院生の夏休み

みなさん、こんにちは!

連日雨模様ですが、いかがお過ごしでしょうか。

学園では、つい最近まで、杏子の木が大豊作でした。

IMG_4225

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ようやく期末期間が終わり、来週から夏休みに入ります!

 

夏休みといえば、夏期伝道やバイブルキャンプ、教会インターン、久々の帰省など楽しいことがたくさんあります。

 

聞こえてくる学生の会話もどこか息が弾んでいます。

 

 

 

と、そんな楽しい夏休みが近づいているにもかかわらず、夏休みとは無縁(?)の学生もいます。それは、修士論文に取り組んでいる大学院2年生です。論文執筆は卒業するために必ず通過しなければならない道であり、抜け道はありません。

 

 

 

そんな大学院生は朝から晩まで勉強しているわけですが、今回は学内の大学院生が勉強している部屋を大公開したいと思います!

 

学生が勉強する場所は基本的に3パターンあります。

①寮の自室

②図書館

③学外のカフェ

(この他にも、寮のスタディルーム、ラウンジ、バルナバカフェなどいろいろありますが)

 

 

一人で勉強するのもよし、みんなで教え合うのもよし、自分にあったスタイルで、好みの場所で勉強することができます。

 

 

 

そんな中、TCUの秘密の部屋とも思われている場所が、大学院棟(大学院生が授業を受ける教室がある棟)にあります。

 

ここでは、連日連夜、煌々と光がついていて、「ペンを走らせる音」ならぬ、「キーボードを叩く音」が鳴り響いています(少し誇張しています)。

 

IMG_4222

 

 

 

 

 

 

 

同じ部屋で特に会話をするわけでもありませんが、同じ目標に向かって労苦している仲間の存在はとても大きな励みになります。

 

 

 

部屋には、いろいろな注解書もあり、中には図書館にもない貴重な資料もあります。外には、一息つける通称「オアシス」と呼ばれるお菓子コーナーもあり、長時間勉強するには欠かせません。

 

IMG_4224

 

 

 

 

 

 

 

 

また、この学習室の良さは、普段の生活空間と勉強の場を分けられることです。いつも自室で勉強していると、寝ても覚めてもそわそわしてしまいそうです。ですが、こうやって区分することで、メリハリがついて、勉強のペースもはかどります。毎朝、学習室に向かう院生は、通勤しているビジネスマンさながらです。

 

 

 

とはいえ、勉強の効率を上げるためには息抜きも必要です。大学院2年生にとっては学生生活最後の夏休みなので、今しかできないことをやりつつ、有意義な夏休みを送られるようにと願っています。

 

 

 

この夏休み、全国各地にTCU生がいろいろな形でお邪魔すると思いますので、ぜひTCUの話を聞いてみてください!

 

今回のブログは以上です!

 

みなさんも良い夏をお過ごしください!

 

次回もお楽しみに♪

 

広報スタッフ 曽川

 

TCU生の夏休みってどんな感じ?

みなさんこんにちは!

TCUでは無事に期末期間も終わり、みんな一息ほっとついているところです。

そしてついに…夏です!TCUは今週の土曜日から夏休みに入ります!

ということで、今回は5人のTCU生に夏休みの予定を聞いてきました!


まず一人目は、神学科1年生の一重めぐみさんです!
fullsizeoutput_3040

Q. 夏の予定を教えてください!

まずは夏期伝(*TCUの夏期伝道旅行のこと)に行って、帰ってきてから岡山の友達の一家がやっている、福島の子どもたちを招く保養キャンプのボランティアをします。それが終わったら松原湖のキャンプに行って(初!)、それからボランティアセンターのキャンプで仙台に行きます。そのあとは家に帰って、2週間くらいゆっくりする予定です。

Q. ボランティアづくしですね。

そうですね、子どもづくしですね(笑)。子どもはTCUにきてから好きになりました。わわわ(*TCUの公園伝道サークル)に行き始めたのが大きいですね。

Q. 最後に夏に向けた意気込みを一言!

本気で遊んで疲れ切る夏休みにしたいです!

 

TCU1年目にして盛りだくさんな夏休みですね!

写真のポーズからも夏に向けた意気込み(?)が感じられます!(笑)


次はキリスト教福祉学専攻4年生の中村実くんです!

fullsizeoutput_3042Q. 夏の予定を教えてください!

夏休みに入る前からなんですけど、介護実習が明日(*インタビュー時点から)から始まります。終わるのは8月上旬なので、約1ヶ月間ですね。それが終わったら5日間、教会のイベントで韓国に行ってホームステイすることになっています。帰ってきてからはしばらく家でゆっくり休めるかなと思いますね。ただ就活も進めなきゃいけないので、それもやりつつですけど…。

Q. 介護実習というのはどういうものですか?

実習なので、授業で学んだことを現場で活かすみたいな感じですね。実際に施設に行って、利用者さんと関わったり、支援をしたりすることを通して、現場の経験を通して学んでいくという感じです。

Q. 楽しみですか?

いや、正直不安の方が大きいですね。今までは2週間だったんですけど、今回は1ヶ月なので、体調が守られるかどうかが心配です。夏の暑い時期なので。

Q. そんな夏に向けた最後に意気込みを一言お願いします!

この前の寮のテイクフリーでもらった1kgのパスタで夏休みの実習を乗り越えようと思っています!これがあれば大丈夫なはず!

 

なるほど、福祉専攻の学生は介護実習があるんですね。

1ヶ月とはなかなか大変そうです。

果たしてたった1kgのパスタで乗り越えられるものなのでしょうか…。(笑)


さて、次は国際キリスト教学専攻3年生の伊藤実結さんです!

fullsizeoutput_3041

Q. 夏の予定を教えてください!

7月の初めから8月の初めまでフィリピンに異文化実習に行ってきます!次の週は家族と過ごして、その次の週は教団のキャンプ、その次の週は水曜から金曜まで実習先の教会で子ども会があるので、そのお手伝いをするついでに教会に泊まります。それが終わったら寮に戻ることになりますね。家にいるのは1週間だけです(笑)。

Q. 異文化実習はどんなことをするんですか?

異文化実習は国際飢餓対策機構のフィリピンのスタッフの働きを見学したり、その働きに協力させてもらったりします。最初と最後はマニラに滞在して、真ん中の三分の二くらいの期間はビコールという場所に行きます。

Q. それは楽しみですね。それではそんな夏に向けた意気込みを一言!

国キ生としての夏を楽しみます!(*国キ:国際キリスト教学専攻の略称)

 

これは国キ生ならではの夏休みになりますね!

全体的な傾向として、みなさんあまり家には帰らないのでしょうか?(笑)


 

最後は大学院1年生の佐藤宣愛くんです!fullsizeoutput_3044

Q. 夏の予定を教えてください!

まず夏期伝道で9日間横須賀に行きます。それが終わったら11日間インターンシップに行ってきます。インターンが終わった次の日からは、静岡県の浜名湖バイブルキャンプの低学年キャンプに行きます。それが終わった次の日からは所属教会のCSキャンプがあります。その次の日から今度は浜名湖の中高生キャンプに行きます。その後の1週間は予定を入れようかどうしようか迷ってますね…。で、最後にまた浜名湖の小学高学年キャンプに行って、僕の夏休みは終わります(笑)。

Q. 盛りだくさんですね…。インターンシップとはなんですか?

インターンシップというのは、大学院の1年生の人たちが教会や教会関連の施設で数週間の実習を住み込みですることです。僕はNPOなどの活動を活発にしている教会で、特に平日の働きを中心に学びとってきたいと思っています。

Q. そんな忙しい夏に向けて意気込みを一言!

空いている時間で修論を頑張ります!(笑)

 

大学院1年生はインターンシップがあるんですね!

しかしなんと恐ろしいスケジュールでしょうか…。

最後の「僕の夏休みは終わります」が違う意味に聞こえてきますね…(笑)


以上、TCU生の夏休み事情をお届けしました!

みなさん充実した(し過ぎている?笑)夏休みの計画を立てているようですね。

ただし、TCU生みんながみんなこんなに忙しいという訳ではないのでご安心を!(笑)

 

みなさんも充実したよい夏休みをお過ごしください (^^)

 

学生広報スタッフ K. Saito

 

 

セルフケア~コラム

 TCUニュースレターをブログ形式で公開しています。皆さんがキリスト者として将来を考える上で、少しでもお役に立てれば幸いです。


この春、TCUの大学院を卒業し、JCFN(帰国者ミニストリーの宣教団体)とTCUでスタッフをしている古屋詩織です。読んでくださる皆様の信仰生活の励ましに用いて頂けましたら幸いです。どうぞ、よろしくお願いいたします。

梅雨入りしましたね。雨音を聞きながら、青々としたTCUの中庭を横目にコラムを執筆しております。皆さんいかがお過ごしでしょうか?

雨の日が続くと…..「通学・通勤は大変」「外出もできない」「洗濯物がたまる」「気分が下がる」….それに加え学生さんは期末テストに向けて頑張っているところでしょうか。TCU生も学期末試験を控え勉強中。また、同時に夏期伝道、インターンの準備、福祉学専攻は介護実習、国際キリスト教学専攻2年生は秋学期のオーストラリア留学の準備と忙しい時期を迎えています。

憂鬱な気分に加え忙しい日々だからこそ、雨音と共に御言葉を味わう時間をいつもよりじっくり、ゆっくり持ちたいものです。

ー今回はTCUにおけるセルフケアについてー

「クリスチャンだからストレスとは無縁」という人は一人もいません。むしろ神様が創造した自分自身をよく知り管理することが大切です。今回はセルフケアの方法についてご紹介します。

 

1.適度な運動

TCUには様々なスポーツサークルがあります。バスケットボール、バレーボール、フットサル、ソフトボールなど仲間と楽しく身体を動かしながらセルフケアができます。ここで重要なのは「楽しむ」ことです。ノルマをつけてしまうとかえってストレスになります。

☟東京基督教大学ブログ「バレーボールサークル」画像をクリック

IMG_2618

2.趣味を持つ

自分の好きなことをする時間を確保する。趣味に没頭することにより、仕事や学業への意欲も高まります。また、趣味を通して神様から教えられることもあるでしょう。

私の趣味の一つは植物を育てること。一口に植物といってもその育て方は様々。季節や植物によって水や肥料をあげる頻度も異なります。植物を育てることを通して、神様が一人一人を大切に思い、その人に適した成長の方法を持っておられることを知り、神様の愛の深さを実感しました。Ⅰコリント3:6 パウロが植えアポロが水を注いだ。しかし成長させて下さるのは神様であるという御言葉を思いめぐらしながら土いじりをしています。趣味を通して語られる神様をみなさんも是非体験してみてください。

また、趣味が欲しいという方は以下のサークルをお勧めします!茶道サークル、ウクレレサークル、人形劇、わわわクラブ(子供伝道サークル)など。趣味を通して広がる輪、新たに賜物を発見する機会にもなりますよ。

セルフケア

3.親しい交流

人と交わることを通して、悩みや不安の解決策をみつけることが出来るかもしれません。気の許せる友だちとの時間は大切です。たわいもないことで笑い。クリスチャンだからこそ、互いに祈り合い、み言葉をもって励ましあうことも、共に主を賛美することもできます。
寮生活は常に自分以外の誰かがいる環境です。交わりを持とうと思えば、いつでも持つことができます。1人の時間も仲間との時間もバランスよく取りましょう。

 

☟東京基督教大学ブログ「女子寮、春のopen-room-イベント!」画像をクリック

IMG_5356

4.快適な睡眠時間を確保する

睡眠は疲れたから取るのではなく、次に働くために取るものです。人は休むことで働くことが出来るのです。(創世記2:2ー3)神様は6日目に人を造られ、7日目は働かずに、休みました。

快適な睡眠を得るためには寝る前の時間が大切です。寝る前のルーティンがあると身体が落ち着き睡眠へと向かうようです。例えば、お風呂(湯舟にしっかりと浸かる)→ストレッチ→アロマを焚く→本を読むなど。間接照明で過ごすことも快適な睡眠へと導きます。快適な睡眠が取れれば、すっきりとした目覚めを得ることができ、1日を気持ちよく始めることができます。

 

ミルキーウェイ

※注意点
セルフケアをする際に心がけることは「適度」「やりすぎない」です。ストレス解消、リラクゼーションを目的とするため頑張りすぎたり、重荷になってしまうと本末転倒です。セルフケアをしながら忙しい日々も、主と共に歩んでまいりましょう。

 

JCFN・TCUスタッフ 古屋詩織

早天祈祷会

TCUの一日の始まりは、毎朝6:30~7:10に行われる学生による祈祷会からはじまります。

 

早天2

 

 

 

 

 

 

今日はこの「早天祈祷会」について少しご紹介したいと思います。

 

「6時半なんて早すぎる」と思われるかもしれませんが、朝一に信仰の友と一緒に神さまからの言葉に耳を傾け、祈祷課題を分かち合い、お互いのために祈り合う時間は何にも代えがたい恵みであると実感します。

 

早天祈祷会は、以下のように、曜日によってそれぞれ形が異なります。

月曜日 家族寮生祈祷会

火曜日 全校祈祷会(教員の先生や大学院生の奨励から御言葉に聴きます)

水曜日 グループ祈祷会(男女、学年問わず縦割りで小グループに分かれます)

木曜日 学年別祈祷会(学年ごとに分かれます)

金曜日 各独身寮生祈祷会

 

今回は特に6月13日(木)に行われた、学部2年生の早天祈祷会の様子を皆様にシェアしたいと思います♪

早天3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日は青空の下、美しい自然を感じながら、中庭で「いまぜんぶ」を賛美し、詩篇23編の御言葉を開きました。

「主は私の羊飼い。私は乏しいことがありません。

主は私を緑の牧場に伏させ いこいのみぎわに伴われます。

主は私のたましいを生き返らせ 御名のゆえに 私を義の道に導かれます。

たとえ 死の陰の谷を歩むとしても

私はわざわいを恐れません。あなたが ともにおられますから。

あなたのむちとあなたの杖 それが私の慰めです。

私の敵をよそに あなたは私の前に食卓を整え 頭に香油を注いでくださいます。

私の杯はあふれています。

まことに 私のいのちの日の限り いつくしみと恵みが 私を追って来るでしょう。

私はいつまでも 主の家に住まいます。」

 

聖書を読んだ後、黙想し、2,3人に分かれて分かち合い、お互いの祈祷課題を覚えて祈ります。

 

同じ箇所を読んでいても、それぞれの心に留まった恵みは異なります。それを分かち合う時、自分では気づかなかったような新しい発見もあります。これは、一人のディボーションとは一味違う祈祷会の良さだと思います。

授業や寮生活において、共に励まし合える友が与えられている恵みを分かち合いを通して思い起こし、学びのために一緒に祈り合える時間は特別に思います。

また、かわいい発見もありました♡

早天

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうして外で祈ることができるのも、自然豊かなTCUの良さの一つだと思いました!

広報スタッフ

A.N

 

TCUチャレンジチャペル!

こんにちは!

 

梅雨に入って連日雨模様ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

 

学園はといえば、スプリングリトリートが終わり、今は迫り来る期末試験に向けて備えています。新入生にとっては初めての期末なので、ドキドキワクワク(?!)していることだと思います。

 

ということで、期末前の学生に意気込みをインタビューしたいところですが、先日一味違ったチャペルが行われましたので、今回はそのことを皆さんにお伝えできればと思います!!

 

これまでも何度か、このブログで「チャレンジチャペル」について紹介してきました。改めて言いますと、チャレンジチャペルではいつものチャペルの時間に、普段とは少し違ったスタイルを取り入れて礼拝を捧げています。例えば、これまでは留学生のリードによって、様々な国の礼拝スタイル(踊ったり、何ヶ国語かで歌ったり)を取り入れたりもしてきました。

チャレンジチャペルの良いところの一つは、普段はあまり馴染みがないことを取り入れることで、視野が広くなり、様々な礼拝のスタイルを体験できることではないでしょうか。

 

そして今回行われたチャレンジチャペルは、障がいを持った方もそうでない方も、ともにささげる礼拝、というテーマで行われました。

 

冒頭でアイマスクが配られ、約半数の人が目の見えない状態でチャペルに参加しました。賛美歌の歌詞は、賛美リードの方がわかりやすく歌詞を読み上げてくれたので、歌詞が見えなくても、声を合わせて歌うことができました。メッセンジャーの先生も目が見えないという設定で、その視点からみことばが語られました。チャペル後には、このようなチャペルを経験してみての分かち合いの時間も持たれました。

F45C4E6D-8844-4082-B418-472EC3A75A8A

私もアイマスクをしていましたが、このような体験は初めてのことでした。終わってみての第一印象は、聖書の文字が見ない分、一層意識してメッセージに耳を傾けることができた、ということです。普段見えているものが全く見えていない状態には戸惑いましたが、周りの方のサポートもあり、不自由なくみことばに聞くことができました。

 

IMG_4021

今回のチャレンジチャペルを通して、多くのことをチャレンジされたように思っています。まず何よりも、そのようなことをどれだけ想定したことがあったか、ということです。このような機会を通して、また体験する中で、何に苦労し、具体的にどのような配慮があると助かるのかを考えさせられました。また、このようにみことばに対して、素直に、より敏感に耳を傾けることができたということも感動的なものがありました。普段の礼拝のことを思い返しながら、私自身の礼拝に対する姿勢がどのようなものであるべきかも考えさせられる時間になりました。

 

ともに礼拝をささげることは私たちが日々考えていくべきテーマでもあります。たとえ、言葉が違っても、同じものが見えなくても、様々な違いがあったとしても、ともに礼拝をささげることができる、ということを身をもって体験できるのがチャレンジチャペルです。

 

今はまだ「チャレンジ」と呼んでいますが、これが「チャレンジ」ではなくなる日が来ることを期待しています。私たちが、チャレンジチャペルを通して私たちの足りないところに気づかされ、変えられていく。そのような体験ができるこの環境は、自分が成長させられていることを実感できる場所です。

 

ぜひみなさんもTCUのチャペルに来てみてください!そこにはきっと、今まで気づかなかったようなチャレンジが溢れています。

 

今回のブログは以上です!

次回もお楽しみに♪

 

広報スタッフ 曽川

 

バレーボールサークル

今日は、TCUの名物、バレーボールサークルについてご紹介します!
毎週火曜日午後7時~9時に体育館で行われるこのサークルは、10~20人程度の人数で、老若男女問わず、技術のレベル関係なく和気あいあいとした雰囲気でバレーボールを楽しむことができることで有名です。(教員の先生も参加してくださいます!)

 

IMG_2577

このサークルを楽しむ学生にインタビューをし、バレーボールサークルの良さを教えていただきました。写真とともにお楽しみ下さい♪

IMG_2618

サークル長 国際キリスト教福祉学科福祉学専攻2年次N・Kさん(写真右)

Q1 バレーボールサークルに参加しようとしたきっかけは何ですか?

A.中高とバレーボールを続けていたため、興味を持っていました。

Q2このサークルの第一印象を教えてください!

A. 経験者が少ないということに驚きましたが、だんだんとこのサークルの良さに気づき、現在も楽しく参加しています。

Q3バレー―ボールサークルの良さとは何ですか?

A.このサークルは、経験者が少ないからこそ、誰でも入りやすく、一緒に楽しむことができる魅力があります。

Q4バレーボールの良さは何だと思いますか?

A.「ミスは一人のミスじゃないし、成功が一人の成功じゃない」ところです。

 


上記の質問を他5名にインタビューしました。インタビューに応じて下さった学生の印象深い回答を皆さまにシェアしたいと思います☆

 

IMG_2575

教会教職課程4年次 K・Kさん(写真右)

Qバレーボールサークルに通おうと思ったきっかけは何ですか?

A.昼間、机に向かって勉強している分、夜にこうして体を動かしてリフレッシュする時間を持つようにしています。また、他学年と触れ合うことができるこの時間を大切に思います。


 

IMG_2616

神学科1年次 J・Kさん(写真左)

Qバレーボールサークルの第一印象を教えて下さい!

A.学年関係なくフレンドリーで親しみやすい雰囲気でした。

教会教職修士課程1年次 M・Hさん(写真右)

Qバレーボールサークルでやってみたいことはありますか?

A.KGKのバレーボールチームと試合!


IMG_2630
神学科2年次 M・Hさん(写真左)

Qバレーボールサークルの良さは何ですか?

A.一番学年の壁を越えた交流があり、また、厳しい雰囲気ではなく、良い意味で緩い雰囲気もあり、ミスをしても、周りがカバーするという協調性の良さが現れる場だと思います。

神学科ACTS-ES 4年次 S・Kさん(写真右)ジンバブエからの留学生!

A.技術の良し悪しが求められるのではなく、参加することでチームプレイの良さをこのサークルでたくさん学ぶことができました。特に新たな友人関係が与えられたことに喜びを感じています。


学年や国籍を越えて一緒にバレーボールというスポーツを楽しむことができるこのサークルの人気は、深く共感できるものがあります。この場での出会いや交わりには、一人ひとりに与えられている賜物が活かされいて、毎週本当に素敵な時間を過ごしています。勉強や、奉仕など忙しい生活から離れ、体を動かす時間も必要な休息であると思います。バレーボールサークルを通して与えられるコミュニケーションは、学生にとって喜びであると今回のインタビューを通して気づかされました。

 

IMG_2603

 

次回をお楽しみに♪

広報スタッフ A・N

教会実習ってなに??

突然ですがみなさん、TCUには全学科・学年に共通して存在している一つの単位があるのをご存知ですか?

そう、それは「教会実習」です!

1年生から大学院2年生まで、全ての学生は年度始めに「実習計画書」を学校に提出し、その年の実習教会と実習内容・目標を決めることになっています。

今回はそんなTCU生の教会実習の実態に迫るべく、学年・学科がバラバラな3人の学生にインタビューをしてみました!


一人目は、キリスト教福祉学専攻1年生の飯島謙太郎くんです!

fullsizeoutput_2ea9

Q1. 実習している教会を教えてください!

日本ホーリネス教団の池の上キリスト教会です。

Q2. その教会で実習することになった理由は何ですか?

母教会で、生まれる前から両親が通ってました。

Q3. 具体的にはどのような実習をしていますか?

メインはCSの教師をしています。メッセージ、司会、ギター奏楽をしています。また実習生になって、礼拝の司会もするようになりました。

Q4. どのような思いで実習をしていますか?

母教会だっていうのがあるので、小さい頃から育ててもらった教会に恩返ししていきたいと思っています。

Q5. 今年の教会実習の目標は何ですか?

CSの奏楽者が減っているので、次世代を育てていきたいです。ギター1本で奏楽できるようにもなりたいですね。

Q6. 最後に何でも一言どうぞ!

母教会での実習もいいですよ!実習としてちゃんと成り立ちます!

 

爽やか笑顔の謙太郎くん、母教会への愛が伝わってくる答えです!

実は謙太郎くんのように母教会で実習をしている学生もTCUには多くいます。

入学前とは少し違った視点で教会を見ることができるようになるのかもしれませんね。


二人目は、国際キリスト教学専攻2年生の吉田杏奈さんです!(写真右)

写真を撮ろうとしたら、留学生のクレンさんも加わってきました。笑

fullsizeoutput_2e76

Q1. 実習している教会を教えてください!

日本同盟基督教団の平和台恵教会に行っています。去年から行っているので、今年で2年目です。

Q2. その教会で実習することになった理由は何ですか?

私は自分で決めたというわけではありませんでした。入学当初、初めは別の教会に行く予定だったんですけど、人数などの関係で行けなくなってしまったんですよ。

それでどうしようか迷っていたんですけど、そうしたら偶然食堂で前に座った先輩が「一緒に行かない?」って誘ってくれて、それで行くことにしたんです。祈って悩んでいた時に、神さまが導いてくださったと思っています。

Q3. 具体的にどのような実習をしていますか?

CSの司会やメッセージ、礼拝前の賛美リード、礼拝中のPA、青年会への参加とかですね。

Q4. 教会実習の恵みを教えてください!

去年は二人の先輩がいたので、その先輩たちの奉仕の姿から、隠れたところでの奉仕の大切さを学びました。お二人のおかげですごく成長したと思います。プライベートなことを話せる仲になれたのは本当に恵みでした。

Q5. 今年の教会実習の目標は何ですか?

奉仕を楽しむという気持ちを忘れずに、教会の人たちと交わって、御言葉の学びには真剣に、奉仕には積極的に取り組んで、去年の自分よりもステップアップしていきたいです。あとは、青年との交わりをリードしていきたいですね。中心になって盛り上げていきたいです。

Q6. 最後に一言どうぞ!

車で教会に行くのをオススメしますね!もちろん電車でも他の実習生と話せますけど、車の方がパーソナルスペースで色々話せるので。

 

杏奈さんにとっては一緒に実習した先輩の存在が大きかったようですね。

実習生同士の交わりもTCUの教会実習の醍醐味の一つなのかもしれません!


最後の一人は、神学科教会教職課程4年生の奥山仰輝くんです。

okuyama

Q1. 実習している教会を教えてください!

日本長老教会の西船橋キリスト教会です。

Q2. その教会で実習することになった理由は何ですか?

以前にその教会で実習していた先輩と話していて、先生の説教が素晴らしいとオススメされたので、行くことにしました。また、もともと他教団の教会に行こうと考えていたので、その自分の希望とも合致しました。

Q3. 具体的にどのような実習をしていますか?

教会学校のサポート、小会への陪席、聖歌隊への参加をしています。この後には礼拝司会と説教の奉仕が控えています。

Q4. 教会実習の恵みを教えてください!

長老教会は教会政治がよく整っているという印象があるので、そこで仕えている長老や執事たちの姿から学びながら過ごしています。

Q5. 今年の教会実習の目標は何ですか?

さっきの質問と重なりますが、長老教会の教会政治の利点から学ぶことができたらと思っています。また、説教の奉仕も初めてなので、教会において御言葉を取り次ぐということがどういうことかを考える機会になったら良いなと思っています。

Q6. 最後に一言どうぞ!

TCUでは母教団の教会だけでなく、他教団の教会でも実習ができるということが強みだと思うし、僕にとってはそれが貴重な経験になっています!

やはり教会教職課程の学生ともなると実習内容も変わってくるようですね。
他教団の教会での実習は確かに貴重な経験ですね!


 

以上、3人の学生からのインタビューをお届けしました。
学年・学科によって奉仕内容は様々ですが、それぞれにたくさんのことを学んで経験しているようですね。
週日は机の上で、そして週末は教会で。その両方の学びの場が与えられているのはとても幸いなことだなぁとインタビューをしながら僕自身も思わされました。
これからも精一杯教会に仕えることを学んでいきたいものです!

学生広報スタッフ K.Saito

女子寮、春のOPEN ROOM イベント!

みなさん、いかがお過ごしですか?気温も高くなり、だんだんと夏の気配が近づいているこの頃ですね。今年度も学生広報スタッフによるTCUブログをたくさんアップしていきますので、お楽しみに!

 

というわけで、今回は先日行われた女子寮限定のOPEN ROOMイベントの様子をシェアしたいと思います! OPEN ROOMとは、女子寮生が女子寮生のために自分たちのお部屋をオープンして、みんなをもてなすというイベントです。おもてなしをしてくれた各部屋の中から「ここが良かった!」という部屋に投票をして、1位を決めたりもします。お部屋をオープンしていた女子寮生はみんなやる気満々!その様子を写真とともにご紹介します〜

最初にお邪魔したのが、廊下までいい匂いが漂っていたこのお部屋。なんと家主手作りのケーキでおもてなし!お菓子のいい香りとコーヒー豆のいい匂いに引き寄せられます(笑) いつ作ったの?と言わんばかりのたくさんの手作りお菓子がありました。シフォンケーキとっても美味しかったです!もっと食べたかったな〜ごちそうさまでした♪

IMG_5326

次のお部屋まで歩いていると、なにやらワイワイと楽しそうな声が・・・!覗いてみると、なんとそこでは手作りチヂミでおもてなしです!もうこの部屋から動けませんね〜。先輩が焼いてくれるチヂミを嬉しそうに食べていた1年生でした♪とっても美味しかったです!もっと食べたかったな〜

IMG_5332

次に訪れたお部屋はまったりゆったり部屋。家主と一緒にソファでゴロゴロしつつ、おしゃべりしつつ。暖かいライトが心地よい、なんともほっこりするお部屋です。ここで座っているとなんだか眠くなってきます〜。外から入る風がとっても気持ちの良い、家主のあたたかさが伝わる素敵なお部屋でした♪またお邪魔しようかな。

IMG_5333

さあ、次はどんなお部屋でしょう。なにやら誰かの声が聞こえてくるな〜とお部屋を覗いてみると、なんと絵本の読み聞かせをしていました!お菓子とジュースを囲んで、家主が絵本を読んでくれます。みんな夢中に(?)なり、クスクスと笑ったり♪絵本の読み聞かせをしてもらうなんて、いつぶりでしょうか。お腹もいっぱいになってきた時にちょうど良い、ほっこりお部屋でした。それにしても家主、読み聞かせ上手!

IMG_5335

さ、まだまだ行きますよ〜。続いてのお部屋は・・・何をしているのかな? 2人の家主に囲まれ、ありのままを見せるお部屋、と家主が説明してくれました。元気いっぱいの家主たちに、まるで元気を吸い取られそうになるお部屋でした(笑)笑い声でいっぱいでした!お菓子ごちそうさまです♪

IMG_5343

残りも少なくなってきましたよ。お部屋の外にスリッパがたくさん並んでいたお部屋を覗いてみると、何とそこはチーズケーキとマッサージのお部屋です!チーズケーキを出してくれる家主と、マッサージをしてくれる家主。オイルのいい匂いに癒され、もう動けませんね。チーズケーキを食べた後にマッサージなんて、なんて素敵なコースでしょう。私もマッサージやってもらいたかった・・・人気でした。日々の疲れが癒される、そんなお部屋でした♪今度、私もしてもらいに行ってきます!

IMG_5347

さ、最後に私が訪れたのは、なにやらギターやウクレレの音が聴こえてくる愉快なお部屋です。こちらの家主2人は手作りバナナスムージーでおもてなしをしてくれました。バナナスムージー美味しかった〜。この日、誕生日だった学生がこのお部屋を訪れると、みんなでHappy Birthday Songを歌ってお祝いしました♪私はバナナをむく作業を手伝わされ、一生懸命働きました(笑)。自由すぎる家主になんだか元気をもらうお部屋でした♪

IMG_5356

今回、全部のお部屋を回ることはできなかったのですが、それでもこうして楽しい時間を女子寮生みんなで過ごすことができ、とっても良い時でした。OPEN ROOMが終わった後、みんなで投票をして1位に選ばれたお部屋は・・・「手作りケーキでおもてなしをしてくれたお部屋」です!!!!なにやら景品もありましたよ♪

 

お腹も心も満たされた時間でした。誰かのお部屋に行くことも、誰かがお部屋に来てくれることもどちらもやっぱり嬉しいですね。それぞれのアイデアがいっぱいの可愛らしい女子寮生のお部屋は、見て回るだけでも楽しいです。またみんなのところにお邪魔しようかな。

以上、女子寮OPEN ROOMの様子でした!

 

次回のブログもお楽しみに〜

国キ4年 M.H

突撃!お部屋訪問🏠

こんにちは!

さて、今日は題名にある通り、男子寮のとある部屋に突撃訪問してみたいと思います!

オープンキャンパスでは見られない&聞けないリアルな寮生活が見えてくるはず…?

では、一緒に訪問してみましょう!


 

今日訪問するお部屋はこちら!

lhufqmKkSV6+06hGU5ewBA

神学科教会教職課程3年生の上江洲アントニくん(通称:トニー)と、神学科2年生の児玉宣道くん(通称:のぶ)です!

人形を抱えているあたり、狙ってきていますね(笑)

そんな茶目っ気たっぷりな二人ですが、訪問者の僕を笑顔で快く迎えてくれました。

しかし部屋の中に入るとなんと先客が!!

98k3rF9pTfO2TT2pGIeaAQ

いつどこに誰がいるか分からない、そんなところも寮の魅力の一つですね(笑)

 

さて、部屋に入って早速トニーくんとのぶくんにインタビューをしてみました。

 

Q. この部屋を一言で表すと?

トニー:「個」ですね。個性が強いんですよ。変わってるっていう訳では無いんですけど、二人の個性が反映されている部屋なんじゃないかなって印象はあります。

のぶ:「くつろぎ」。寝るか話すかのどちらかなので。自分、ここで勉強しないんですよ。

 

Q. この部屋のアピールポイントは?

のぶ:雑貨です!オープン寮に向けて、女の子にいいところを見せたくて買い始めたら、色々やりたくなったんですよね(笑)。生き物も、イモリとエビを飼っています。

(オープン寮:学園祭の学内向けプログラムの一つで、その時間だけ男子寮生は女子寮に、女子寮生は男子寮に訪問できるというもの)

fullsizeoutput_2b6d

(※生き物を飼うことに関しては寮主事の了解を得ているようです※)

トニー:僕もやっぱりのぶの雑貨ですね。徐々に増えていくのを見るのが楽しいです。棚を買ってからバリエーションが増えて、それを見てるのが面白かったです。

 

Q. お互いの第一印象は?

のぶ:トニーの第一印象は、お母さん大好きな人、ですかね(笑)。自己紹介の時にいきなり自分でそう言ってたので(笑)。

トニー:確かにお母さんの話はよくしますね(笑)。

トニー:のぶの第一印象は、自分の証しをするとすごく熱が入るところですかね。証しが好きだって自己紹介の時に言ってくれて、その時に自分の仕事場とか生活での証しをしてくれました。証しが好きなんだなと思って、印象的でしたね。

のぶ:まあ対照的な第一印象ですよね。お母さんが好きか、神さまを証しすることが好きか、別れましたね(笑)。

 

Q. 二人の一番の思い出は?

のぶ:あんまないなぁ(笑)。あ〜、自分がコストコでバイトしてて、めっちゃ忙しくて、課題もいっぱい溜まって、洗濯物もたまって、もう何もやる気が出なくて、布団から出たくないって鬱っぽくなった時に、トニーがめっちゃ溜まってた洗濯物を僕が寝てる間に干してくれたっていうのがありましたね。お母さんの愛を感じました(笑)。

トニー:思い出っていうか、感謝してることでもいいですか?割と人付き合いに関しては真面目に向き合ってくれるんですよ。僕的にはこの一年間二人の衝突は多かったなと思うんですけど、自分の人格を成長させてくれた人だなと思ってます。そういうところはすごく成長できて感謝してます。

HM0gGPUCQHWbykXPhXtHSg

Q. おもしろエピソードはありますか?

トニー:今になったら面白い話何ですけど、生き物を飼ってるじゃないですか。イモリだっけ?イモリを飼ってて、二匹逃したんですよ(笑)。結局見つかってなくて。

(インタビュアー:え、それって大丈夫なの??)

トニー:いや、大丈夫じゃないんですけど(笑)。今となってはおもしろエピソードですね。

(※部屋を出た可能性はないようです。男子寮のみなさん、ご安心ください。笑)

のぶ:僕は・・・思いつかないですね(笑)

トニー:基本のぶが面白いんですよ。特に寝起きが面白くて。起こしても全然起きなかったり(笑)

 

Q. 普段部屋では何をしていますか?

のぶ:トニーと話すかONE PIECEを見てます。あと出来るだけ僕はイヤホンを使わないようにしてます。イヤホンをつけてると「話すな」っていう風に見えちゃうのが嫌で。あとはギター弾いてますね。

トニー:基本部屋でめっちゃ話すんですよ。部屋にいると二人で話すので、イヤホンしてると話せないんですよね。僕はそれ以外は勉強とか、歌を歌ってますね。

(インタビュアー:基本部屋では勉強しない?)

のぶ:基本スタディルームでしますね。だから部屋はくつろぎの場にしてます。

トニー:僕はこことか、図書館とか、スタディルームでしますね。

 

Q. 最後にTCUの寮生活の醍醐味を教えてください!

のぶ:一人の人と一対一で向き合える。

トニー:そこはのぶと一緒ですかね。

のぶ:被せてくるね(笑)


 

とても愉快な部屋ですね!

僕もインタビューをしながら楽しませてもらいました。

みなさんにもTCUの寮生活の楽しさが少しでも伝わったでしょうか?

もしかしたらこのシリーズ、今後も続くかも…?

乞うご期待です!

 

学生広報スタッフ K.Saito

 

 

期末前の息抜き!?女子寮南3のフロア会!

みなさんこんにちは!いかがお過ごしですか?

少しづつ気温も上がり、なんだか春が近づいている日々ですね!TCUにある梅の木も花が咲いていました!

TCUは期末前の少し慌ただしい時期です。ですがそんな中、たこ焼きパーティーを開いている女子寮生たちがいました!期末前の息抜きの様子をゆるく紹介したいと思います。

IMG_8894

たこ焼きパーティーをしていたのは、女子寮南3フロアに住む女子寮生たちです(ちなみに私も住民です!)。卒業を控えたメンバーもいるので、その前にみんなでフロア会をしよう!ということになりました。女子寮南3には2つのファミリーがあり、それぞれ別のお仕事を担当しています。ですが今回は一緒に集まることにし、各ファミリーのまざあで企画をしてくれました。

IMG_3045

みんなで準備を始めます!具材を切る係、生地を混ぜる係、みんなに指示を出す係、そして洗い物係。ちなみにこの場所は女子寮で「レク室」と呼ばれる、冬には温かいコタツが登場するお部屋です。

準備ができたら、早速たこ焼きを焼きはじめます〜!このたこ焼き機は以前、男子寮と合同イベントをした時に女子寮が勝利をし、手に入れた女子寮専用のたこ焼き機です。ピンク色でとっても可愛い!

IMG_2923

IMG_9629

どうですか!このたこ焼き!上手に焼けています!メンバーの中には関西出身の女子寮生もいて、たこ焼きには厳しいとか・・・?! 穴が開いているところに具を突っ込む、という方法でいろんな味を楽しみました。

「小鳥のお母さんになったみたい!」と。

初めてたこ焼きを作る留学生もいて、とても上手にたこ焼きをひっくり返していました。みんなでこたつに入り、たこ焼きを囲みながらおしゃべりしつつ、期末前の良い息抜きの時間です。やっぱりみんなで集まって、ご飯を食べるのは楽しいですね!

IMG_5084

みんな素敵な笑顔です!外は寒いですが、みんなで集まりポカポカぬくぬく。

こうやって卒業生と過ごせるのもあと少しです。来週には期末試験、そして再来週にはいよいよ卒業式が持たれます。みんなで卒業生をしっかり見送りたいと思います!

 

 

ではフロア会も終わったので、私も勉強に戻りたいと思います!以上、女子寮たこ焼きパーティーの様子でした。次回のブログもお楽しみに〜!

国キ3年 M.H