TCU生のアルバイト事情

みなさんこんにちは!

TCUではシオン祭も無事に終わり、学生は秋学期の後半に向けて徐々にギアを上げ始めているところです。

さて、今回のお題は「TCU生のアルバイト事情」です!

「TCU生って普通の大学生みたいにアルバイトしてるの?」

そんなみなさんの疑問に少しでもお答えできればと思っています!

ということで、今回はアルバイトをしている4人の学生にインタビューをしてみました。


C0C239F6-7468-4614-B408-0A2572BB0380_1_201_aまずは1年生の武藤優奈さんです!

Q. どんなアルバイトをしていますか?

A. 食堂での食器洗いと、近くの飲食店の店員をしています。

Q. 食器洗いってどんなアルバイトなんですか?

A. みんなが食べたお皿を食洗機に流すっていう単純作業のバイトです(笑)。結構スピードが大切というか、授業までの間にみんなの食器を洗い終わって、機械もきれいにして終えなければいけないので。最初はバタバタして大変でしたけど、だんだんと慣れてきたかなと思います。

Q. アルバイトを始めた理由を教えてください!

A. 食器洗いは秋学期から初めて、飲食店の店員は1ヶ月前から始めました。バイトを始めた理由は…やっぱりお金が必要じゃないですか、大学生って(笑)。意外とお金がかかるってことに気付いて、「あ、バイトしなきゃ!」ってなりました。

Q. アルバイトをしていてよかったことはありますか?

A. 飲食店のアルバイトを始めて、クリスチャンではない人との関わりが多くなりました。TCUにいるとクリスチャンしかいないからそれが当たり前になるんですけど、そうじゃない人の方が世の中には多くて、その人たちと関わる機会が与えられているなと思っています。TCUで学んだことを実践する場ですね。外との関わりがなくなってしまうからこそ、いい機会かなと思っています。

Q. 逆に大変なことはありますか?

A. 飲食店には週3、多い時は週4で入っているんですけど、忙しいですね。TCUでのやることと、バイトと、課題と…。結構スケジュールがいっぱいになって、1週間が一瞬で終わっちゃうみたいなことが多くなりました。

 

なるほど、TCU内にも食器洗いのようなアルバイトがあるんですね。

学外のアルバイトをしていてよかったことも、TCUにいるからこそ考えさせられることですね。


5D2BC908-EBD0-44C7-B700-673C3CF8D697_1_201_aさて、次は3年生の宮園裕行くんです!

Q. どんなアルバイトをしていますか?

A. TCUから自転車で行ける距離にある学童で、2年生の5月からアルバイトをしています。

Q. 始めたきっかけはなんですか?

A. 先輩から誘われたのがきっかけです。元々子どもに興味があって、できればそういう系のアルバイトができればいいなと思っていたので、ちょうどよかったです。

Q. 学童のアルバイトをしていてよかったことはありますか?

A. 子どもの成長が目に見えてくるというのがすごく自分にとってのやりがいにつながりますね。特に自分が教えたことができるようになっているのを見ると、やりがいを感じます。

Q. 大変なことは?

A. やっぱり家庭環境が一人一人違うので、自分の価値観を押し付けてしまっているんじゃないかなっていう時もあって、そういう時にすごく悩んだりしますね。

 

アルバイトにやりがいを感じられるというのはすばらしいことですね。

学童の働きに対する彼の熱い思いを感じます。


BC16E38F-83F8-46EA-8683-0D6BB1B250D6_1_201_a次は3年生の教職課程にこの4月編入した石橋彬斗くんです(写真左)。

先ほどインタビューした宮園くんもついてきたので、一緒に写真をパシャリ。

Q. どんなアルバイトをしていますか?

A. TCUから自転車で行ける距離にあるカフェでアルバイトをしています。

Q. 始めたきっかけは?

A. アルバイトは元々しようと思っていたので、最初は時給がいい某大型スーパーに応募したんですけど、人がいるから大丈夫と言われたので、ネットで見つけた近くのカフェに応募したという感じです。カフェは元々やりたかったんですよね。コーヒーが好きで、バリスタになりたくて。でも行ったらそういうカフェではなかった(笑)。

Q. アルバイトをしていてよかったことはありますか?

A. TCUにいるとどうしても外に出なくなるので、アルバイトをするとそういう機会ができていいですね。僕はそういうのが性に合っています。クリスチャンに浸りすぎると楽したくなっちゃうので。

Q. 楽したくなっちゃうというのは具体的に?

A. えー、居心地いいじゃないですか、教会も同じで。でもアルバイトをしていると、お客さんも同僚も神さまのことを知らないじゃないですか。それでも自分がクリスチャンであることを言えて、かつ受け入れてもらえる。そこにあって神さまをいろんなかたちで証しできる。言葉だけじゃなくて、クリスチャンってこういう感じなんだっていうのを証しすることができるので。そういう祈りをもってやっています。

Q. 大変なことはないですか?

A. いや、授業との両立は大変ですよ(笑)。最初はいけるかなーって思ってたんですけど、課題が増えていくと、課題がやっつけ仕事みたいになって行きますからね。まあ仕事は常にやっつけですけど(笑)。

Q. 最後に何か伝えたいことがあれば!

A. TCU生活はアルバイトをしなくても十分に充実しています。でも、アルバイトをすることをあえてオススメします。外に出てお金を稼ぐというのは社会の誰もが経験することだし、普通の大学生も経験することだし、それをしなければ分からないこともあると思うので。働く大変さとか縛りとか。習った神学を実践できる場所だし、そこで得た疑問を神学で解決することができるので、そういう意味でオススメですね。

 

アルバイトも証しの場、神学の実践の場。興味深いですね。

彼のように編入生で学外のアルバイトをする学生は少ないのですが、アルバイトをするからこそ学べることも大いにあるようです。

隣にいた宮園くんも、「なるほどなるほど」と肯いていました。


1F9A0B3E-DE72-4738-89AC-EDC852A305D9_1_201_aさて、最後は4年生の遠田ゆりなさんです!

Q. どんなアルバイトをしていますか?

A. 教会音楽アカデミーの受付のアルバイトをしています。年に数回ある公開講座や、コンサートとかがあるときにやっていますね。

Q. そのアルバイトはどうやって始めたんですか?

A. 私はオルガンレッスンを受講しているので、多分職員の方がそれを見て声をかけてくれたんだと思います。

Q. そういう学内アルバイトってTCUに色々あるんですか?

はい、いっぱいありますね。食堂だけじゃなくて、キャリア支援室の手伝いとか、イベントごとの駐車場係とか?

Q. 学内アルバイトならではの良さってありますか?

A. 手軽で、時給もよくて…えー、なんていうんですか、気持ち的に楽ですね。バイト前って結構ソワソワしたりしますけど、それもなく、すぐに歩いて行けてバイトできて。図書館バイトとか楽しそうですね。

Q. 大変なことはありますか?

A. 無茶ぶりや臨機応変に対応しないといけないことがたまにあって、プチパニックなることもあります(笑)。

Q. 最後に何か一言あれば!

A. 学内アルバイト、オススメしますよ!

 

学内アルバイト、確かに手軽で手が出しやすそうですね。

かく言う僕も2つ3つほど学内アルバイトをしています!オススメですよ (^^)


 

以上、アルバイトをしているTCU4名へのインタビューでした。

TCU生のアルバイト事情が少しは伝わったでしょうか?

忙しいTCU生活の中でもみんながんばっている様子が伝わりますね。

僕自身、インタビューをしながらとても励まされました!

インタビューを受けてくださったみなさん、ありがとうございました!

 

学生広報スタッフ K. Saito

教会実習ってなに??

突然ですがみなさん、TCUには全学科・学年に共通して存在している一つの単位があるのをご存知ですか?

そう、それは「教会実習」です!

1年生から大学院2年生まで、全ての学生は年度始めに「実習計画書」を学校に提出し、その年の実習教会と実習内容・目標を決めることになっています。

今回はそんなTCU生の教会実習の実態に迫るべく、学年・学科がバラバラな3人の学生にインタビューをしてみました!


一人目は、キリスト教福祉学専攻1年生の飯島謙太郎くんです!

fullsizeoutput_2ea9

Q1. 実習している教会を教えてください!

日本ホーリネス教団の池の上キリスト教会です。

Q2. その教会で実習することになった理由は何ですか?

母教会で、生まれる前から両親が通ってました。

Q3. 具体的にはどのような実習をしていますか?

メインはCSの教師をしています。メッセージ、司会、ギター奏楽をしています。また実習生になって、礼拝の司会もするようになりました。

Q4. どのような思いで実習をしていますか?

母教会だっていうのがあるので、小さい頃から育ててもらった教会に恩返ししていきたいと思っています。

Q5. 今年の教会実習の目標は何ですか?

CSの奏楽者が減っているので、次世代を育てていきたいです。ギター1本で奏楽できるようにもなりたいですね。

Q6. 最後に何でも一言どうぞ!

母教会での実習もいいですよ!実習としてちゃんと成り立ちます!

 

爽やか笑顔の謙太郎くん、母教会への愛が伝わってくる答えです!

実は謙太郎くんのように母教会で実習をしている学生もTCUには多くいます。

入学前とは少し違った視点で教会を見ることができるようになるのかもしれませんね。


二人目は、国際キリスト教学専攻2年生の吉田杏奈さんです!(写真右)

写真を撮ろうとしたら、留学生のクレンさんも加わってきました。笑

fullsizeoutput_2e76

Q1. 実習している教会を教えてください!

日本同盟基督教団の平和台恵教会に行っています。去年から行っているので、今年で2年目です。

Q2. その教会で実習することになった理由は何ですか?

私は自分で決めたというわけではありませんでした。入学当初、初めは別の教会に行く予定だったんですけど、人数などの関係で行けなくなってしまったんですよ。

それでどうしようか迷っていたんですけど、そうしたら偶然食堂で前に座った先輩が「一緒に行かない?」って誘ってくれて、それで行くことにしたんです。祈って悩んでいた時に、神さまが導いてくださったと思っています。

Q3. 具体的にどのような実習をしていますか?

CSの司会やメッセージ、礼拝前の賛美リード、礼拝中のPA、青年会への参加とかですね。

Q4. 教会実習の恵みを教えてください!

去年は二人の先輩がいたので、その先輩たちの奉仕の姿から、隠れたところでの奉仕の大切さを学びました。お二人のおかげですごく成長したと思います。プライベートなことを話せる仲になれたのは本当に恵みでした。

Q5. 今年の教会実習の目標は何ですか?

奉仕を楽しむという気持ちを忘れずに、教会の人たちと交わって、御言葉の学びには真剣に、奉仕には積極的に取り組んで、去年の自分よりもステップアップしていきたいです。あとは、青年との交わりをリードしていきたいですね。中心になって盛り上げていきたいです。

Q6. 最後に一言どうぞ!

車で教会に行くのをオススメしますね!もちろん電車でも他の実習生と話せますけど、車の方がパーソナルスペースで色々話せるので。

 

杏奈さんにとっては一緒に実習した先輩の存在が大きかったようですね。

実習生同士の交わりもTCUの教会実習の醍醐味の一つなのかもしれません!


最後の一人は、神学科教会教職課程4年生の奥山仰輝くんです。

okuyama

Q1. 実習している教会を教えてください!

日本長老教会の西船橋キリスト教会です。

Q2. その教会で実習することになった理由は何ですか?

以前にその教会で実習していた先輩と話していて、先生の説教が素晴らしいとオススメされたので、行くことにしました。また、もともと他教団の教会に行こうと考えていたので、その自分の希望とも合致しました。

Q3. 具体的にどのような実習をしていますか?

教会学校のサポート、小会への陪席、聖歌隊への参加をしています。この後には礼拝司会と説教の奉仕が控えています。

Q4. 教会実習の恵みを教えてください!

長老教会は教会政治がよく整っているという印象があるので、そこで仕えている長老や執事たちの姿から学びながら過ごしています。

Q5. 今年の教会実習の目標は何ですか?

さっきの質問と重なりますが、長老教会の教会政治の利点から学ぶことができたらと思っています。また、説教の奉仕も初めてなので、教会において御言葉を取り次ぐということがどういうことかを考える機会になったら良いなと思っています。

Q6. 最後に一言どうぞ!

TCUでは母教団の教会だけでなく、他教団の教会でも実習ができるということが強みだと思うし、僕にとってはそれが貴重な経験になっています!

やはり教会教職課程の学生ともなると実習内容も変わってくるようですね。
他教団の教会での実習は確かに貴重な経験ですね!


 

以上、3人の学生からのインタビューをお届けしました。
学年・学科によって奉仕内容は様々ですが、それぞれにたくさんのことを学んで経験しているようですね。
週日は机の上で、そして週末は教会で。その両方の学びの場が与えられているのはとても幸いなことだなぁとインタビューをしながら僕自身も思わされました。
これからも精一杯教会に仕えることを学んでいきたいものです!

学生広報スタッフ K.Saito

期末直前インタビュー!

みなさんこんにちは!

さて、先日の投稿でも触れられていましたが、TCUは現在期末期間の真っ最中です!

期末テストを11/20~22に控える中、レポートにテスト勉強にみんな励んでいます…!

心なしか大学全体の雰囲気もピリピリとしてきたような気がします(笑)

それほどみなさん一生懸命取り組んでおられるということですよね。

ということで、今回は期末直前のTCU学生3人に期末に関するインタビューをしてみました(※インタビュー日は11/15-16)!

TCU生のリアルな声(悲鳴?笑)をぜひお楽しみください(^ ^)


さて、一人目は国際キリスト教学専攻1年生の山本佑吾くんです!

fullsizeoutput_2787

Q1. 今回の期末ではどのようなテストやレポートがありますか?

まずは旧約聖書概論Ⅱで、小預言書の要点や背景などを含めながらまとめるみたいなレポートがあります。一つ400字以上なんですけど、12書あるのでなかなかきついですね(笑)。キャリア教育では、ルターの『キリスト者の自由』を読んで、自分の思う「働くこと」とコネクトさせてレポートを書きます。あとはキリスト教世界観Ⅱの賀川豊彦が現代に生きていたらどのような活動をするのかについてのレポートや、Total Englishの一番気に入った多読本の紹介文があります。テストは今回は神学入門だけです!

Q2. 現時点での進み具合はどうですか?

3分の2くらい終わってる感じですね。割とできてます!

Q3. 最後に意気込みをお願いします!

とりあえず、がむしゃらに頑張ります!

 

「がむしゃら」、いい言葉ですね!写真もいい笑顔です。

机が多少荒れ気味なのは期末前だからでしょうか?笑


続いて二人目は神学科教会教職専攻3年生の大倉彩也香さんです!

fullsizeoutput_2780

Q1. 今回の期末ではどのようなテストやレポートがありますか?

テストはギリシャ語、新約聖書研究Ⅱ、キリスト教史Ⅱの三つです。そしてレポートは、旧約聖書概論Ⅱ、新約聖書研究Ⅱ、キリスト教哲学、キリスト教倫理の四つです。

新約聖書概論Ⅱはテストとレポート両方あるので大変ですね〜。あとキリスト教史Ⅱは補講の直後にテストをすることになっているので、それが少し不安です…。

Q2. 現時点での進み具合はどうですか?

レポートは全部終わったので、あとはテスト勉強だけです!がんばりましたよホントに〜。いや〜、大変だった(笑)

Q3. 最後に意気込みをお願いします!

テストやレポートもそうなんですけど、ただ評価のために頑張るんじゃなくて、神さまの御心を知るために試験やレポートに挑めたらいいなと思っています!

 

この段階でレポートが全て終わっているとはすばらしい!

僕も見習いたいものです(笑)


最後は大学院教会教職課程1年生の武井誠司さんです。

fullsizeoutput_2781

Q1. 今回の期末ではどのようなテストやレポートがありますか?

今回は、二つのテストと四つの最終レポートがありますね。テストはギリシャ語講読と聖書解釈学。レポートの方は近現代プロテスタント神学、聖書解釈学、五書研究、日本キリスト教史と幅広く、様々なジャンルに渡っています。脳みその切り替えが大変です。

Q2. 現時点での進み具合はどうですか?

なんとかレポートはあと二つというところまでこぎつけましが、内容が難しくて…。まだゴールははるか先のような気がします(笑)。テスト勉強と同時並行というところも中々大変ですしね。でもテスト二つと少なめな点は、少しばかり気が楽です。

Q3. 最後に意気込みをお願いします!

最後まで諦めないことが大事だと思っています。毎回、ギリギリまで追い込まれるのですが、なんとか今までやってこれましたので、今回も最後まで足掻こうと思います(笑)。

あと、追い込まれると本来の目的を忘れがちになっちゃうんでね。勉強が目的ではなく、牧会者として仕えるために学んでいるんだということを忘れずに祈りつつ、取り組みたいですね。

 

さすが大学院生、踏んできた場数の違いを感じさせますね。

写真の笑顔が少し疲れ気味なのが気になりますが…笑

 

期末直前インタビュー、いかがだったでしょうか?

残りの期間も精一杯がんばっていきたいものです!

 

さて、僕もレポートに戻らなければ…(笑)

 

学生広報スタッフ K. Saito