女子寮ポスター

みなさんこんにちは!
1月も残りわずかとなりました。
最近は「インフルエンザ大流行」と言われていますね。
TCU生もちらほらインフルエンザにかかり、予防のためマスク姿の学生が増えています。
そんな大流行インフルに負けないために寮のいたるところに学生課からの素敵な便りが届きました。

51187693_295476674493423_3544479304995831808_n
注意点や予防方法、「もしかしたら…」と思った際の確認事項などとってもわかりやすくまとめてくださっています。
寮生活において感染を拡大させないことはとっても重要。
そんな集団生活の場である寮には多くのポスターが掲示されています。
お互いが気持ちよく生活するため、また神の家族であることを覚え生活するため、かわいいものからユニークなもので盛りだくさん。
今回のブログではその一部をご紹介させていただきます!

まずはこちら。
1階の吹き抜けにおいてあるトイレットペーパー補充所。
50556466_610225529425965_7807348966068060160_n
このポスターのポイントは何と言っても「I’m ¥32」
1個あたり32円のトイレットペーパーを大切に使って欲しい!という思いを訴えかけるこのトイレットペーパーの顔はなんとも言えません。
続いてこちら。
これはお風呂場に掲示されているポスターです。
50754263_313432039302677_6310866323010224128_n
留学生にとって「お風呂」は異文化経験の1つ。
大浴場はまるでプールのよう。
ついつい泳いでしまわないように、長風呂のお供にジュースやアイス何てことがないように、日本人にとっても見ていて面白いポスターです( ´ ▽ ` )ノ

お次はこちら。
洗濯場に掲示された「洗濯機節約術」
50524974_796967677316792_939139520333348864_n 51170925_361288688026383_7551304872969109504_n
節電節水をしていい女を目指しましょう!

最後はこちら。
寮運営委員会の企画により、南・北階段の壁には女子寮生から寄せられたみことばが飾られています。
可愛さに溢れ、階段を通るたびに目と心に留まる1つ1つのみことばカード。

50981284_2339767812967020_3929949750773678080_n 50571643_291637384833652_3518268292114415616_n 50448692_144506373110452_334070261454209024_n (1)
以上可愛さとユーモアに溢れた女子寮からお送りしました。

国キ4年:Toyama

What’s TCU Library ?

こんにちは!

2019年になりました!

今年もTCU学生ブログをよろしくお願いします。

これからもブログを通して、読んでくださる皆さんが知りたい!と思っていることを紹介していけたらと思っています。

 

 

TCUと言ったら、チャペル、図書館、バルナバホール、FCC…などたくさんあります。

 

 

そこで今回はTCUの図書館について、より詳しく(?!)紹介します!

 

 

TCU生にとって(現役生に限らず卒業生も)、図書館は必要不可欠です!

使ったことのない学生はいないと言っても過言ではありません(多分)!

 

 

ここには約10万冊の蔵書があり、古書から新刊までキリスト教関連の本を中心に揃えられています。もちろん、国キや福祉コースもあるので、国際・福祉関連の本もたくさんあります。

 

 

せっかくなので写真と共に見ていきましょう!

 

 

まず玄関から入ってすぐの右側に棚があります。

97A85991-3678-4CED-B9E8-452812E817A0

 

この棚には、期間限定で様々な本の特集がされています。例えば、クリスマスの時期にはクリスマス関連の一押しの本が並べられます。これまでには、詩の特集やオススメの本50選など色々ありました。

 

 

そして、そのすぐ隣には模型があります!
(イスラエルの神殿、幕屋、ノアの箱舟)

 

2C053914-BC54-4D9C-8807-5FF82D0CC82F

 

A161FB2A-5D6E-4C6E-8EF3-11E0EA81D628

 

とても精巧にできていて、聖書に記されている特徴と比べてみると、面白いです。
(イスラエルの人たちにとって「プラモデル」といったら、「神殿」や「幕屋」がスタンダードなのでしょうか?!)

 

 

模型の下には「新刊」コーナーがあります。

 

E4BF8A99-51F7-4F4F-AF55-30DEE1C5B469

 

新刊は1ヶ月間そこで展示されます。その期間は貸し出しすることはできませんが、館内で自由に読むことができます。

 

 

そして、その棚の前では、貴重な資料が展示されています。

 

6335B8ED-1AF4-4FBA-93BC-0AFF93B2179C

 

これも時期や季節によって変わります。今の時期は、写本(聖書を書き写したもの)のレプリカが展示されています。当時の人たちはこうやって書いていたんだなぁと思うと今手にしている聖書の重みがより実感できます。

 

さらにその向かい側には、グループスタディルームがあります。

C013C7A1-0165-4B52-8C9C-E9C577399345

プレゼンの準備やヘブル語ギリシャ語を一緒に勉強したりと使い方は様々です。特に原語の勉強は共同学習は効果的です。わからないところを1人で悶々と悩むよりも、教え合いながら学ぶことで、インプットしたものが整理されて、より理解が深まります。また図書館内で唯一会話しながら勉強できるスペースでもあります。

 

 

学園ではインフルエンザの脅威が迫りつつありますが、図書館は対策もバッチリです!

予防には手洗いうがい、湿度維持が欠かせません。図書館のカウンターには、自由に使えるブランケットもあるので、少し冷えるな〜と思った時に重宝します。

 

629D3E81-B2D9-4323-AE41-C4A73B5905BF

 

また、部屋のいたるところに加湿器も置かれていて、湿度も保たれています!

EF61DBA5-343D-44E0-B8F4-84CE77324E73

これでインフルエンザにも負けずに勉強に励むことができます!

 

 

と、ここまで説明してきましたが、実はまだ図書館の玄関に入ったばかりです…
TCUの図書館はとても魅力的なので、これからどんどん紹介していけたらと思っています!

そして、少しでも興味を持たれた方はぜひ遊びに来てください!百聞は一見にしかずです。

 

とはいえ、そう言ってしまったらブログの意味って…となってしまいますので、百聞は一読にしかずになるように少しでもお伝えできればと思います。

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございました!

次回のブログもお楽しみに♪

 

 

広報スタッフ 曽川

静まって、聞く。~コラム

中高生向けの聖書コラム「TCUだより」を、ブログ形式で公開しています。
皆さんがキリスト者として将来を考える上で、少しでもお役に立てれば幸いです。


こんばんは。この時期、受験生の皆さんはどのような気持ちで過ごしているでしょうか。今回のテーマは「静まって、聞く。」です。私は忙しい時、焦っている時、大きなプレッシャーを感じる時や、不安を抱える時、よく騒ぎます。人に助けを求めたり、もがくように頑張ってみたり、文句が出てきたり、祈りさえも騒がしくなる時があります。皆さんはどうでしょうか。神様の御業を見るためには静まって聞くことが鉄則です。このことを改めて心にとめましょう。
a0001_018083
モーセは民に言った。「恐れてはならない。しっかり立って、今日あなたがたのために行われる主の救いを見なさい。あなたがたは、今日見ているエジプト人をもはや永久に見ることはない。主があなたがたのために戦われるのだ。あなたがたは、ただ黙っていなさい。」(出エジプト記14:13-14)

海を分ける奇跡の直前、モーセが言った言葉です。当時の状況を思い浮かべてみると、前は海、後ろはエジプト軍。逃げ場がない上に、敵はどんどん近づいてくるという絶体絶命の緊迫した場面です。イスラエルの民がエジプトに残ればよかったと騒ぎ立てるのも当然だと思います。しかし、モーセがとった姿勢は主の前に「黙る」ことでした。「静かにする」とも訳されます。「主がこの場所で戦われる。私たちはただ静まって、その御業を見ようではないか」と民に呼びかけたのです。神様の御業を見るためには、まず自分を一度横に置いて、神様のみ前に静まることが必要です。
また、その次には聞くことです。モーセは神様の言葉を聞きました。「あなたの杖を上げ、あなたの手を海の上に伸ばし、海を分けなさい。」(出エジプト14:16)騒いでいるときには聞こえない、神様の小さな声を聞くことができました。それによって救いの道を知ったモーセは、言われた通りに行動して奇跡を見たのです。
praying-614374_640
クリスチャンである私たちは、困ったときに祈り求めるでしょう。私たちには、自由に父なる神様に祈り求めることが許されています。もちろん神様も聞いてくださいます。しかし、祈りとは神様への願い事を述べる場ではありません。交わりの場です。私たちは多くの言葉を並べますが、どれだけ神様の前に静まり、御言葉に耳を傾けているでしょうか。
この世界には多くの情報があります。日々やるべき事もあります。人からのプレッシャーがあり、その分の思い煩いもあります。大きな騒がしい声があふれた世界です。それらに揉まれて、時に疲れたり、何が良いものか分からなくなったり、焦りと不安に押しつぶされそうになったりします。でも、あなたを生かすものは良い成績ではありません。良い進学先、良い就職先、良い収入、良い評価でもありません。本当にあなたを生かすものは、真理です。真理はあなたを自由にします(ヨハネ8:32)。この真理を知るためには、一度自分のことを横に置いて、主の前に静まって御声に耳を傾けることが必要です。少年だったサムエルが素直な心で主の声に答えたように、私たちも答えたいと思います。「お話しください。しもべは聞いております。」(Ⅰサムエル3:10)

hi-b.a.スタッフ 国府田祝子