イスラエルスタディーツアーレポート #2

シャローム!こんにちは!
イスラエルレポート第二弾、今回は4日目から6日目まで滞在したエルサレムでのハイライトをお伝えします。

4日目のハイライトは何と言ってもビアドローサです!
キリストが十字架を担いで歩かされたと言われる「悲しみの道」を歩きました。
2-1

そしてその道の行き着く先となっているのは、キリストの十字架刑と埋葬が行われたとされている聖墳墓教会。
2-2

教会の中は各国の巡礼者で溢れかえっていました。

夕方には「ヤッドバシェム」と呼ばれるホロコースト記念館へ。
2-3
ユダヤ人が背負っている歴史の重さを再認識する時でした。

5日目はまずエルサレム旧市街のダビデの町をまわりました。
その中でも印象に残ったのはシロアムの池です。
現在はその跡しか見ることができませんが、その場所で聖書を開き、2000年前にキリストが行われた奇跡に想いを馳せました。
2-4

その後は神殿に移動し、有名な嘆きの壁へ。
2-5

神殿の周囲を歩きながら、神殿の構造や歴史について学びました。
2-6
「イエスさまもここを歩いたんだろうなぁ」と想像をしながらあちこちを歩き回りました。

午後のハイライトは「園の墓」と呼ばれる、キリストの十字架刑と埋葬が行われたのではないかと言われる第2の場所です。
華麗な装飾がなされている聖墳墓教会とは違い、静かで自然の美しさ溢れる場所でした。
印象的だったのは、墓のドアにあったこの札。
2-7
「ここにはおられません。よみがえられたからです。」
天におられる復活の主を力強く証ししていきたいと強く願わされた時でした。

6日目の午前はイスラエル博物館へ。
菊池先生が教える聖書考古学の授業で出てきた碑文や遺物などをたくさん見ることができ、大興奮の時でした(誰よりも解説の菊池先生が一番興奮していましたが…笑)。
写真は広場にあるキリストの時代のエルサレムの1/50模型。
2-8

午後はキリストが生まれた町、ベツレヘムを訪れました。
ベツレヘムは現在パレスチナ自治区になっているため、エルサレムとはかなり雰囲気が漂っていました。
短い時間ではありましたが、キリストが生まれたという伝承が残る聖誕教会も見ることができました。
写真は教会内の壁の様子です。
2-9

もっともっと紹介したいことはありますが、今回はここら辺で!
明日からはエルサレムを出てガリラヤ湖周辺に数日滞在する予定です。
旅も中盤を迎え、みなさん疲れも出始めてる頃ですが、残りも精一杯楽しんで学んできます!

それではみなさん、レヒットラオット!(また会いましょう!)

イスラエルスタディーツアーレポート #1

こんにちは!
学生の皆さんはそろそろ春休みに入っている頃でしょうか?
TCU生もそれぞれの春休みを満喫していることでしょう!

そしてこの僕が来ているのは、なんとイスラエルです!
3/12-3/26にかけて、TCU主催のイスラエルスタディツアーが行われています。
このツアー、ただの観光旅行ではありません!
「聖書学と祈りの歴史探索」という副題が付いているように、イスラエルをまわる中で聖書の知識を深め、また巡礼者としての祈りを捧げていく、そんなツアーなのです。

ということで、早速これまでの旅程を写真と共に振り返ります!

まずは1日目。
19:30成田空港集合の後、イスタンブール経由でイスラエルのテルアビブに降り立ちました。
1日目は移動で終了です。
写真は到着後の様子。
長時間のフライトでみんなお疲れですね。

1-1

そして2日目。
午前中はあのアブラハムもも過ごしたと言われるベエルシェバの遺跡を見学しました。
この場所に限らずですが、ツアー中はTCUの菊池先生を中心に3名の方々が丁寧にガイドをしてくださっています。
1-2

昼食は遊牧民であるベドウィンのテントでいただきました。
イスラエル到着後初の食事ということで、みんなお腹いっぱい食べました!

1-3

午後はナバテヤ人が住んでいたアブダットの遺跡へ。
元々は異教の神々を信じていたナバテヤ人が、ビザンチン時代に一斉にキリスト教に改宗したということで、教会の遺跡も残っていました。

1-4

2日目最後は砂漠の雄大な景色を見ることができるマクテシ・ラモンへ。
人生で初めて見る景色にみんな大興奮でした。
僕もこんな素敵な写真を撮ってもらいました!

1-5

次は3日目!
まずはヘロデ大王が建て、ユダヤ戦争の際の最後の砦となったマッサダの遺跡へ。
1世紀のユダヤ人たちの覚悟と決意の強さを感じました。
写真は遺跡丘の下から。

1-6

そして次はお待ちかね、死海での浮遊体験です!
水着を着て、みんなで大はしゃぎしました。
ホントに体が浮くんですよ、これが!
S.Tさんもこんなにおおはしゃぎ!

1-8

午後はエン・ゲディのダビデの滝を展望してから、死海写本で有名なクムランへ。
20世紀最大の考古学上の発見と言われる死海写本の発見の興奮が伝わってきました。
菊池先生の考古学の授業で学んだことも思い出しつつ、長い間受け継がれてきた私たちの聖書に想いを馳せました。
写真は1500超の断片が見つかった第4洞窟です。

1-7

そして4日目の朝を迎えた僕たちは現在エルサレムにいます!
今日から数日エルサレムをまわる予定です。
その様子もまたレポートするので、ぜひお楽しみに!

以上、イスラエルレポート No.1でした!

学生広報スタッフ
K.Saito

男子寮筋トレ特集

こんにちは。
3月に入ってテストも終わり、せかせかと忙しく過ごす時間から休みの期間へと入ってきました。それとともに卒業のシーズンとあり、いろいろなイベントを通して卒業生の方々とともに過ごした恵みを思い返しながら寂しさに浸っている今日このごろです。
この卒業シーズン。学園内では、寮や祈祷会、サークルなどでも歓送会やイベントを多く行っていて年度末の一つの楽しみとなっていますが、在校生にとって他にも楽しみはいろいろあると思います。その一つに、卒業生が使っていた私物などを退寮前に後輩にプレゼントする習慣があります。僕自身もこれまでに多くのものをいただきました。憧れの先輩から頂けるものなどは特に大切に使っています。

さて、男子寮ではこれまで卒業された方々が置いていってくださったものや今在学中の学生が趣味で買ったものなどである施設?のようなものがあります。

それはスポーツジムです!筋トレ➀筋トレ②

このように多くの器具がそろっており男子寮では毎日のようにトレーニングをしている学生もいます。中には、プロテインを飲んだりと本格的に肉体を鍛えている方々も…
そういった人たちが好きで器具を取りそろえ、気づけば多くのものがそろって快適なスポージムと化してきているのです。筋トレ③

しかしこのスポーツジム、寮の吹き抜けのところに器具が集められてできたものなので、人通りが多くみんなに見られてしまいます。そのため人目が気になってしまう方だと少し恥ずかしい想いをすることもあります(^_^;)
僕自身たまに利用させていただいているのですが、ともだちや後輩が「あ、筋トレ始めたんだね」と声をかけてきた時に少し恥ずかしさを感じたこともありました(笑)
しかし、友達とともに話しながら汗を流し、疲れた後に入るお風呂は格別に気持ちのいいものです。
そういった学生たちの交わりの場としてもこのスポーツジムは用いられています!

今でも増え続けている器具と増えていく利用者でこれからもどんどんよいスペースとなっていくと思います。
勉強や課題、奉仕準備、ミーティングなどで忙しい学生たちにとっての息抜きの場としてこれからもどんどん良い場所になっていくことでしょう!
以上男子寮筋トレ特集でした。

教会教職3年 大平宙武

国キ卒業生歓送会☆

皆さんこんにちは!いかがお過ごしですか?

暖かい日が続くようになり、TCUの梅の木も花がだんだんと咲き始めました。ますます春が楽しみなこの頃ですね♫

さてそんな中、TCUの専攻の一つである「国際キリスト教学専攻」(略して「国キ」)をこの3月に卒業する学生の歓送会が行われました。その様子を写真とともにお分かちしたいと思います!

IMG_3121

3年生が中心となってこの歓送会を企画してくれました。まず国キテーマソングを歌って始まりました。曲は私たちの先輩でもあるTCU卒業生LYREの「用いてください」です。国キにテーマソングがあったなんて意外と知らない人が多いと思いますが、新入生歓迎会や卒業生歓送会の時にいつも歌うんですよ〜!

IMG_3139

続いてゲームの時間。ここでも毎回おなじみの「名前ビンゴ」ゲームを行いました。一人一人と挨拶をして枠に名前を書いてもらい、ビンゴをします!卒業生素敵な笑顔ですね〜♫

IMG_3130

名前が埋まったかな?ひとそれぞれ、名前の書き方にも個性が出ますね〜 先生や職員の方も楽しそうにゲームをしていました。

その後、卒業生に質問コーナーを行い様々な質問を投げかけました。ある卒業生に「卒業前にTCUに言っておきたいことは?」と質問をすると、「先生たち優しすぎます!もっと厳しく!」と答えが返ってきました。在校生たちからは「え〜!」と叫び声も上がったり(笑)

IMG_3144

その後、懐かしの思い出ムービータイムです。入学したばかりの時の写真やオーストラリアに語学留学していた時の写真、今はTCUを去ってしまった先生との写真など、「懐かしい〜」と言いながらみんなが夢中になっていました。教職員の方からのメッセージもあり、中には涙ぐむ場面も。一つ一つの写真が、言葉が、素敵な思い出ですね。

IMG_3153

そして最後は交わりタイム。ジュースを片手にお菓子を囲んで、楽しい時間を過ごしました。卒業生も在校生もみんなとっても仲良し〜素敵な写真が撮れました♫ いたるところから笑い声が聞こえます。国キならではの会話もあり、先輩たちに聞いておきたいことや、今までの思い出も語り合いました。

4年生はもうすぐ卒業です。別れはとても寂しいですが、こうして一緒に笑い合い、卒業生のために祈る時間を持てたこと、全てに感謝な時間でした。

IMG_3161

最後にみんなで国キポーズ!地球をまたにかけ、一人一人が遣わされます。4年生の皆さん、お疲れ様でした!卒業生たちの大きな背中、心から誇りに思います!

以上、国キ卒業生歓送会の様子でした!次回のブログもお楽しみに〜

国キ2年 M.H

 

 

卒業記念コンサートが行われました!

こんにちは!

雪もすっかり溶けてしまって、陽気な日も増えてきました。春がもうすぐそこまで来てるいるなぁと感じる今日この頃です。

とはいえ、まだまだ寒い日もあり、もう一踏ん張りする必要がありそうです。

そんな三寒四温などと呼ばれる季節ですが、先週の金曜日に、ほっこり温まるような卒業記念コンサートが行われました。

 

東京基督教大学(以下、TCU)には、教会音楽専攻科だけではなく、神学、国際、福祉の学びをしながら、教会音楽の学びを副専攻として学ぶプログラムがあります。今回行われました「卒業記念コンサート」は、専攻に加えて、音楽の学びを受けた学生たちによるものです。

 

音楽といっても、ギターやピアノ、オルガン、声楽などの様々な分野があります。教えてくださる先生方も、それぞれの分野でご活躍されている方々で、個人レッスンを年間を通して受けられるというのはとても貴重な経験であるように思います。

SONY DSC

コンサートでは、ひとときの間、音楽に耳を傾け、心安らぐ時間を楽しみました。ギターを片手に味わい深く賛美する人、ピアノでおしとやかに賛美歌を奏でる人、オルガンで古典的な賛美歌を荘厳な音で響かせる人。それぞれがこれまでに学んできたことや練習してきたことを存分に発揮し、様々な音楽を通して、神様の栄光が現されていました。一つにこだわらずに、神様がそれぞれに与えてくださった賜物を通して、共に主の栄光を賛美することができるのはTCUの良さの一つだと思います。

 

SONY DSC

SONY DSC

コンサートの最後には、TCUのクワイアが賛美をしました。その気迫あふれる姿に、見ているこちらも圧倒されました。チャペル全体に響き渡る歌声を聴きながら、そこにいた人たちみんなが、心一つに主を見上げる時間はとても感慨深いものでした。

SONY DSC

卒業コンサートということで、4月からはもう彼ら、彼女らの音楽を聴けないと思うと、寂しい気持ちもありますが、それぞれが遣わされる新しい地でも、その賜物を存分に発揮してもらいたいと思います。

 

そんな寒い冬の終わりに、心温まる卒業記念コンサートについての報告でした!TCUの音楽教育に少しでも興味を持っていただけたなら、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか??TCUでは、学生だけではなく、教会音楽に興味をお持ちの方々にも様々なプログラムを提供しています。

 

今回のブログは以上です!
期末試験の足音がどんどん大きくなってきました…

次回もお楽しみに♪

 

広報スタッフ4年 曽川

 

今年もスポーツシーズンがやってきました!

みなさんこんにちは!

「2月は逃げる」なんて言われますが、気づけば2月ももう中盤ですね。

 

ということで、今年も恒例のスポーツシーズンがやってまいりました!

※スポーツシーズンとは※
TCUにある3つのスポーツサークル(バスケ、バレー、フットサル)主催の「○○杯」(○○にはTCUの先生の名前が入ります)が開催される時期のこと。毎年2月頃。

今年は2月8日にバスケの「森田杯」、そして2月13日にバレーの「杉谷杯」が行われました!(フットサルの「井上杯」は3月2日の予定)

 

まずは森田杯(バスケ)の様子から。

4チームに別れて総当たり戦をした後、決勝戦と3位決定戦を行いました。

IMG_5103

華麗なゴールが決まる度に観客席から「おー!」や「キャー!」などの歓声があがっていました。

 

そしてお次は杉谷杯(バレー)。

こちらは5チームに分かれて総当たり戦をした後、決勝戦で1位を決めました。

IMG_5207

観客の様子はこちら。

IMG_5210

TCUの体育館はとても寒いのですが、みなさんこたつに入りながら応援してくださいました。

やはり応援があると試合の緊張感もプレーヤーのやる気も高まりますね!

 

どちらの大会も、みんなで一つになって汗を流すとても楽しい時となりました。

勉強の合間にこんな楽しいイベントがあるのもTCUのいいところの一つですね。

3月2日の井上杯(フットサル)も楽しみです!

 

学生広報スタッフ K.Saito

 

第2回スペシャルメドーグラス

2月8日に第二回スペシャルメドーグラスが行われました。

27655451_1563016263775059_4131046020600696908_n (1)
毎週木曜日に行われている「メドーグラス」(学内のカフェ)。

今回は飲み物・ケーキ全品無料のスペシャルメドーグラス!

教職員と学生の良き交わりの場として多くの方が訪れました。
27994294_2071230156235093_1183970630_n
27847973_2071230269568415_680212733_n

職員・教員の奥様方による美味しいケーキと飲み物をお供に、普段なかなか話すことのない教職員の方との交わり、また学生同士の交わりで大いに盛り上がりました。

国際キリスト教学専攻3年 Toyama

祈祷日

こんにちは!
雪が降ったり降らなかったりと寒さが続いていますが、それと同時に体調を崩すこともあるのではないでしょうか?
僕も最近調子が悪く、しっかり寝て予防してインフルには気を付けたいところです。

さて、1月30日(火)はTCUで年に二度ある祈祷日でした。
この日は授業がなく(補講は例外ですが…)一日学園の学生、教職員が祈りの時間を過ごす特別な日です。
朝の早天祈祷から始まり、個人祈祷、チャペル、小グループ祈祷、学年祈祷と一日を通して様々な人と祈りをする。まさに学園が一つとなって祈る。そのような日となっています。

祈祷日では、外部からチャペルスピーカーをお招きしてチャペルの中で説教をしていただきます。今回は、山本陽一郎先生による「いのりびと」の題で説教をしていただきました。

先生の体験談や証を通して、祈る生活について励ましていただきました。
僕も日々の祈りの時間を大切にしていきたいと思っていた時なので、しっかり時間を取って祈ることもそうですし、ことあるごとに祈る大切さを確認することができました。
何もできないけど祈ることができる。「いのりびと」としてしっかり歩んでいきたいと思わされました。

小グループでの祈りは、とくに学園内にあるサークルや委員会、寮や教職員のことをおぼえて祈る時間となりました。

午後からは学年祈祷の時間です。それぞれの学年で集まって、賛美や祈りの時間を過ごす。共に学び、共に励ましあう同じ学年の仲間たちと祈る時間は大きな励みとなります。そして、学年によってはその後に親睦会なども行われます。僕たちの学年も体育館にて親睦会が行われました。

2018.1.30 くらす祈祷会_180202_0012 2018.1.30 くらす祈祷会_180202_0024

僕たちの学年では、スポーツやゲームを通して楽しい時間を過ごしました。
上の写真はブラインドサッカーというものらしいです。目隠しでのサッカーはする側は何がなんだかわからないですが、見ている方は非常に面白いものでした。
中々学年が集まってこのような時間を持つことができるのは少ないので、これも祈祷日の醍醐味だと思います!

この祈祷日の準備は祈祷委員が準備してくださっているので、本当に感謝だなと思います。

祈祷日だけではなく、日々の祈りももっと大切にしていきたいと思います!

教会教職3年 大平宙武

冬のわわわゲーム大会!

こんにちは!

先週は日本各地でたくさん雪が降ったみたいですが、千葉県もなかなか積もりました!今ではほとんど溶けてしまいましたが、身を切るような寒さが続いています。
wawawa01(学園の様子)

 

そんな冬真っ只中のTCUですが、この土曜日に「わわわゲーム大会」が行われ、元気一杯の子供たちで賑わいました。今回は、わわわゲーム大会の様子をみなさんにお伝えできたらと思います!!

 

TCUには「わわわクラブ」という地域の子供たちを対象にした公園伝道サークルがあります。毎週土曜日に近隣にあるいくつかの公園に行き、子供たちとゲームをしたり、聖書のお話をしたりしています。この活動は、学生が主体となって取り組んでいる伝統的な働きです。

 

余談ですが、僕のアルバイト先の友達が、子供の頃、わわわクラブによく行っていたということを聞いたことがあり、感慨深いものがありました。

 

普段は公園での活動がメインなのですが、年に2回、夏と冬に「わわわゲーム大会」というものをしています。そして、今回行われたのが、冬のわわわゲーム大会です!いつも公園に来るお友達だけでなく、ゲーム大会ということもあり初めての子も、たくさんTCUに来てくれました。僕自身は、毎週土曜日の活動に参加しているわけではないのですが、ゲーム大会ということで、お手伝いさせてもらいました。他にも、多くのTCU生が参加しました!

wawawa02

(ゲーム大会の看板!)

 

毎週、わわわクラブは「こんにちは〜!わわわクラブが始まるよ〜!」の掛け声で始まります。今回は「わわわゲーム大会が始まるよ〜!」と子供たちの元気な声で始まりました!

 

みんなでわわわソングを歌い、自己紹介や簡単なゲームをして、初めて来た子供たちもすぐに溶け込むことができました。そのあとは、学年別に分かれ、それぞれのチームにTCU生も加わり、TCU生が普段授業を受けている建物全体を使って、各教室で準備されているゲームをみんなで回りました。学生も子供になったみたいにみんなはしゃいで、子供たちと一緒に過ごす時間を楽しみました。

 

ゲーム大会が終わると、聖書のお話です。普段わわわクラブに参加する子たち以外は、ほとんど教会に行ったことも聖書のお話も聞いたことのない子供たちです。そんな子供たちでも、みことばがよくわかるように、それでいて大胆にみことばが語られました。子供たちは真剣に聞いていました。

 

わわわゲーム大会の目的は、もちろん子供伝道ですが、子供たちの保護者の方々も来てくださるという点で、大人の方々に対しても良い伝道の時となっています。僕も子供達だけではなく、保護者の方々ともお話しできて、とても良い時間を過ごせました。

wawawa03

(わわわサークルのお揃いのパーカー!)

 

わわわサークルのみんなからは、こんな説明じゃ物足りないっと言われてしまうかもしれませんが…とにかく子供たちと楽しい時間を過ごすことができました!

 

今回子供たちに撒かれたみことばの種が、神様によって成長させられることを期待しています。

 

みなさんもぜひTCUに来て、子供になった気持ちで参加してみてください。シオン祭がチャンスです!(今年もわわわサークルの出店あるはず)

 

 

今回のブログは以上です!

 

そろそろ期末テストの足音が…

 

次回もお楽しみに♪

広報スタッフ

曽川

 

 

アンニョンハセヨ!〜韓国異文化実習リポート〜

皆さんこんにちは!
私は今、異文化実習という国キ学プログラムとして、去年の11月末から韓国・ソウルに滞在しています。
1

異文化実習というのは、短期間の楽しく充実した「訪問-visit」にとどまらず、一定の予備知識と準備を踏まえた一定期間の「滞在-stay」による深みのある異文化体験の場で、神・世界・教会・国・社会・自分(たち)について深い視点を知り、養い、成熟した人格形成が大きな狙いです。
ですから、事前にその異文化に対する様々な知識を養うことはもちろん、教室内だけでの学びで終わるのではなく、実際にその異文化へ飛び込むことまでできる大胆でスペシャルなプログラムです!

そんな異文化実習として韓国を選択し、訪問者としてではなく、滞在者として来た私ですが、どのような日々を過ごしているのか、少しだけシェアしたいと思います!

まず韓国異文化実習のプログラムの一環として、延世大学韓国語学堂へ週5日通っています。
2

語学堂には1級から6級までのレベルがあり、各級18〜20クラスほどあります。
ものすごい生徒の数に合わせて、先生方も200人を超えるそうです!多い!笑

つい先日には、同じ級の全生徒たちの前で行った大きな発表がありました!
3
発表終わりにクラスメイトたちと(^◯^)
韓国社会に関する新聞記事の発表と討論、それらをベースに一つのニュース番組をクラスごとに作るという発表内容でした。
とても楽しかったです!

放課後は、クラスの友達、現地の友人たちとご飯を食べに行ったり、地下鉄やバスに乗って少し遠出してみたり、木曜礼拝に参加したりなど、何気ないようで異文化に触れまくりな時間を過ごしつつ、韓国での時間を堪能しています。
4
先日は、引越しをした友人がいたので、語学堂で出会った友人たちと引っ越しパーティーをしに行ったりもしました!
それぞれ様々な国・文化背景を持っていますが、もちろん共通言語は韓国語。
みんな韓国語ペラペラです。学び合い笑い合える国籍を越えた最高の友たちとの出会いも、異文化実習ならではの宝です。

そして、どこで暮らしているのかというと…
学生街の新村(シンチョン)という地区で下宿生活を送っています。韓国には上京してきた若者や留学生のための下宿先がたくさんあります。
5a
部屋は一人部屋で、トイレやシャワールームは他の住人たちと共有し、朝夕ご飯だけ下宿先のおばさんが作ってくれます。
この少し田舎臭い感じも、ソウルでの下宿先でしか味わえません。
下宿生活でしか触れられない異文化体験も、盛りだくさんです!

主日には教会へ行き、韓国語で礼拝を捧げます。
6a
私は毎週様々な教会を転々とし、韓国教会の文化や特徴を見ることができています。
母国語ではない韓国語で捧げる礼拝には、いつどんな場においても神様を礼拝する大切さと、国は違えど同じ神様を信じ慕い求めることの不思議さと主の恵み深さを教えられます。
礼拝後には教会の青年たちとボーリングをしに行ったり、ご飯を食べたり、信仰の話をしたり…韓国の地においても信仰の友たちが与えられていることに感謝です。

7a

ざっとでしたが、韓国での生活はとても濃く、私にとって必要な時間を過ごすことができています。
韓国での異文化実習も1ヶ月を切りました。
最後まで、韓国という国、文化、社会の中で滞在者として、また信仰者として学び、神様と人と自分を知り深めていきたいと思います。
それでは、안녕(アンニョン)!

国キ3年・A