くんです!

fullsizeoutput_3042Q. 夏の予定を教えてください!

夏休みに入る前からなんですけど、介護実習が明日(*インタビュー時点から)から始まります。終わるのは8月上旬なので、約1ヶ月間ですね。それが終わったら5日間、教会のイベントで韓国に行ってホームステイすることになっています。帰ってきてからはしばらく家でゆっくり休めるかなと思いますね。ただ就活も進めなきゃいけないので、それもやりつつですけど…。

Q. 介護実習というのはどういうものですか?

実習なので、授業で学んだことを現場で活かすみたいな感じですね。実際に施設に行って、利用者さんと関わったり、支援をしたりすることを通して、現場の経験を通して学んでいくという感じです。

Q. 楽しみですか?

いや、正直不安の方が大きいですね。今までは2週間だったんですけど、今回は1ヶ月なので、体調が守られるかどうかが心配です。夏の暑い時期なので。

Q. そんな夏に向けた最後に意気込みを一言お願いします!

この前の寮のテイクフリーでもらった1kgのパスタで夏休みの実習を乗り越えようと思っています!これがあれば大丈夫なはず!

 

なるほど、福祉専攻の学生は介護実習があるんですね。

1ヶ月とはなかなか大変そうです。

果たしてたった1kgのパスタで乗り越えられるものなのでしょうか…。(笑)


さて、次は国際キリスト教学専攻3年生の伊藤実結さんです!

fullsizeoutput_3041

Q. 夏の予定を教えてください!

7月の初めから8月の初めまでフィリピンに異文化実習に行ってきます!次の週は家族と過ごして、その次の週は教団のキャンプ、その次の週は水曜から金曜まで実習先の教会で子ども会があるので、そのお手伝いをするついでに教会に泊まります。それが終わったら寮に戻ることになりますね。家にいるのは1週間だけです(笑)。

Q. 異文化実習はどんなことをするんですか?

異文化実習は国際飢餓対策機構のフィリピンのスタッフの働きを見学したり、その働きに協力させてもらったりします。最初と最後はマニラに滞在して、真ん中の三分の二くらいの期間はビコールという場所に行きます。

Q. それは楽しみですね。それではそんな夏に向けた意気込みを一言!

国キ生としての夏を楽しみます!(*国キ:国際キリスト教学専攻の略称)

 

これは国キ生ならではの夏休みになりますね!

全体的な傾向として、みなさんあまり家には帰らないのでしょうか?(笑)


 

最後は大学院1年生の佐藤宣愛くんです!fullsizeoutput_3044

Q. 夏の予定を教えてください!

まず夏期伝道で9日間横須賀に行きます。それが終わったら11日間インターンシップに行ってきます。インターンが終わった次の日からは、静岡県の浜名湖バイブルキャンプの低学年キャンプに行きます。それが終わった次の日からは所属教会のCSキャンプがあります。その次の日から今度は浜名湖の中高生キャンプに行きます。その後の1週間は予定を入れようかどうしようか迷ってますね…。で、最後にまた浜名湖の小学高学年キャンプに行って、僕の夏休みは終わります(笑)。

Q. 盛りだくさんですね…。インターンシップとはなんですか?

インターンシップというのは、大学院の1年生の人たちが教会や教会関連の施設で数週間の実習を住み込みですることです。僕はNPOなどの活動を活発にしている教会で、特に平日の働きを中心に学びとってきたいと思っています。

Q. そんな忙しい夏に向けて意気込みを一言!

空いている時間で修論を頑張ります!(笑)

 

大学院1年生はインターンシップがあるんですね!

しかしなんと恐ろしいスケジュールでしょうか…。

最後の「僕の夏休みは終わります」が違う意味に聞こえてきますね…(笑)


以上、TCU生の夏休み事情をお届けしました!

みなさん充実した(し過ぎている?笑)夏休みの計画を立てているようですね。

ただし、TCU生みんながみんなこんなに忙しいという訳ではないのでご安心を!(笑)

 

みなさんも充実したよい夏休みをお過ごしください (^^)

 

学生広報スタッフ K. Saito

 

 

神学校対抗ソフトボール大会

みなさんこんにちは!

5月も終わろうとしていますが、みなさん5月病は無事に乗り越えられましたか?

 

さて、去る5月21日には神学校対抗のソフトボール大会が開かれました!

毎年恒例のこの大会、今回は関東圏にある7つの神学校が埼玉県の秋ヶ瀬公園に集まり、ソフトボールを通じて交流をしました。

TCUからは合計11人(応援含む)が参加!

実はこの僕も入学以来毎年参加していまして、今回は4回目の参加となりました。

 

試合形式は、まず2グループに分かれての総当たり戦(グループリーグ戦)を行い、その結果をもとに決勝トーナメントを行うというものでした。

激戦の様子はこちら!

IMG_6312 2018-05-28 00_46_19

IMG_6313 2018-05-28 00_46_15

IMG_6314 2018-05-28 00_46_23

熱い戦いの様子が伝わるでしょうか。

天気にも恵まれ、みんなで汗をかきながら楽しくソフトボールをしました。

 

そして我らがTCUチームは無事にグループリーグ、準決勝と勝ち進み、決勝の相手は宣教会Aチーム!

激戦の末、結果は…

IMG_6315 2018-05-28 00_46_23

なんと引き分け!

ということで、大会公式ルール(ちゃんとあるんです!)にのっとり、勝敗はじゃんけん三本勝負に委ねられました。

 

その結果は…

IMG_6331 2018-05-28 00_46_17

2勝1敗で見事優勝!!

2年ぶりに優勝カップがTCUに帰ってくることになりました。

じゃんけんであろうと何だろうと、やはり優勝は嬉しいものです。

みんないい顔してますね~

来年も優勝目指して頑張るので、みなさんぜひ応援をよろしくお願いします!

 

以上、神学校対抗ソフトボール大会の報告でした!

 

学生広報スタッフ K.Saito

スプリングリトリート 2018

5月23日から25日までの3日間、大学三大行事の一つであるスプリングリトリートが行われました。
今年は山梨県にあるエバーグリーン富士を会場に、学生・教職員総勢約190名が参加し、日々の忙しさから解放された3日間を過ごしました。
野外でのBBQに始まり、富士急ハイランドや温泉等各自が行き先を選択し楽しむオプショナルの時間や、学生による漫才やバンド、ダンスなどが披露されるLIVE INの時間など、盛り沢山な内容でした。

sr201802 sr201801

また、今回のテーマ「コイノニア(日本語では交わり)〜共に交わり、共に味わう〜」のもと、グレースシティーチャーチ東京で牧会をされている福田真理先生をお迎えしてメッセージを取り次いでいただきました。
先生のメッセージを通して、それぞれがTCUでのコイノニアまた、教会やアルバイト先でのコイノニアについて改めて考え、分かち合う時を持ちました。

sr201804 sr201803

3日間を通して新たな交わりの場が持たれ、互いに励まし祈り合えたこと、何よりもこのスプリングリトリートの時を神様が用い祝福してくださったことを感じることができました。
この学びと祝福を忘れず、更に多くの方とのコイノニアが広がっていくことを祈りつつ期待しています。

sr201805

国キ4年:Toyama

卒業記念コンサートが行われました!

こんにちは!

雪もすっかり溶けてしまって、陽気な日も増えてきました。春がもうすぐそこまで来てるいるなぁと感じる今日この頃です。

とはいえ、まだまだ寒い日もあり、もう一踏ん張りする必要がありそうです。

そんな三寒四温などと呼ばれる季節ですが、先週の金曜日に、ほっこり温まるような卒業記念コンサートが行われました。

 

東京基督教大学(以下、TCU)には、教会音楽専攻科だけではなく、神学、国際、福祉の学びをしながら、教会音楽の学びを副専攻として学ぶプログラムがあります。今回行われました「卒業記念コンサート」は、専攻に加えて、音楽の学びを受けた学生たちによるものです。

 

音楽といっても、ギターやピアノ、オルガン、声楽などの様々な分野があります。教えてくださる先生方も、それぞれの分野でご活躍されている方々で、個人レッスンを年間を通して受けられるというのはとても貴重な経験であるように思います。

SONY DSC

コンサートでは、ひとときの間、音楽に耳を傾け、心安らぐ時間を楽しみました。ギターを片手に味わい深く賛美する人、ピアノでおしとやかに賛美歌を奏でる人、オルガンで古典的な賛美歌を荘厳な音で響かせる人。それぞれがこれまでに学んできたことや練習してきたことを存分に発揮し、様々な音楽を通して、神様の栄光が現されていました。一つにこだわらずに、神様がそれぞれに与えてくださった賜物を通して、共に主の栄光を賛美することができるのはTCUの良さの一つだと思います。

 

SONY DSC

SONY DSC

コンサートの最後には、TCUのクワイアが賛美をしました。その気迫あふれる姿に、見ているこちらも圧倒されました。チャペル全体に響き渡る歌声を聴きながら、そこにいた人たちみんなが、心一つに主を見上げる時間はとても感慨深いものでした。

SONY DSC

卒業コンサートということで、4月からはもう彼ら、彼女らの音楽を聴けないと思うと、寂しい気持ちもありますが、それぞれが遣わされる新しい地でも、その賜物を存分に発揮してもらいたいと思います。

 

そんな寒い冬の終わりに、心温まる卒業記念コンサートについての報告でした!TCUの音楽教育に少しでも興味を持っていただけたなら、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか??TCUでは、学生だけではなく、教会音楽に興味をお持ちの方々にも様々なプログラムを提供しています。

 

今回のブログは以上です!
期末試験の足音がどんどん大きくなってきました…

次回もお楽しみに♪

 

広報スタッフ4年 曽川

 

祈祷日

こんにちは!
雪が降ったり降らなかったりと寒さが続いていますが、それと同時に体調を崩すこともあるのではないでしょうか?
僕も最近調子が悪く、しっかり寝て予防してインフルには気を付けたいところです。

さて、1月30日(火)はTCUで年に二度ある祈祷日でした。
この日は授業がなく(補講は例外ですが…)一日学園の学生、教職員が祈りの時間を過ごす特別な日です。
朝の早天祈祷から始まり、個人祈祷、チャペル、小グループ祈祷、学年祈祷と一日を通して様々な人と祈りをする。まさに学園が一つとなって祈る。そのような日となっています。

祈祷日では、外部からチャペルスピーカーをお招きしてチャペルの中で説教をしていただきます。今回は、山本陽一郎先生による「いのりびと」の題で説教をしていただきました。

先生の体験談や証を通して、祈る生活について励ましていただきました。
僕も日々の祈りの時間を大切にしていきたいと思っていた時なので、しっかり時間を取って祈ることもそうですし、ことあるごとに祈る大切さを確認することができました。
何もできないけど祈ることができる。「いのりびと」としてしっかり歩んでいきたいと思わされました。

小グループでの祈りは、とくに学園内にあるサークルや委員会、寮や教職員のことをおぼえて祈る時間となりました。

午後からは学年祈祷の時間です。それぞれの学年で集まって、賛美や祈りの時間を過ごす。共に学び、共に励ましあう同じ学年の仲間たちと祈る時間は大きな励みとなります。そして、学年によってはその後に親睦会なども行われます。僕たちの学年も体育館にて親睦会が行われました。

2018.1.30 くらす祈祷会_180202_0012 2018.1.30 くらす祈祷会_180202_0024

僕たちの学年では、スポーツやゲームを通して楽しい時間を過ごしました。
上の写真はブラインドサッカーというものらしいです。目隠しでのサッカーはする側は何がなんだかわからないですが、見ている方は非常に面白いものでした。
中々学年が集まってこのような時間を持つことができるのは少ないので、これも祈祷日の醍醐味だと思います!

この祈祷日の準備は祈祷委員が準備してくださっているので、本当に感謝だなと思います。

祈祷日だけではなく、日々の祈りももっと大切にしていきたいと思います!

教会教職3年 大平宙武

アンニョンハセヨ!〜韓国異文化実習リポート〜

皆さんこんにちは!
私は今、異文化実習という国キ学プログラムとして、去年の11月末から韓国・ソウルに滞在しています。
1

異文化実習というのは、短期間の楽しく充実した「訪問-visit」にとどまらず、一定の予備知識と準備を踏まえた一定期間の「滞在-stay」による深みのある異文化体験の場で、神・世界・教会・国・社会・自分(たち)について深い視点を知り、養い、成熟した人格形成が大きな狙いです。
ですから、事前にその異文化に対する様々な知識を養うことはもちろん、教室内だけでの学びで終わるのではなく、実際にその異文化へ飛び込むことまでできる大胆でスペシャルなプログラムです!

そんな異文化実習として韓国を選択し、訪問者としてではなく、滞在者として来た私ですが、どのような日々を過ごしているのか、少しだけシェアしたいと思います!

まず韓国異文化実習のプログラムの一環として、延世大学韓国語学堂へ週5日通っています。
2

語学堂には1級から6級までのレベルがあり、各級18〜20クラスほどあります。
ものすごい生徒の数に合わせて、先生方も200人を超えるそうです!多い!笑

つい先日には、同じ級の全生徒たちの前で行った大きな発表がありました!
3
発表終わりにクラスメイトたちと(^◯^)
韓国社会に関する新聞記事の発表と討論、それらをベースに一つのニュース番組をクラスごとに作るという発表内容でした。
とても楽しかったです!

放課後は、クラスの友達、現地の友人たちとご飯を食べに行ったり、地下鉄やバスに乗って少し遠出してみたり、木曜礼拝に参加したりなど、何気ないようで異文化に触れまくりな時間を過ごしつつ、韓国での時間を堪能しています。
4
先日は、引越しをした友人がいたので、語学堂で出会った友人たちと引っ越しパーティーをしに行ったりもしました!
それぞれ様々な国・文化背景を持っていますが、もちろん共通言語は韓国語。
みんな韓国語ペラペラです。学び合い笑い合える国籍を越えた最高の友たちとの出会いも、異文化実習ならではの宝です。

そして、どこで暮らしているのかというと…
学生街の新村(シンチョン)という地区で下宿生活を送っています。韓国には上京してきた若者や留学生のための下宿先がたくさんあります。
5a
部屋は一人部屋で、トイレやシャワールームは他の住人たちと共有し、朝夕ご飯だけ下宿先のおばさんが作ってくれます。
この少し田舎臭い感じも、ソウルでの下宿先でしか味わえません。
下宿生活でしか触れられない異文化体験も、盛りだくさんです!

主日には教会へ行き、韓国語で礼拝を捧げます。
6a
私は毎週様々な教会を転々とし、韓国教会の文化や特徴を見ることができています。
母国語ではない韓国語で捧げる礼拝には、いつどんな場においても神様を礼拝する大切さと、国は違えど同じ神様を信じ慕い求めることの不思議さと主の恵み深さを教えられます。
礼拝後には教会の青年たちとボーリングをしに行ったり、ご飯を食べたり、信仰の話をしたり…韓国の地においても信仰の友たちが与えられていることに感謝です。

7a

ざっとでしたが、韓国での生活はとても濃く、私にとって必要な時間を過ごすことができています。
韓国での異文化実習も1ヶ月を切りました。
最後まで、韓国という国、文化、社会の中で滞在者として、また信仰者として学び、神様と人と自分を知り深めていきたいと思います。
それでは、안녕(アンニョン)!

国キ3年・A

HELLO!オーストラリア留学レポート #2

みなさん、こんにちは!オーストラリアから失礼します!

日本の秋、楽しんでいるでしょうか?(^O^)私は暖かい味噌汁と納豆が恋しいこの頃です、、、。

オーストラリアではここ最近、30度を超える暑い日が続いています!日差しがとても強く、日中外に出ていると簡単に体が真っ黒になってしまうほど。留学中のTCU生もだんだんと日焼けが目立つようになり、これから夏が本格的に始まります!!

さて、今回のブログでは私たちの学校生活について紹介したいと思います!留学生活をどのように送っているのか、その全貌が明らかに!!

まず、私たちが通っている学校はIELI(Intensive English Language Institute)と呼ばれる語学学校で、Flinders Universityの広大なキャンパスの中に位置しています。毎日朝9時から授業が始まり、13時までの4時間みっちり英語を学びます。

私たちの3ヶ月間は、「セッション①(5週)+ボランティア(2週)+セッション②(5週)」というふうにプログラムが組まれており、つい最近セッション②が始まりました。先生もクラスのメンバーも少し変わり、また新たな気持ちで英語を学び始めます!

AU02-1

クラスは英語のレベル別に分かれており、もちろん国籍も様々です。(でもやはり、日本人が圧倒的に多い!)生まれ育った環境や言葉も違う仲間との勉強はとても面白く、いろんな国の友達ができます。先生もユニークな人が多く、英語だけでなく様々なことを教えてくれます( ^ω^ )

3つの授業があり、すべてクラスメンバーも先生もバラバラです。13時まで授業が続くので、途中でお菓子やパンを食べて空腹をしのぎます。中には、ご飯を食べながら教えてくれるかわった先生もいます(笑)

AU02-2

コミュニケーションの授業では、このように前に座ってアクティビティをすることも!先生に順番に名前が呼ばれ、一人ずつ出されたトピックについて話します。またグループに分かれて自分たちのオススメのレストランを紹介する発表も行いました。私のグループは韓国料理のお店に行き、そこについて発表しました!あっという間にセッション①が終わってしまい、早くも寂しさを感じている人がちらほらと、、、。

学校の楽しみといえば、お昼ご飯!!ここは、私たちが大好きなカフェテリアです!

AU02-3

ご飯が買えるお店もあり、お昼には学生たちの行列ができます。人気のメニューはなんといっても出来立てホヤホヤのポテト!!たまりません。

また語学学校の学生だけでなく、フリンダース大学の学生もいるのでお昼は学生で賑わいます。ピアノが置いてあり、突然誰かが素敵な曲を弾いてくれることもしばしば。そしてビリヤード台もあり、最近のみんなのお気に入りです(^O^)

AU02-4

IELIは学校生活の一環として生徒にボランティアをすることをオススメしています。

私たちがボランティアをしに外へ行った場所は全部で4つあります。リサイクルショップのようなお店や、おじいちゃんおばあちゃんに届けるお弁当作りと配達、老人ホームに教会のガーデン。そして今回のセッション中にも小学校へ日本語を教えに行くボランティアをします!

AU02-5

やはり実際に現地の人と話し、その人のお手伝いをすることでとても良い経験になりました。ボランティアとして毎日働いている多くの方に出会いましたが、心から尊敬の気持ちです。私たちと関わってくださった方の素敵な笑顔、忘れません!!

サマータイムも始まり、日本との時差が1時間半となりました。毎日あっという間に過ぎてゆくオーストラリアの生活も、残り約1ヶ月です。いつも支えてくださる多くの方々に感謝を込めて、残りの日々も大切に過ごせたらなと思っています。

AU02-6

夏期伝道報告会

こんにちは!

最近涼しい日が続いてるなぁと思っていたら、暑くなったり、蝉の鳴き声が聞こえたり…
もう少し残暑が続きそうな千葉県です。

暑いといえば、今年の夏休みには、多くの学生が参加した夏期伝道がありました!!結構前のことのように感じますが、毎年この時期に夏期伝報告会が行われています。この報告会は、夏期伝に参加できた人もできなかった人も、夏期伝を通して受けた神様からの恵みを分かち合う感謝な時です。

先日、夏期伝報告会と報告チャペルが2日に渡って行われましたので、今日はそのリポートです!

夏期伝報告会では、各チームがそれぞれの夏期伝での様子や活動を5分程度の動画やパワーポイントにまとめて、プレゼンのように報告しました。どのような奉仕をしたのか、各集会や子供会の様子、教会員や地域の方々との交わり、先生方との楽しいひと時などなど。どのチームも本当に沢山の経験をさせていただいたようで、写真や動画に映る学生はとてもいい笑顔でした!

kakidenreport02

夏期伝報告チャペルでは、参加者の方が証をしてくださいました。夏期伝を通して、受けた恵み。考えさせられたこと。みことばを通して語りかけられたことなどを、まっすぐに、素直に分かち合ってくださいました。私たちも共に聞き、神様がなさってくださったことに共に思いを馳せた感謝と慰めに溢れたチャペルでした。

kakidenreport01

夏期伝という限られた時間の中で、また、足りない私たちが何か大きなことをしたのかといえば、そうとは言えないかもしれません。ですが、今回のテーマ聖句(1コリント9:23)「私はすべてのことを、福音のためにしています。それは、私も福音の恵みをともに受ける者となるためなのです。」とあるように、ともに福音の恵みを受ける者となるために一人一人が取り組んだ夏期伝でした。この夏、福音の恵みを少しでもみなさんと共にすることができたなら、こんなに嬉しいことはありません。

この報告会をもって、今年度の夏期伝道の働きは終わりました。ですが、今回の夏期伝を通して与えられた関係は、終わることがありません!私たちもお世話になった教会の方々にまたお会いしたいと思っていますし、ぜひTCUにも遊びに来ていただけたらと思っています!

今年度の夏期伝のために、多くの方々の様々なご支援を心から感謝いたします。

これから学園はシオン祭モードです!
シオン祭まで、あと2週間。ぜひみなさんも遊びに来てください!

次回のブログもお楽しみに♪
広報スタッフ
4年曽川