いろんな活動の拠点、学生会館!

こんにちは!
多くの台風の影響か、涼しくなったり暑くなったり、気候の変動がかなり大きいですね。毎日、半袖を着るべきか長袖を着るべきか迷う日々を過ごしています。
また台風の被害が、多くの地域で出ていると思います。これ以上大きな被害が出ることがないようお祈りしています。

さて、10月に入り、みなさんお待ちかねのシオン祭が近づいてきました!
今年も、多くの出店がでるみたいですし、ゲストスピーカーによるメッセージやミュージックゲストのライブなど盛りだくさんなスケジュールになっています!楽しみですねぇ~
多くの方が足を運んでくれることに期待しつつ、学生たちも一生懸命準備をしています。
そして、その準備のために多く用いられる場所が学生会館です。
みなさんは、食堂の上に部屋があるのをご存知でしたか?
そこでは、こういった学校のイベントの準備やサークル活動の準備などに多く用いられる場所になっています。

学生会館2

これは、学内対象のシオン祭でのチャペルの奏楽練習ですが、このようにドラムやキーボードなども置いてあり、バンド練習の場としても使われています。
中には暇な時にふらっとドラムを練習しに来る人もいます。
その他にも、シオン祭の装飾準備など各イベントの準備に使われることがあります。

学生会館1

またサークル活動のために小部屋もいくつか備えられています。
わわわ伝道サークルや、人形劇サークルなどの備品がここにあり、ここで準備をして、各活動に向かっていきます。まさに学生の諸活動、奉仕の拠点なのです!

このようにいろいろな活動がここを用いているため、予約をしておかないとなかなか使えない時もあります。特にこのシオン祭の時期は、多くの準備があるため早めに予約をしないといっぱいになります。ですが、空いている時にふらっと楽器を弾きにきたり、いろんな準備の合間にお話をしたり。学生のたまり場みたいな場所でもあります。なので、この学生会館は多くの意味で学生にはなくてはならない部屋なんです。

以上学生会館の紹介でした。
シオン祭に向けての準備も大詰め。シオン祭委員の人を中心に頑張っていますので、ぜひみなさんお越しください!
お待ちしております!

教会教職4年 大平宙武

スペシャルメドーグラス

毎週木曜日に行われるメドーグラス。 今回は学生がとーっても楽しみにしているスペシャルメドーグラス 可愛く装飾されたバルナバホール。

42554754_2263758163896304_4434564242904973312_n

5種類の手作りパウンドケーキといれたてのコーヒー、紅茶。

42497180_543794002740625_2910808879640084480_n

たくさんの学生、教職員の方々で席は常にほぼ満席状態でした!

42581007_301825470646225_4443794806228910080_n 42586339_2212620878957112_835501302350872576_n

学生によるマジックも披露され、各テーブルを回って行われたマジックのあまりのクオリティの高さに驚きの声が次々に上がりました。

42524097_2148031398804973_6941685667470508032_n

普段なかなか話す機会のない人との交わりの場としても、学生と教職員の交わりの場としても、笑顔あふれる素敵な空間でした。

42558947_442338556289553_1057768466964021248_n

国キ4.Toyama

オーストラリア海外語学研修2018リポート#1

G’Day! (こんにちは)

みなさん、夏が過ぎ、秋が近づいていますが、お元気でしょうか?
カンボジア、フィリピンに続けて今度はオーストラリアです!
私を含めて国際キリスト教学専攻7人+神学科1人で8月24日から11月19日まで語学研修としてオーストラリアに滞在しています。
3ヶ月間 IELI( Intensive English Language Institute)のコースを学びます。
現在、オーストラリアに来て4週目を迎えています!
それではこれまでの約4週間どんなことがあったか一緒に見ていきましょう〜!

41965153_314231566048044_1889625300585676800_n 42045508_2044372565584581_3280073357248167936_n
8月24日に私たちは成田空港から出発しました!送りに来てくださった方々ありがとうございました!パスポートがとてもカラフルですね笑

41991142_898497120339064_6688156741579833344_n
長〜いフライトを終え、Flinders大学に無事に着きました!みんなステキな笑顔ですね〜!(疲れててもカメラを出せばやっぱりみんな笑顔になります笑)

42044470_2087636938217877_3901001941781577728_n

ここはFlinders大学のメインキャンパスです。
キャンパスが大きいので、大学専用のバスで行きます。私たちもいつでも行って施設を自由に使えます!

42095923_467196433766385_2070610227392151552_n 41962036_490166304786447_7016034510596734976_n
こちらはシティーです!日本ではあまり見られない建物がたくさんあって本当に外国って感じがします。(日本ももちろんステキです🇯🇵)
シティーではチャイナタウンもあってアジアのレストランも多く、日本食が恋しくなったらいつでも食べに行けます!

41991671_537814806664093_7524575676578398208_n

楽しそうに見えるここはどこでしょうか!
アデレードでは一年に一度、アデレードショーが十日間開かれます!楽しいアトラクションもたくさんあり、色んな動物のレースもあったり、ほかにも楽しめることがたくさんありました!もしアデレードに遊びに行く予定がある方はアデレードショーに合わせて行くと楽しい経験になると思います!

41939051_2373509959543023_6312524171796545536_n

こちらはBrightonビーチです!学校の後ビーチに行ってみんなでジャンプ!この写真を撮るために何度ジャンプしたことか。。。笑

42113742_2199456087008431_8804531563497783296_n 42059491_316483929085342_9110414092027297792_n 42045193_1883631748381452_2982390148919984128_n
さてさて!オーストラリアと言えば?!
コアラとカンガルーですね!この有名な方々に会いに行ってきました!コアラはとてもふわふわしていて可愛いかったです!(何人か、飼いたいという人もいました笑) そしてカンガルー!小さいカンガルーもいましたが、とても大きなカンガルーもいました!(怖かったという感想もありました笑)
コアラとカンガルー以外にも多くの動物に会えました。やっぱりオーストラリアは自然が綺麗で動物達も可愛いかったです!

41974118_252947772029343_8806714768388784128_n

最後にオーストラリアに来て思っていることは、なぜかオーストラリアの空はとても大きいということです。毎日こんな綺麗な空を見ながら癒されています。

あ、全てオーストラリアで楽しんでいる写真ですが、もちろん学校にもしっかり行って英語を学んでいます!笑

それでは、一旦オーストラリアからの報告は以上になります!これから約2ヶ月が残っています。次回の報告を楽しみにしていてください!

See ya!

国キ2年 EJ.J

STAND IN THE GAP Tシャツ完成!

みなさん、こんにちは!

 

夏の猛暑も過ぎ去り、だんだん秋らしい天気になってきました。

 

前回の更新からしばらく空いてしまいましたが、また学生ブログも再開です!これからもバシバシ更新していきますので、どうぞよろしくお願いします!

 

突然ですが、TCUにはオリジナルTシャツがあることをご存知ですか?実は、学生向けにではありましたが、夏期伝やバイブルキャンプ、教会インターンなどの実習のためにと、毎年色違いのものが作られていました。

 

ですが、今年はなんとそのデザインが一新され、さらにバーションアップしたものが出来上がりました!それがこちら!

 

8038AAC4-681D-4CE8-AAD6-4CE06D0A4ABB

(デザイン:ホンダマモル氏、TCU卒業生)

 

「STAND IN THE GAP」

 

TCUは「STAND IN THE GAP 破れ口にキリストの平和を」というコンセプトを掲げています。この世界にある様々な「破れ口」というギャップに立ち、キリストの平和を実現する者が必要とされています。

 

TCUは、この世界の破れ口に立つキリスト者を育成することを目標とし、学生もまたそのような者としてこの世界に派遣されるべく日々の学びに励んでいます。

 

とはいえ、「破れ口」とは誰かに言われてわかるようなものではないように思います。それぞれがこの世界に生かされている者として考え、この世界の痛みや悲しみに向き合う中で、見つけられるものです。私たち学生は、日々の学びの中で、破れ口を見つけるために、それぞれに与えられている召しを確認しながら、将来への備えをしています。

 

そんなTCUのコンセプトがカッコよくデザインされているTシャツが今年できあがり、多くの学生は毎日のように着ています(実際は毎日ではありませんが、それくらいよく見かけます)。みんなお気に入りなようです。

 

DD8D97A2-D4F6-4C01-8FEE-122A2ECF81B0

 

というTCUの内部事情はさておき、今日はこのブログを読んでくださっている皆さんにとっておきのニュースがあります!!

 

な、な、なんと、このTシャツがTCU公式グッズとして販売されることになりました!つまり、TCU生だけではなく、誰でも手に入れることができるということです!

 

 

お値段は1,500円で、サイズも各種(S M L XL)用意してあります。肝心の購入方法ですが、TCUに直接お越しいただき、購入していただく形になります。「ちょっと遠いなぁ〜」という声が聞こえてきそうですが、身近にいるTCU生に買ってきてもらうこともできます!TCU生と関わるよい機会になること間違いなしです!

 

10月にはシオン祭が予定されていますが、その際には定価からさらに割引があります!ぜひ、シオン祭を楽しんで、Tシャツもゲットしに来てください!シオン祭には、ナイトdeライトもミュージックゲストとして来られます!

 

 

ぜひ、みなさんと共に、この世界の破れ口に立つ者を目指すべく、同じ思いを共有できたらと思っています!!!

 

今回のブログは以上です!
夏休みが終わり、夏の終わりも近づいているなぁと感じる今日この頃ですが、今週は夏季休暇中に行われた「夏期伝報告会」も予定されています。この夏に各チームが受けた神様の恵みを聞けるのが今から楽しみです。

 

次回のブログもお楽しみに♪

TCUのこんなところが知りたいということがあればぜひコメントを!

広報スタッフ 曽川

 

異文化実習 in フィリピン

マガンダン タハーリ!(こんにちは!)

みなさん、いかがおすごしですか?暑い暑い夏休みが終わり、秋学期がいよいよ始まりました。今日は夏休みに行われた「フィリピン異文化実習」について報告させていただきます!

前回のブログでカンボジアにて異文化実習を行ってきた学生の報告がありましたが、私はフィリピンへ行ってきました!異文化実習とは異文化の地に「訪問」ではなく「滞在」することで、ゲストとして異文化に出会うのではなく、生活者として異文化を体験することを目的としているプログラムです。今回は、私を含めて国際キリスト教学専攻の学生5人で7月9日から8月3日までの約4週間をフィリピンで過ごしてきました。

IMG_5422

 

私たちの実習先は、FHフィリピン(国際飢餓対策機構フィリピン)。現地のスタッフとともに火曜日から土曜日まで活動をし、日曜日には現地の教会へ行き、月曜日はオフの日、という流れでした。主な活動内容はFHフィリピンが支援するコミュニティに行き、学校や家庭を訪問すること。学校では日本語を教えたり、折り紙を一緒に作ったりしました。現地ではタガログ語が話されていますが、私たちはタガログ語が話せないので子供達とは英語でコミュニケーションをとります。

IMG_5884

一緒に折り紙で風船を作った時の様子です!みんな真剣に私たちの説明を聞いて、一生懸命小さな手を動かしていました。どの学校でも子供達が元気良く迎えてくれて、私たちを見つけると走って駆け寄ってきてくれます。先生方もとても暖かく歓迎してくださいました。私たちが帰る時間になると、「また来てね」と言ってくれる一人一人がとても愛おしく感じる時でした。

 

IMG_5684IMG_5785

IMG_5731

そして家庭訪問も行いました。FHフィリピンがサポートしている各ファミリーを訪れて近況を伺ったり、一緒に何かを作ったり。上の写真はカゴを作っているお宅にお邪魔した時の様子です。ナナイ(タガログ語:お母さん)のカゴ編みの早さには驚きでした!そしてココナッツを収穫しているお宅に半日ホームステイし、一緒にココナッツを取りに行ったりも!タタイ(タガログ語:お父さん)の圧倒的な力の強さにはただただ驚きでした!また外でフィリピン料理アドボーを作ったり。後ろを振り向けば野良犬や鶏がうじゃうじゃいるワイルドな環境でしたが、とても美味しくできました!

家庭訪問の際に、現地の人がどのような暮らしをしているのか、何で生計を立てているのか、どのようなコミュニティに住んでいるのか、一つ一つ丁寧に紹介し、どこのお宅でも私たち日本人を歓迎してくれました。フィリピンで出会う一人一人はとても暖かく、笑顔がとっても素敵な方々です。

 

IMG_1416IMG_5919

時には船に乗ってコミュニティへ行くことも。スラという島へ行った時、子供達がビーチへ連れて行ってくれました。とても綺麗で静かで辺り一面見渡せる美しいビーチでしたが、ビーチに行くまでの道のりにはゴミがそこらじゅうに放置されていたり。そんな様子からフィリピンの現実の厳しさを目の当たりにする実習の時でもありました。それでも子供達は元気に裸足で駆け回り、自由奔放に力強く生きています。

 

IMG_6008IMG_5885

私たちの実習を支えてくれたFHフィリピンのスタッフは皆優しく、面白く、一緒にいると笑いが絶えない人たちです。移動中や食事をしている時も一緒にいるだけで元気をもらい、私たちのために全力でサポートしてくださいました。そんな日々がとても懐かしく思います。目上の人を敬う心を大事にするフィリピンの人から、私たち日本人も相手に対して敬意を払うことを改めて学んだ気がします。

私たちの実習はビコール地方のダエットと呼ばれるところで行っていました。フィリピンの首都マニラとは別の島にあります。マニラにいる時(上の写真左)もダエットにいる時(上の写真右)も私たちTCU生を本当の家族のように思ってくれました。たとえ今離れていても、国境を超えた神の家族が与えられたことに心から感謝しています。

 

IMG_5229

言葉がうまく通じなかったり、フィリピン人の時間にルーズでのんびりな性格に振り回されたり。いろんなことがありましたが多くの出会いが与えられ、充実した実習であったことに行ってよかったと心から思います。そしてたくさんの祈りに励まされ、支えられ、私たちが無事に帰ってこれたこと感謝しています。

この経験と出会いを忘れずに、これからもフィリピンのために祈り続けるものでありたいです。そしてTCU生の皆さん、ぜひフィリピン異文化実習に参加して欲しいです!

サラマッポ!(ありがとう!)

 

次回のブログもお楽しみに!

国キ3年 M.H

異文化実習 in カンボジア

スオスダイ!(こんにちは!)

 

私はこの夏、国際キリスト教学専攻の選択必修科目である「異文化実習」のため7月11日から8月10日までの1ヶ月間カンボジアに行ってきました。

初めの3週間は日本語教師としてのボランティアを、残りの1週間の団体主催スタディーツアーに参加してきました。

 

実習先はカンボジアで活動するNPO法人GLOBE JUNGLE(以下、グロジャン)。

孤児院の運営や学校建設・運営、女性への職業訓練等、幅広く支援を行っておりで日本人女性が活躍している団体です。

今回私はグロジャンが支援する中の一つ、プレイクランフリースクールにて日本語教師のボランティアをさせていただきました。

39947183_302802177150028_2832899285287174144_n

プレイクラン村はプノンペンから車で3時間ほどの場所にある村です。

道は整備されておらず、家は手作りの高床式で蚊帳を張って寝ます。家の扉や窓は開けっ放しのため、犬や猫、虫が入ってくるのは当たり前。夜中に動物の鳴き声で目が覚めることも多々あり、初めの頃は寝不足が続いたこともありました。

39972168_724469134564509_6142662686300700672_n

数年前に電気が通り、電球の使用やスマートフォンの充電(村の人たちはみんなスマートフォンを持っています!)が容易にできますが、未だにガスと水道は通っていません。料理は火を起こして行い、水は雨水を貯めた水瓶から汲んできて料理や洗濯をします。シャワーも当然ないため貯めてある水を桶ですくって浴びるといった、日本人からしてみればタイムスリップしたかのような生活を送っています。

39937536_506743496419450_4180991018721607680_n 40069275_257708378192599_8848663855702736896_n

このプレイクラン村にてフリースクールの校長先生宅にホームステイをしながら3週間、約140名の子どもたちに日本語を教えました。

授業は1日7回。ひらがなや単語に始まり、文法や日本語の歌も教えました。

もちろん私はクメール語が全くわからないので、授業はすべて日本語で行います。

経験も知識もありませんでしたが、私の「教えたい!」という気持ちと、子供達の「日本語を勉強したい!』という気持ちが合わさり、教材不足になるほどに進みが早く子供達の熱意には本当に驚かされました。

39962154_486440885100661_5130040819608190976_n

 

毎日キラッキラの笑顔で登校してくる彼ら。

スコールが来たって、停電して電気がつかなくたって、休日だって、そんなの彼らには一切関係ありません。

少しでも時間があれば「せんせい!スタディー!ジャポン!」と声をかけてくれて、休み時間になればお菓子くれたり、一緒に折り紙したり、お絵描きしたり。

彼らの勉強熱心さ、人懐っこさに日々たくさんのエネルギーをもらい刺激を受けました。

39943572_2150011808547019_2840653341933961216_n

 

この学校には親を亡くした子や、出稼ぎのために両親と離れて暮らす子どもが多くいます。みんなまだ小学生で寂しいはずなのに、そんな姿はこれっぽっちもありません。学校から離れたところに暮らす子や親からの送り迎えがない子は、上級生の自転車に乗せてもらって登校します。

家に赤ちゃんがいれば、親や兄弟関係なく近所のおじちゃんおばちゃん、近所の子供達みんなで可愛がり世話をします。そのためみんなとっても仲良し!

39927858_234100023861887_6450733586566873088_n

 

言葉も通じない、日本語教師の経験もない、ネット環境もなく日本人ただ一人という環境での3週間は大きな不安と緊張で始まりましたが、村の方々の優しさと、子供達の笑顔と熱意に励まされ、3週間後には涙が溢れてサヨナラが嫌で寂しくてしょうがなくなっていました。

 

スタディーツアーでは、世界遺産アンコールワット巡りやポル・ポト政権による大量虐殺が行われたトゥールスレン博物館訪問、村の井戸掘り、カンボジア日本語学校の生徒との運動会など文化と歴史に触れる1週間を過ごしました。

40009880_216523755880170_506438122360274944_n

異文化実習でのカンボジア行きは異例のことでしたが、多くの方の祈りと協力によってこのような素晴らしい経験をさせていただきました。

たくさんの笑顔と優しさに触れ、大好きになったプレイクラン村とカンボジア。

彼らに出会えたこと、日本語教師としてボランティアが出来たこと感謝しつつ、まだまだ多くの必要があるカンボジアのために続けて祈っていきたいと思います。

39937381_481367889008523_3746241990795198464_n

チョムリアップ リア!(さようなら!)

 

国キ4年:Toyama

 

 

Farewell Party in 女子寮!!

みなさんこんにちは!セミが鳴く季節になってきましたね~

TCUの夜もだんだんと寝苦しくなってきましたが、、、期末期間も終わり、春学期も終わり、いよいよ夏休みが始まります!

と、その前に女子寮ではこの夏に卒業する留学生のための歓送会がもたれました。その様子を写真とともにお分かちします!

今年は、この夏に卒業する留学生2人とプログラムが終了し母国へ帰る短期留学生1人の合計3名を女子寮から送り出します。4年間または1年間とそれぞれがこの日本の地で学び、暮らし、TCUで女子寮生として過ごしてきました。そんな生活も間もなく終了。彼女たちの卒業は誇らしく、同時に寂しいそんな気持ちです。

女子寮歓送会は毎回恒例の「JUMBO」を歌ってスタートです!歌って踊って元気いっぱい。

IMG_4851

そして今回卒業していくメンバーに友人からのお手紙タイムです。それぞれが思い出を語り、感謝を語り、御言葉を分かち合い、とてもほっこりするときでした。最後にはありがとうのハグを交わしていました。女子寮でともに過ごし国境を越えて友人になれること、同じ神様を信じる神の家族になれること、その喜びをひしひしと感じました。

 

IMG_4856

IMG_4878

IMG_4867

 

またいつか再開できることを祈りつつ、神様に卒業生たちのこれからの未来を委ねて期待していきたいと思います。一生の友人、みんな大好きです!

 

IMG_4891

 

最後に歓送会にきていた全員で写真を!

みんな素敵な笑顔~!!女子寮って改めていいところだなと思えた良い歓送会のときでした。別れは寂しいですが、新たな出会いに期待して私たちも元気良く彼女たちを送り出したいと思います!

Thank you so much for your everything!! And God bless you!!!!

以上、女子寮夏期卒業生歓送会の様子でした。みなさん、素敵な夏をお過ごし下さいね!

次回のブログもお楽しみに~!

国キ3年 M.H

 

テスト直前!

梅雨も明けむしむしと暑い日々が続いていますね。
熱中症や脱水症状などにならないようよく水分を取って体調管理には気を付けていきたいところです…

さて、この暑い夏がやって来たところで、TCUでは春学期の学期末を迎えています。今年の春学期もあっという間でした。新入生が入り、スプリングリトリートなど大きなイベントを終え、夏期伝の準備に取り組んでいるところではありますが、今学期も残すは学期末テストのみ。
そこで今回はテスト特集ということで、TCU生のテスト前を少し紹介したいと思います!

テスト前、学生は様々なところでレポートや勉強しています。図書館や自室、スタディルーム、ファミレスなどそれぞれが集中のできる場所でやっていることでしょう!
ちなみに図書館は普段は9:00-21:00までなのですが、なんとテスト1週間前になると23:00まで開けていただけます!
レポートなど資料を夜遅くまで使いたい方にとってはありがたいことです。

テスト特集➀

図書館では個人の勉強やレポートの資料集め以外にもテスト前に勉強会などで使われることもあります。
テスト特集②

これは僕も今学期受講しているヘブライ語講読・釈義Ⅰの勉強会の様子ですが、みんなで集まって授業の復習をしながらテスト対策をしていました。
正直僕は授業についていけていない時があったので、このような勉強会はすごーーーーーーく助かりました。
このようにテスト前は図書館を有効活用する人が多くいますが、自分の部屋でのんびり勉強するもよし。友達とファミレスなどで勉強するもよし。寮のスタディルームで静かに勉強するもよし。それぞれがそれぞれのやりやすいように勉強しています。

さて、この学期末はどのくらい忙しいのか気になる方がいるかもしれません。
そこで少し僕の隣人(隣の部屋のお友達)I君にインタビューをしてみました。
I君は今年から教会教職専攻3年生ですが、この学期末はテストが3つに最終レポートが4つあるそうです。
「レポートもまだ残っていてテストも3つあるので、これから頑張らないといけない。」とつらそうに答えていました。
テスト特集③

僕は、今回テスト2つにレポートは1つと少しゆとりがありますが、中にはI君のように少し多い人もいるでしょう。特に教会教職専攻に3年次で編入された方は毎年学期末が大変そうです。なので、みんなでする勉強会などが重要になってきますね。

春学期は、夏期伝や福祉実習、インターン、異文化実習などの準備もある中、それに加え教会奉仕の準備なども並行して勉強やレポートに取り組まなければいけません。
少し大変ではありますが、その分みんなで励まし合い、祈り合い、支え合って毎回の学期末を乗り越えています。
テストが終わるまであと少し。僕も集中して取り組んでいきたいと思います!

教会教職4年 大平宙武

TCUサッカーW杯観戦事情!

みなさんこんにちは!

梅雨も明けて、一気に夏が押し寄せてきましたね。

そしてTCUはただいま期末テスト期間真っ最中!

みんなでひーひー言いながら必死に頑張っています。

 

しかし!!期末テスト期間と言えども逃すことのできないイベントがあるのです。

それがこちら!!

IMG_6439

そう!4年に一度のサッカーW杯です!

写真は先週の日本vs.ポーランド戦の様子。

今回のW杯は試合の大半が深夜に行われるため、男子寮ではテレビをドアのないラウンジから人が住んでないフロアの個室に移すという本気の対策をとっています。笑

密集度が半端ないですね。

 

もちろんみんなテスト勉強に、課題に必死です。全力です。

その中で、いかに学びをおろそかにせずにサッカーを観れるか、苦悩する日々は今週も続きそうです…。

(※この投稿には投稿者の個人的趣味と思いが著しく反映されています。決して全TCU生の総意ではありません。笑)

 

以上、TCUでのW杯観戦事情についてのレポートでした!

さて、授業のレポートにも取り掛からないと…。笑

 

学生広報スタッフ

K.Saito

夏期伝まであと少し!

こんにちは!

 

最近、曇りと雨つづきで、梅雨真っ盛りのTCUです。期末試験まで1ヶ月を切る中、春学期の学びも佳境に入ってきました。新入生にとっては初めての期末が間近に迫る中、天気もあいまって気分も落ち込みがち?ですが、夏休みも近いと思えば、乗り越えられそうです!

 

夏休みといえば、「夏期伝」ですね!夏期伝とは、「夏期伝道旅行」の略で、日本各地の教会に学生主体のチームを派遣し、その教会の宣教の働きをお手伝いする、TCUの夏の恒例行事です。すでに、準備は始まっていて、連日チームごとにミーティングをしている学生を見かけます。今回のブログでは、先日行われました「夏期伝道決起集会」や夏期伝までの準備の様子についてお伝えできたらと思います!

 

この集会は、毎年この時期にもたれています。主な内容は、夏期伝の目的を確認し、みことばによって一致することで、遣わされる教会は違っても、共に主のために仕える仲間がいることを改めて覚え、励まし合うことです。

 

1DD6E188-13C3-4B6F-9548-AF7CCC4CDCA0

 

夏期伝では、様々な奉仕をします。子供会でのメッセージ、人形劇、礼拝説教、祈祷会等での奨励、トラクト配りなどなど。それぞれの教会にとっての必要は異なります。また、派遣されるチームの色もそれぞれ異なります。その中で、参加学生一人一人が、与えられた賜物を存分に生かして、少しでも遣わされる教会の必要に応えることができるようにと、準備を進ています。

 

派遣チームの構成は、学部1年生から大学院2年生までと、全学年学科混合です。日頃はあまり話す機会がないような人とも同じチームになります。ですが、共に奉仕をしたり、様々なことを共に乗り越える中で、多くのことを教えられ、関係が深まります。これも夏期伝の良さの一つだと思います。

 

そのような夏期伝を期待しながらも、見ず知らずの土地に行き、どのような奉仕ができるのか、本当に必要に応えることができるのかといった不安が入り混じっているのが多くの参加学生の本音だと思います。それでも、神様に遣わされていることを信じ、感謝して、精一杯取り組みたいと思っています。

 

今はどのチームも、賛美練習や人形劇練習、子ども会のプログラム作成など、教会の先生とやり取りをしながら、準備をしています。神様に期待しつつ、夏期伝を楽しみにしています。

 

実は、毎年夏期伝には、テーマがあります。今年のテーマ聖句は、マタイ5章16節です。

このように、あなたがたの光を人々の前で輝かせなさい。人々があなたがたの良い行いを見て、天におられるあなたがたの父をあがめるようになるためです。(新改訳2017)

 

夏期伝が、私たちではなく、ただ神様の光を輝かせる時となるようにと願っています。そのような思いから、今年の夏期伝テーマは「Christagram〜キリスト映え〜」に決まりました。キリストの栄光をただ映す(反映)者として、夏期伝が用いられるようにとの思いを込めています。キリストの栄光を映す時に、本当に「地の塩、世の光」として輝くことになると信じています。

 

B7007CE1-EF25-4ED1-97A9-54380ACDECCF

 

夏期伝は準備も含めて、まだまだ続きますので、引き続きお伝えしていけたらと思います!

 

天候がなかなか安定していませんが、みなさんのご健康が支えられますように。

 

次回のブログもお楽しみに♪

広報スタッフ 曽川